プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2007年10月11日

音返し・温返し

43486.jpg

今までは


「音返し」


で恩返しをさせてもらったけど、


今は言葉を使っての


「温返し」


これが今の自分のできる唯一最大の恩返し。



              「杉岡日記」より


P.S.

相変わらず暇を見つけては、

「手紙」


を書いています。

「書く喜び」と「もらう喜び」。

これもひとつの

「ありがとう」の交換なんですよね♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:07Comments(6)杉岡日記より

2007年10月10日

強さに勝てるもの

43463.jpg
「礼儀正しさに優る攻撃力はない」
(キングスカイ・ウォード)


という言葉がある。


つまり


「強さ」だけが勝つための条件ではないんだ。


柔に剛が負けるときだってある。



                「杉岡日記」より


P.S.

「東洋経済」


を買いました。

この種の特集は私の研究テーマの一貫ということもあり、いつもつい思わず買ってしまうんですよね〜

ただ、この特集は自身の大学の客観的な立ち位置を確認できるメリットは感じつつも、

「数字に現れない価値」


を計ってもらえないもどかしさも同時に感じるんですよね>_<  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:14Comments(0)杉岡日記より

2007年10月09日

学ぶ=無知を知ること

43437.jpg

「学ぶとは自らがいかに知らざるかを知ること」


という。


だから、ヒトは学び続けるんだろう。


学びに終わりはない。


「一生勉強、一生青春」(相田みつを)


                 「杉岡日記」より

P.S.

何かいきなりアイデアが思いついたりする時があります。

そういう時に重宝しているのが、この胸ポケットに入る

「小さなメモ帳」


このブログのネタも、また昔の歌詞も、はたまた今晩のおかずまで(あ、これは嘘です笑)、この1冊の手帳から生まれてきました。

携帯電話のメモ帳ももちろん活用しているんですが、やっぱり

「自分の手で書く」


ところに意味があるんでしょうね♪


文面の利器(デジタル)がどこまで進化したとしても、メモ帳(アナログ)を駆逐することはおそらく一生できないんだろうなぁと思う今日この頃です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:02Comments(2)杉岡日記より

2007年10月08日

「まだ派」と「もう派」

43410.jpg
水の分量が半分まで入っている同じコップを見ても、


「まだ半分ある」


と答える人と


「もう半分しかない」


と答える人の最低二通りのパターンに人は分かれるという。


物事を楽観的に見るか、それとも悲観的に見るのか。


それはあくまで自分次第。


あなたは「まだ派」ですか。それとも「もう葉」ですか。



                  「杉岡日記」より


P.S.

仕事の関係でお世話になっている、ジェイボンド社長の


斉藤聖美



先生の本をハーバードビジネススクール体験記の本を2冊読みました。


面白かったのは、ハーバードOBのキーワードにはすべからく

・チャレンジ
・機会
・成長
・恵まれて
・楽しい・面白い


という5つのワードが入るというところ。


やっぱり、アカデミックな場面でも大事なものは共通なんですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:48Comments(2)杉岡日記より

2007年10月07日

贈りゴコロ

43409.jpg
presentの意味は


「贈り物」と「現在の」


giftの意味は


「贈り物」と「毒を贈る」


どちらを贈るか、どちらを頂くか。


贈り物にもココロが大事。


             「杉岡日記」より


P.S.

今日は仙台の友人から

「贈り物(present)」


が届きました。

ということで、いきなりですが、今日は私の好きなお土産ランキングを掲載します(笑)。


第1位:博多とおりもん
第2位:東京バナナ
第3位:白い恋人(今は問題ありですが・・・)
第4位:もみじまんじゅう
第5位:サーターアンダギー
第6位:ひよこまんじゅう
第7位:吉備団子
第8位:ういろう
第9位:生八橋
第10位:赤福


以上、特に思いついただけで、大した意味はありません(笑)。

また、「ままどおる」食べたすぐ後に今書いているので、公平な判断ができないということで、今回は除外しました(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:27Comments(6)杉岡日記より

2007年10月06日

渡るべきところ

43408.jpg

「渡ることのできないところへは入ってはいけない」
(カーネギー)


逆に言えば、


「渡るべきところには入っていかなければならない」


ということ。


石橋たたきながらでも、たとえ鬼が来ようとも


勇気と自信を持ってまずは渡ってみようと思おう。


                   「杉岡日記」より

P.S.

今日から

「英語」


の勉強を再開しました。


家庭教師に9年目のピリオドを打ってからしばらく遠ざかっていましたが、やはり大事ですからね。

細く長く継続して頑張りたいと思います!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:16Comments(2)杉岡日記より

2007年10月05日

見抜くチカラ、貫くチカラ

43351.jpg

先人のことばで、


「自ら省みて 縮(なお)くんば 
 

千万人といえでも 吾往かん」


という言葉がある。


正しいものは、正しい。


正しいものを見抜くチカラ、貫くチカラを持とう。



                「杉岡日記」より


P.S.

本日は仕事の一貫で、上司からお誘いがあり、東京はベルサール神田にて


「21世紀生産性研究会」


に参加し、勉強をしてきました。

・安倍政権とは一体なんだったのか。
・福田内閣の展望とは何か。
・民主党に政権を任せられるか。
・霞ヶ関の社長は誰か。
・国と地方の関係はこれからどうあるべきか。

などについて、国のトップランナーの先生方のお話が聞け、今日は大いなる刺激を受けました。

やはり、私は勉強が好きなんだなぁ、と再認識した一日でした。
(30000円もする大会なので、自腹では行けませんが苦笑)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:12Comments(0)杉岡日記より

2007年10月04日

考幸

43319.jpg

「孝幸」をしよう。


親孝幸


兄弟孝幸


友達孝幸


社会孝幸


「孝幸」はお互いに「幸せを考える」きっかけになる。


                 「杉岡日記」より


P.S.

今日は職場で


「赤い羽根共同募金」


をしました。


色々と怪しい募金もありますが、この募金は小さい頃からの習慣か、


思わず募金してしまう所があったりもしますよね(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:29Comments(0)杉岡日記より

2007年10月03日

描く→書く

43289.jpg

「ヒトは夢で描いた自分の姿以上にはなれない」(熊谷正寿)


という。


だから、夢は書こう。


ココロで描いたら、カミに書く。


書いたら夢は


「目標」


へと変わりゆく。

              「杉岡日記」より


P.S.

仕事の合間や寝る直前の時間を作って、


「論文」


を一本書いてます。


このハードスケジュールでの執筆はなかなかのもんですね。。


頑張ります!!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 08:33Comments(4)杉岡日記より

2007年10月02日

積極的受動態

43260.jpg

受け入れること。


受け止めること。


受け取ること。


そう、積極的な受身が大事なんだ。


逃げずに、逃げずに。


           「杉岡日記」より


今日は


定期


を機械で更新しました。


昔に比べたら、本当に便利な時代になりましたねぇ。


ICOCAもSuikaも持っていますが、私はもっぱらPASMO派です(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:24Comments(4)杉岡日記より

2007年10月01日

仁のココロ

43184.jpg

「仁」


とは「人が二人」と書く。


つまり、主語を一人ではなく、


「二人」


にしてお互いのことを考えるココロ。


思いやりのココロ。


「仁」のココロを持とう。


             「杉岡日記」より


P.S.

3年連続で担当させてもらっている、


「京都教育大学」


の講義が近づいてきました。


私が担当しているのは、


「教育・福祉ボランティア論」


アカデミックはもちろん、今年もがんがんメッセージを飛ばしますよ!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:34Comments(2)杉岡日記より