プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2008年05月29日

シンキング〜 

52338.jpg

もし


「人間=考える葦」


が正しければ、


考えることをやめたら人間ではないということ?


でも、それくらい人間にとって考えることは重要なんだよ。


きっと。


そして、それは人間の特権でもある。


だから、考えよう。


Lets Thinking.

     
             「杉岡日記」より


追伸

写真はいつも私が購読しているビジネス雑誌でたまたま紹介されていた本なのですが、これがとにかく面白く、難しいんです。

3問に1問解ければよいほうですかね笑。

1頁をめくるのに1日かかることもありますから。

いやはや、でも、これはよい頭の刺激になります♪

簡単な例題を載せておきますので、皆さんも是非一度チャレンジしてみてください!

(例)
4羽のニワトリが4分間で4個の卵を産むとき、8羽のニワトリは8分間に何個の卵を産むか?

※ヒント:8個ではありません。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:18Comments(4)杉岡日記より

2008年05月28日

「メッセンジャーからメッセンジャーへ」

52337.jpg

「メッセンジャーになろう」


これはあなたが神様から与えられた役割。


選ばれしあなたの選ぶ人生。


そして、この世にはあなたしか出来ない仕事がある。


だから、辛いけど涙ふいて


メッセージのバトンつなげよう。


後悔は1度でいいよ。


               「杉岡日記」より

追伸

写真は天国のお母さんに向けて書いた手紙を集めた文集です。
(発行:「101年目の母の日」プロジェクト実行委会)

後輩から

「2冊もらったから、1冊は杉岡さんに読んでもらいたい」


とのことでもらいました。

境遇は少し違いますが、同じような経験をさせてもらった者同士として、この本の重みを誰より、そして何より重く感じています。


良くも悪くもどんどんと風化していく記憶。

今日はこの記録により、私の記憶にも久々に風が入ってきました。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:18Comments(0)杉岡日記より

2008年05月22日

シンクロニティ

52178.jpg

うれしいことは連続したりするもの。


また


かなしいことも連続したりするもの。


これっていったいなんだろう。


偶然?それとも必然?


分からない。


でも、きっと自分でその目に見えない糸を


引き寄せたりもしてるんだろうな。


当たりもあれば、はずれもある。


そんな目に見えない糸だから面白い。

                 

                  「杉岡日記」より

追伸

今日は京都で大変お世話になった

大学の大先輩であり、人生の大先輩でもある方から急に

「京漬け」

のお漬物が届いた。

いやはや、嬉しいですね。

ちょうど京都を最近懐かしく感じていたところでした。

「適時適切」

とはまさにこういうタイミングのことを言うのでしょうか。

また一本取られちゃいました!


>Oさん

いつもありがとうございます!

久しぶりの京都の味。満喫させてもらいます♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:24Comments(8)杉岡日記より

2008年05月20日

ただそこにあるだけで

52157.jpg

何を言うわけでもない。


何をするわけでもない。


ただそこにあるだけ。


ただそこにあるだけで


価値があるんだ。


              「杉岡日記」より


追伸

写真は私がいつも通勤で使う駅に


何気なく置いてある


観葉植物


なぜここにおいてあるのか、いつからここにあるのか分かりませんが、
いつもこの緑を帰り際に見たらホッとするんですよね〜

やはりこれが自然の力なんでしょうか>_<

おみそれしました!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:54Comments(2)杉岡日記より

2008年05月19日

原点

52095.jpg原点とは


その名のとおり


「点」


から始まるんだ。


たとえで言えば、川の源流と同じ。


人生という川における


一滴の水滴


それが原点というものなんだ。



            「杉岡日記」より


P.S.

最近はもっぱら


クラシックを弾いてます。


というのも元々私はクラシック出身であり、


ギターで初めて弾いた曲も、父から教えてもらった


「愛のロマンス(禁じられた遊び)」


ということでクラシックだったんですよね。


やっぱり原点が心に響きます。


仕事柄夜中しか弾く時間が取れないのが寂しい限りですが、
もうしばらくカンタービレ世界に浸ろうと思います(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:33Comments(2)杉岡日記より

2008年05月18日

誰(た)か陰で

52096.jpg
あなたの


「ために」


集ってあげた。


いやいや、それは見方が逆だよ。


あなたの


「おかげで」


集まることができたんだよ。


見方を変えるだけで、ありがたみも変わってくる。


これが人生の妙味。


これが人生の不思議。



                   「杉岡日記」より

P.S.

