プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2007年10月31日

5W1H頑張る

43947.jpg

誰のために頑張るのか。


何のために頑張るのか。


いつ頑張るのか。


どこで頑張るのか。


誰と頑張るのか。


どうやって頑張るのか。


たまにこうやって5W1Hで自分を問うてみるのも大事。


忘れ物はありませんか?


                 「杉岡日記」より


P.S.

私の愛用の


「CDデッキ君」


をご紹介します。

これでいつも英語やら音楽を聴いているんですよね♪

音も操作性も至って普通なのですが、個人的には、この時計の電光掲示板がお気に入りです。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:16Comments(4)杉岡日記より

2007年10月30日

任縁

43946.jpg

天にすべてを任せることを「任天」といい、


運にすべてを任せることを「任運」というなら、


縁にすべてを任せることを「任運」とでも呼ぼう。


大切なことは


「任せ」ながらも自分の意思はしっかり持つこと。


ただ任せるだけではない。


                  「杉岡日記」より


P.S.

六本木のミッドタウンに入っている店で

珍しいビール

を見つけました。


黒ビールはギネス贔屓な私もなかなかこの黒ビールは気に入りました♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:50Comments(0)杉岡日記より

2007年10月29日

それも答えだ

43906.jpg

古いものを出すから新しいものが入るのか


新しいものを取り入れるから古いものが出るのか。


こんな禅問答のような鶏と卵の議論。


しかし、


正解はひとつではないんだ。


正解はひとつと思っていること自身が正解じゃない。


                   「杉岡日記」より


P.S.

今年2本目の

「紀要」

への投稿が実現しました。


この前は「論文」で今回は別の学会誌に「研究ノート」。


そして、次は「活動紹介」。


一歩ずつ一歩ずつ、全身で前進だ!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:20Comments(2)杉岡日記より

2007年10月28日

ココロの体操

43905.jpg

ココロがいっぱいになる。


ココロがからっぽになる。


「なる」


ことはできても


「する」


ことは難しい。


それがヒトのココロ。


まずはココロの準備体操から始めよう。



                  「杉岡日記」より


P.S.

今フランスで働く後輩が久しぶりに日本に帰ってきたときにもらった本。


「なぜエクゼクティブはゴルフをするのか」


読みかけたままになっていたので、今日一気にお風呂で読み終えました。


東京に来ても私のお風呂は2つの意味で安らぎの場です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:12Comments(2)杉岡日記より

2007年10月27日

「出口のあるトンネル」

43879.jpg

「出口のないトンネル」


はない。


暗く長い道のり。


光の見えないこの先。


しかし、いつかいつの日か出口は来る。


大事なのは、諦めないこと。


そして、信じること。



            「杉岡日記」より


P.S.

最近はもっぱら


「マイ箸」


を持ち歩いています。


「身近なことから。できることから」


これがエコな活動を続けるコツかもですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:47Comments(4)杉岡日記より

2007年10月26日

フェスティーナ・レンテ

43858.jpg


ラテン語で、


「フェスティーナ・レンテ」


という言葉がある。


「ゆっくり急げ」


との意味。


一瞬矛盾のように聞こえるが、矛盾ではない。


ゆっくり急ごう。


                   「杉岡日記」より


P.S.

「LOVE GUITAR」


というアルバムを買いました♪

・押尾コータロー
・Kai
・山弦
・沖仁
・ダニエル
・村治香織
・鈴木大介
・佐藤克彦
・伊藤ゴロー
・天野清継
・荘村清志

という、ギタリストにはたまらない、アコギ奏者の蒼々たる方々によるコンピアルバムです。

どの曲もすばらしい音色です♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:18Comments(4)杉岡日記より

2007年10月25日

善悪から善良へ

43812.jpg

「損か得か」


ではなく


「良いか悪いか」


で動けるヒトになろう。


大人になればなるほど、「善悪」ではなく「善良」へ。


                    「杉岡日記」より

P.S.

東京に来てからも

「日めくりカレンダー」

を毎日めくってます。

関西では祖父のそれを使用していましたが、こっちには持ってきていないので、こちらでは相田さんのを使用しています。

「繰り返し」


に意味があるんでしょうね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:46Comments(2)杉岡日記より

2007年10月24日

ココロとカラダ

43783.jpg

ココロとカラダはつながっている。


たしかにつながっている。


ココロが喜べばカラダも喜び、


カラダが悲しめば、ココロも悲しむ。


ココロとカラダはふたつでひとつ。



              「杉岡日記」より


P.S.

