プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2007年02月13日

『ひとつ』

36040.jpg

“ひとつ拾えばひとつだけキレイになる”
(鍵山秀三郎)


という。


その通り、大事なのはその目の前の


「ひとつ」


を片付けられるかどうか。


そして、その片付けを「喜んで」できるか。


「いやいや」からは何も生まれない。


                「杉岡日記」より


P.S.

本日は


「若者の投票率を考える」


というフォーラムで、うちの大学の法学部長の先生方とパネルディスカッションに登壇してきました。

私の主張は

「投票率=政治/民主主義の点数」
「若者の政治への関心にも格差社会が広がっている」
「今後の選挙には、目に見える/得をする/おもしろいという視点が大事」


ということです。


若者よ、そして立候補者の皆さん、そして投票者の皆さん、

大志を抱け!!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 03:43Comments(3)杉岡日記より

2007年02月12日

『私の生き方』という詩

35986.jpg

“人生は


「私の生き方」


という一編の詩を作るために


生かされている(大歳昌彦)”


そう、生きているんでなく、生かされている。


私、そしてあなたの人生のために。

 

               「杉岡日記」より


P.S.

先日お会いした大歳さんの本を5冊取り寄せ、今呼んでいます。

一番のお薦めは、

「あの詩の子、この子の詩」

という子ども詩集です。


子どもは大人と違って正直です。純粋です。

この詩を通して、教育とはどうあるべきかをよくよく考えさせられた次第です。

とりわけ、現在小さいお子さんをお持ちの親御さんにぜひ一度読んで頂きたい一冊です。

>大歳さん

すばらしい教材をどうもありがとうございます!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:43Comments(3)杉岡日記より

2007年02月11日

眼聴耳視

35984.jpg“眼聴耳視”(河井寛次郎)


眼で見るのではなく、


眼で聴こう。


耳で聴くのではなく、


耳で見よう。


大事なことは目に見えない。


耳では聞こえないんだ。

 
          「杉岡日記」より

P.S.

本日無事論文の

「公聴会」

が終わりました♪

お昼も夜も後輩や同輩とおいしい

「祝杯」

をあげました。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:28Comments(1)杉岡日記より

2007年02月10日

『自信→自身』

35935.jpg

小さくても良い。


ささやかなことで良い。


「自信」


を持ってごらん。


きっとそれはあなたの


「自身」


に変わる日が来るから。


                 「杉岡日記」より


P.S.

今日は論文公聴会の前日にも関わらず、後輩たちと夜の

新しいカフェめぐり

をしてしまいました。

やはり、人間空腹では集中できませんからね・・・

さ、明日は発表の本番!

頑張るぞ!!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:12Comments(2)杉岡日記より

2007年02月09日

細事・一事・大事

35881.jpg
“細事に神がやどりたまう”


“一事は万事”


これが先人の知である。


簡単なようなで難しい。


しかし、大事な教訓。


あなたがもし大きなことをしたければ、


まずは足元の些細なことに一生懸命になろう。


                「杉岡日記」より

P.S.

最近よく見るようになりました、


「晋ちゃんグッズ」


これも支持率に比例するのか、少し売り上げが伸び悩んでいるみたいですね〜苦

でも、お味は意外とGoodでした♪

                 

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:18Comments(2)杉岡日記より

2007年02月08日

主人公になろう

35857.jpg

人生の主人公になろう。


主人公の「主」の点は


ろうそくの火。


王様になんかならなくて良いんだよ。


主人公になろう。


              「杉岡日記」より


P.S.

本日は修士論文の「公聴会」に向けた


「中間発表」


をしてきました。


そして、博士後期課程の


「受験表」

も届きました。久しぶりですね、この感覚。


ワクワク、ドキドキです。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 04:46Comments(4)杉岡日記より

2007年02月07日

『共鳴共光』

35856.jpg

“一つが光り始めると、全てが光始める”


一匹のコウロギが鳴き始めたら、共鳴が始まるように


一匹のホタルが光り始めたら、共光が始まるように


最初の「一」が肝心要。


                「杉岡日記」より

P.S.

「ごっくん馬路村」


って、皆さん飲んだことがありますか?


今日はその仕掛け人


「大歳昌彦」


にお会いしてきました。


また一人尊敬できる大人との出会いです。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 04:29Comments(2)杉岡日記より

2007年02月06日

汗流悟道

35855.jpg

汗を流そう。


目だけでも、耳だけでも、口だけでも


物事は分からない。


汗をかこう。


きっと見えてくる。


はじめて見えてくる。


            「杉岡日記」より

P.S.

松下政経塾の元塾長の上甲晃さんの

「志のみ持参」

を拝読しました。


この塾との出会いにより、私もよく周りに

持ち物は志と筆記用具だけで良いよ〜

と言うようになりました(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 04:07Comments(2)杉岡日記より

2007年02月05日

青い鳥

35854.jpg

幸せの青い鳥は


いくら遠くまで探しに行っても


つかまえることは出来ないんだよ。


なぜなら青い鳥は、こんな近くにいるから。


まずは足元をご覧なさい。


              「杉岡日記」より

P.S.

最近

「カバンの中身」

にはまってます。

あ、これ商品名です(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 03:43Comments(2)杉岡日記より

2007年02月04日

般若の心

35624.jpg好き・嫌いなどの感情をちょっと置いておいて


何も考えない状態を


「般若」


という。


1日1回、般若のこころを作ってみよう。


心をからっぽにしないと見えない


世界がある。


                 「杉岡日記」より


P.S.

昨日は

節分

でした。

皆さんも恵方巻き食べられましたよね。


こういう当たり前の日本古来(恵方まきは江戸から)の独特な文化を忘れないこころが大事です。


「日本人に生まれてきて良かった」

そう思える瞬間の1つですよね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 18:30Comments(4)杉岡日記より

2007年02月03日

『甥への手紙』

35592.jpg“人は泣きながら生まれてくる”
(シェークスピア「リア王」)

生き物。


けど、そこから笑い続けるも泣き続けるも、


それは周りの環境次第。


周りを笑わせられるオーラを持とう。

              

                     「杉岡日記」より

P.S.

修論やらインフルエンザで勝手ながらお休みをもらってました。

今日からまた再開します。


※写真は甥の「悠人」宛てに書いた手紙です♪

おそらくこれが彼がもらう手紙の中で最初の手紙になるでしょう笑。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:46Comments(6)杉岡日記より