今日は広島のテレビ局で働く後輩が研修で上京してくれたおかげで

「もみじまんじゅう」


を食べることができました。

いやはや、やっぱりこういうご当地ものっておいしいですよね♪

もみじまんじゅうはもちろん「広島の味」。

うまい!


の一言です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:44Comments(6)杉岡日記より

2008年05月17日

たまに

52097.jpg

「たまに」


だから価値があるんじゃないかな。


だって、考えてごらん。


「当たり前」


になった途端、価値がなくなるでしょ。


目の前にあるのは同じなのにね。


なぜか心の入ってくる信号は明らかに違ってくる。


これだから人間の「我」は厄介。


これだから人間の「我」は面白い。


                  「杉岡日記」より

P.S.

今日は東京に来て初めて

「焼肉」


に行きました。

バンドの時は、周りのメンバーが焼肉狂だったので、足繁くよく通ってたんですが、こちらに来てからは、意外にも行ってなかったんですよね〜(驚)

ということで、給料日というタイミングも追い風となったので、今日はちょっと奮発してきました笑。

通常は料理よりも本にお金をかけるんですが、今日は料理にの軍配です笑。

ま、たまにはよいかな♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:58Comments(2)杉岡日記より

2008年05月15日

2008年5月15日 漢検合格体験記

漢検合格体験記≪高校生編≫ ※第2章


 
2008年5月15日 発行
編者:日本漢字教育振興会
監修:財団法人日本漢字能力検定協会
URL:http://www.kanken.or.jp/goukaku/index.html

WEB版はこちら  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)掲載記事など

2008年05月12日

「走れ正直者」

51944.jpg「虚」に口を足すと「嘘」。


ウソはいつも口から始まるんだ。


いつからだろう。


日本はウソつき天国になってしまった。


ウソをついたらお天道様のバチがあたるんだよ。


お天道様は今頃きっと泣いている。


走れ正直者!!


               「杉岡日記」より

P.S.

昨日は友人からの紹介で

「学者のウソ」

を書かれた掛谷英紀先生のお話を聞きに行き、

ともに議論をしました。

食品偽装に耐震偽装に、官僚の不祥事に、政治家の公約破りに、そして、この本書のテーマである学者の嘘。

・・・世の中は本当に嘘だらけになってしまいました。

こんな時代を揶揄したり詠嘆するのは簡単ですが、大事なのは、これからどうするか。

皆さんの英知が必要です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:24Comments(2)杉岡日記より

2008年05月11日

母と母の母の日

51945.jpg

カーネーションの愛言葉は


「母の愛情」


いつでもどこでもいつまでも


母の存在は偉大。


そして、その母を生んでくれた


母の母の存在も偉大。


今日はみんなで母にありがとうの日。


          「杉岡日記」より

P.S.

今日は

「母の日」


であると同時に、私にとっては

「祖母の日(正確には誕生日)」


でもありました。

母もさることながら、おばあちゃんがいなくても私は生まれていません。

そう考えると自然に感謝の思いがこみ上げてきますね。


おばあちゃん、母さん。

東京からで申し訳ないけど、

いつもありがとう。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:47Comments(0)杉岡日記より

2008年05月10日

良志久

51946.jpg

「良い志を久しく(ずっと)」


と書いて


「良志久(らしく)」(藤村俊二)


自分らしく生きるためには


「良い志」が大事なんです。


志を磨こう。


              「杉岡日記」より

P.S.