今日はふと前いた会社の先輩アーティストと後輩アーティストの


「新アルバム」


を聴きました♪


やはり辞めた身とは言え、やはり古巣ですから応援したくなるんですよね☆


ちなみに、歌詞的にお勧めはdoaの「はるかぜ」、上木の「もう帰らない」でした。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:52Comments(2)杉岡日記より

2007年10月23日

こだわり

43759.jpg

今しか駄目という時がある。


ここでしか駄目という場所がある。


これしか駄目というものがある。


あなたしか駄目という人がいる。


「わがまま」ではなく「こだわり」を大事にしよう。


                  「杉岡日記」より

P.S.

東京でしか読めないフリーペーパー


1週間いないにとらないと読めないフリーペーパー


男性しか読まない(ターゲット上)フリーペーパー


「R25」


この限定感が、ファンを作るミソなんですよね。


ある意味ブランド信仰に似た戦略と言えそうです♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:38Comments(4)杉岡日記より

2007年10月22日

人生の履歴書

43756.jpg

人生の履歴書は


「名前をつけて保存」しかできない。


「上書き保存」はできないんだ。


だから、きれいな字でなくても良い。


丁寧に一字一字書いていこう。


            「杉岡日記」より

P.S.

先日京都の友人のお父さんの


「友禅織」



の個展が東京でありました。


残念ながら、当日は駆けつけることができませんたが、


すばらしい個展だったようです。


心伝わるこのお手紙もありがたかったです♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:22Comments(0)杉岡日記より

2007年10月21日

小さな嘘、大きな嘘

43712.jpg

ベンジャミンフルフォード氏いわく


「人は小さな嘘はすぐに気づくのに、大きな嘘はきづかない」


という。


確かに過去はそうだったかもしれない。


しかし、それを繰り返したいか否か、


それは現代に生きる我々に掛かっている。

                   
                 「杉岡日記」より


P.S.

今日は学問にも自己啓発にも関係ありませんが、

「暴かれた9.11の真相」

といういわば、暴露本を読みました。

もしここで書かれていることが事実とすれば、、、と思うと何を信じたら良いのか本当に分からなくなりますね。

現在国務に仕えるものとしても、また、平和の歌を昔書いたものとしても、色々と憂慮させられる本です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:05Comments(2)杉岡日記より

2007年10月20日

恕と怒

43711.jpg
相手の立場に立ってものを考えるやさしさ、思いやりのことを


「恕」


という。


恕という漢字には


「口」


という字が入っている。


だからやさしさも、思いやりも言葉が大事なんだ。


「怒」


にならないよう、言葉を大切にしよう。


                  「杉岡日記」より


P.S.

東京に来て、初めて


「テーブルテニス(卓球)」



をしました♪


私の一番好きなスポーツは何を隠そう、テーブルテニス(卓球)なんですよね(笑)。


現役(小4〜高1)の頃は


個人戦では「自分との戦い」


ダブルスではパートナーとの「協調性」


団体選では「チームワーク」


また、キャプテンとしては「マネジメント」の原点も学べました。


このスポーツは、一見マイナーなスポーツではありますが、


生涯できるスポーツであるだけでなく、こんな


「一石四鳥」


なスポーツでもあるんですよね♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:51Comments(2)杉岡日記より

2007年10月19日

「ひとつの事実、二つの真実」

43669.jpg
出会うまでは


「不安の涙」


離れる時は


「寂しさの涙」


流す人は同じなのに、涙の意味は2通りだったりする。


事実はひとつ。解釈は二つ。


                 「杉岡日記」より


P.S.

私の職場の


「マイデスク」


です(笑)。


こう見るとこのノートPC分厚いですね〜


支給されたものですから仕方はないのですが、


中身は新しくても外見がこれじゃもてないだろうなぁ(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:46Comments(2)杉岡日記より

2007年10月18日

気働き

43668.jpg

気配りをしながら働くことを


「気働き」


という。


けど、「働く」そもそもの目的は


周り(はたはた)を楽(らく)にさせてあげること。


当たり前の「目配り・気配り・心配り」を心がけよう。


                     「杉岡日記」より

P.S.

先日二番目の兄が仕事の関係で


上京してきたので、我が家の近くで飲みました♪


やっぱり兄弟って貴重な存在ですよね〜


「兄弟しかできない会話」


というものがあります。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:28Comments(6)杉岡日記より

2007年10月17日

pay it forward day

43627.jpg

先人(後藤新平)は言った。


「人のお世話にならぬように。人のお世話はするように」


と。


してあげたことは忘れなければならない。


してもらったことは覚えていなければならない。


                   「杉岡日記」より


P.S.

