プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2007年03月31日

『永遠の勇気』

37302.jpg


1度目「肉体の滅びた時」


2度目「その故人に直接会ったことある人が亡くなった時」


そして、


3度目「その故人の残したものがこの世から消えた時」



人間はこの3度目の「死」が訪れるまでは、


「生」きている。



だから、あなたはまだ存命なんだ。


みなの心の中で生きているんだ。



永遠のいのち。


勇気を


感動を


ありがとう。


                「杉岡日記」より

P.S.

仕事の合間に、東京でこの4月から働く後輩と一緒に


「相田みつを美術館」


に行ってきました。


いや〜やっぱりすごいですね、相田さんは。


ビンビンと感じるものがありました。


“新しい門出をする者には、新しい道がひらける”



今日相田さんから頂いたこの言葉を皆さんにもプレゼントします。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:22Comments(2)杉岡日記より

2007年03月30日

『おもつらい・くるたのしい』

37253.jpg
「面白いこと」





「辛いこと」



「楽しいこと」





「苦しいこと」



苦しまずに楽しいことは、本当の楽しみじゃなない。


辛いことなしに面白ことは、本当の面白さじゃない。



「おもつらさ」を味わおう。


「くるたのしもう」




                  「杉岡日記」より


今日は大阪と京都と奈良を行ったり来たりの一日でした。


明日からは東京出張です。


ある意味


全国ツアー


な気分ですね(笑)。


※写真は大好きな阪神のオープン戦で、ホームランボールをゲットした私の生徒です。

嬉しいですよね、こういう宝物。


夢を与えられる大人の存在はやっぱり大事です!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 03:35Comments(2)杉岡日記より

2007年03月29日

太陽

37222.jpg
太陽になりたい。


ある時は、あなたの涙を乾かし、


ある時は、あなたに希望の光を射し、


またある時は、あなたの心を温かくする。


そんな太陽になりたい。


              「すぎおか拝」


P.S.
写真は、先日21日に行われた


「卒業式」


の時に大学のチャペル前でとった写真です。


自分で選んだ道に後悔はしてませんが、


寄り道も、遠回りもした4年間でした。



色んな意味で、いやこれこそ本当の意味での


「勉強」


の時間と空間なのかもしれないですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:58Comments(16)杉岡日記より

2007年03月28日

『愛』

37196.jpg
愛とは


捨てないこと


愛とは


許すこと

        「杉岡日記」より


P.S.

多忙に追われ、またしばらく空白を空けてしまいました(反省)。。

その間に大学院(修士)も無事終了し、後期課程(博士)への進学も決まりました。

また新しい職場での勤務もスタートしました(といっても大学ですが笑)。

ま、毎日がめまぐるしく変化、そして青春の毎日です。


ということで、少し心の余裕ができて来たので、このブログも少しずつ回復運転していきますね^V^



写真は京都は西陣京極にある

「雲母(きらら)」

という京まちやのダイニングカフェです。


昨日は京都ならではのはんなり感を味わいながら、

おいしい時間と空間、そして食事を頂いてきました。

皆さんも京都にお越しの際は、おいでやす〜

雲母URL→http://www.kirara.bz/  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:03Comments(6)杉岡日記より