突然ですが、私は沖縄が好きです。


大学時代は沖縄の海を見たくて3回も足を運びました。


そして、今日たまたま行った沖縄のお店でこんなジュースをもらいました。


その名もズバリ

「ゴーヤ茶」

すごい味を妄想していましたが、飲んでみると、想定外(想像以上?)に飲みやすかったのです。


ただ、私個人としてはやっぱり


「orionビール」


の方が好きですね〜(笑)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:08Comments(5)杉岡日記より

2008年05月09日

my origin

51948.jpg
「my origin(私のはじめたもの)」


を持とう。


1つでもいい。


いや、1つでいい。


自分からはじまる「オリジナル」を持とう。

 
               「杉岡日記」より


P.S.

写真は私が論文執筆などでいつも使っている7つ道具のうちのひとつ、

「本立て(本置き?)君」


です。

構造はすこぶる単純なモノなんですが、想像以上にこれ役立つんよね〜♪

私は俗称

「あると便利」

と呼んでいますが、

本当にこれも「必要は発明の母」ですね♪
(なぜ父でないのか分かりませんが笑)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:46Comments(0)杉岡日記より

2008年05月08日

当たり前の当たり前化

51947.jpg

「ピンチをチャンスに」


「チェンジのためにチャレンジを」


これはもちろん大事。でも、もっと大切なのは、


ピンチにならないようにすること。


「当たり前の当たり前化」


まずはここから初めてみしょう。


           「杉岡日記」より


P.S.

最近は仕事の関係上、ひたすらずっと

「内部統制」


という企業のプロセスマネジメント、リスクマネジメントの勉強をしています。


といいますか、この連休は久々に体調を崩し、


「GOLDEN WEEK(週)」

ならぬ

「GOLDEN WEAK(弱い)」

になっちゃいました(苦笑)。


皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね>_<  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:21Comments(2)杉岡日記より

2008年05月03日

内なる声

51795.jpg

「胃は意なり」(吉丸房江)


という言葉がある。


そう、良いときも悪いときも体はちゃんと


サイン


を出してくれる。


大事なことはこのサインに気付けるかどうか。


内なる声に耳を済ませよう。


                 「杉岡日記」より

P.S.

六本木はミッドタウンに


「浅野屋」

という非常においしいパン屋さんがあります。


確かに価格は少し高めですが、このおいしさは本当に心を豊かにしてくれます。

やはり

「ただ生きるために食べる」

ことも大事ですが、

「心を豊かにするために食べる」


という考え方が大事ということなんでしょうね。

なぜなら、それが結果として、食べ物への感謝の思い、自然への感謝の思いにつながりますから。


「心を豊さにしてくれるヒトとモノと出会おう」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 20:31Comments(4)杉岡日記より

2008年05月02日

「たまたま」から「わざわざ」へ

51778.jpg

「たまたま」


から


「わざわざ」


に変わる瞬間がある。


それは、価値あるものに出会ったとき。


「たまたま」で終わらないモノを目指そう。


「わざわざ」と思えるモノを探そう。


                 「杉岡日記」より


P.S.

今日はたまたま東京は代々木上原の西光亭の

「くるみクッキー」


をいただき、食しました。

いやはや、パッケージも独特ですが、クッキーとは思えない見た目に、クッキーらしさを逃がさない味付け。

これははまりますね〜

思わず次はわざわざ自分で足を運んで買いに行こうと思わされた逸品でした>_<  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:28Comments(2)杉岡日記より

2008年05月01日

求めない

51757.jpg

求めない。


期待しない。


そうすれば、やってくる。


求めるからやってこないんだ。


期待するからやってこないんだ。


求めない。


期待しない。

        
              「杉岡日記」より


P.S.

東京研修から京都勤務になり、京都府民に戻った後輩より

「本のプレゼント」


が届きました。


欲しいと言った訳ではありません。


いわんや、ジャンルや作家の指定をした訳でもありません。


ただ、いつしか、こうやって

「良いモノと出会ったら、共有する」

習性がついてしまったんでしょうね、お互い。


「自分の感動を他人の感動に」


という考え方は文化の重要なファクターだと思っています。
(もちろん、押し付けはダメですが)


というのも、やはり自分の感性だけではインプットに限界がありますから。


そして、こういう後輩や仲間が私の周りにはたくさんいてくれています。


本当に感謝ですよね。


>Y君

今回もストライクでした♪

多謝。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:15Comments(4)杉岡日記より