新しいスタッフさんが加わったこともあり、

「歓迎会」


を職場近くの居酒屋でやらせて頂きました。

当然、私の役割は

「幹事=世話人」

つまり、17人のコーディネート役。

でも、自分がチームに加わったときは皆さんにしてもらいましたからね♪

できる限りの

「pay it forward」


を今日もさせて頂きます!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:35Comments(5)杉岡日記より

2007年10月16日

myself family

43572.jpg
「自分が自分自身の親であり、子供である」
(岡本太郎)


つまり、ある時は自分で自分で叱り、


またある時は自分で自分をほめてあげる。


こうやって、自分を成長させていくんだ。


自分で自分自身を育てあげる視点。


こんな視点も人生に必要な時期がある。


            「杉岡日記」より

P.S.

最近はこの方の言葉がすごく身にしみます。

言葉遣いや表現は少し過激だけど、

「本質」


をついているんですね。

「表面」

の反意語、それは「裏面」でなく「本質」なのかなぁと思う今日この頃です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:42Comments(2)杉岡日記より

2007年10月15日

人間の特権

43548.jpg

信じるという字には


「人」


とう字が入っている。


つまり、信じることは人間の特権。


信じるものは救われる。


信じよう。


ただただ信じよう。

                 「杉岡日記」より


P.S.

友人のパートナーが書いているブログをたまたま読んでたら、


面白いゲームが紹介されていました。


とても面白かったので、貼付してみます。


皆さんもぜひやってみてください♪


以下、貼り付け。


このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。









このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。









約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。











まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。









1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。









2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。









3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)









必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。









4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。









まだ、先を見てはいけませんよ!!







8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。









5)最後にお願い事をして下さい。









さて、ゲームの解説です。





1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。





2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。





3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。





4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。





5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。





6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。





7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。





8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。





9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。





10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。





これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。





そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。どうでしょう? 当たってます?
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:12Comments(9)杉岡日記より

2007年10月14日

初心忘レルベカラズ

43547.jpg


「やり始めたときが初心」
(野村万之丞)


道に迷ったら、「初心」に帰ろう。


壁にぶちあっても、「初心」に帰ろう。


目の前が霧で見えなくなっても、「初心」に帰ろう。


「初心」が原点。


原点が「初心」。



                   「杉岡日記」より


P.S.

今日は先日できた

「銀座ハンズ」と

つい最近オープンした

「有楽町マルイ」に行き、日用雑貨などをちょこっと購入してきまた。

写真は前々から探していた

「ネクタイ収納ケース」

う〜ん、こういうビジネスグッズに私は弱いですね(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:39Comments(0)杉岡日記より

2007年10月13日

偉人伝心

43531.jpg

今日はこんなメッセージを頂いた。


「人生において、一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事があること

人生において、一番淋しい事は、することが無いこと

人生において、一番惨めな事は、人間として教養が無いこと

人生において、一番醜い事は、他人を羨むこと

人生において、一番貴い事は、奉仕して恩を着せぬこと

人生において、一番美しい事は、全てのものに愛情を持つこと

人生において、一番悲しい事は、嘘をつくこと

人生において、一番素晴らしい事は、感謝の念を忘れぬこと」


良い教えは後世に伝えていかなければならない。


伝えることも今を生きる我々の使命。


                  「杉岡日記」より


P.S.
本日は友人の母校である

「慶応義塾大学のSFCキャンパス」


にお邪魔してきました。

創始者である福沢先生の銅像の前で思わず立ちとまってしまったのは言うまでもありません。

「1万円」に2期続けて載るだけあって、オーラがありますよね。

銅像に思わず敬礼しそうになった杉岡でした(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:43Comments(0)杉岡日記より

2007年10月12日

バイブル

43530.jpg

「読書百編意自ずから通ず」


という言葉が示すとおり、大切な本は何遍でも読むといい。


読めば読むほど味が出るんだ。


読んでいる時の自分に応じて違うメッセージも出してくれる。


自分の中のバイブルを持とう。


                   「杉岡日記」より


P.S.

最近はもっぱら空き時間を見つけては、


「国会図書館」


に足繁く通うようにしています。


このアカデミックな雰囲気が好きなんですよね〜


大学受験の時や大学時代のテスト勉強の時思い出が懐かしく蘇ってきます♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:25Comments(0)杉岡日記より