プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2008年10月30日

心の筋トレ

55151.jpg

心の筋トレをしよう。


心にも腹筋や背筋、いろいろな筋肉が必要。


トレーニングを怠ったら、すぐに筋肉は緩んでしまう。


だから


毎日少しずつでいいから


自分のペースでいいから


心の筋トレをしよう。


                   「杉岡日記」より


追伸

11月から正式に

「京都」

に戻ることになりました。


もちろん、仕事は

「教育と研究」

そして、それらを通じた

「社会貢献」

です。

政府の仕事で学んだことも最大限活かし、
研究者として教育者として、次の世代の学生の

「ろうそくに火をつける」

役割を担いたいと思います。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:53Comments(8)杉岡日記より

2008年10月26日

顔を磨こう

55112.jpg

「顔は心の表情」
(マックス桐島)


という。


だから、顔は


「外見」


ではなく、


「内見」


なんだ。


顔を磨こう。



         「杉岡日記」より

P.S.

今日は東京都立新田高校の改革をした

「ジャージ先生」

こと

「鈴木校長」

にお会いしてきてました。

「自分は何をやる校長なのか」

「何のためにこの学校にいるのか」


この問をずっと問い続けることが原点。

…胸に突き刺さる名言をたくさん教えてもらいました。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:53Comments(2)杉岡日記より

2008年10月25日

テイクーギブ=ギブン

55111.jpg

「ギブ&テイク」


でなく


「ギブ&ギブ」


それが、結果として


「ギブ&ギブン(佐々木かをり)」


となるんだ。


だから、ギブだけを考えよう。


そして、


してもらったことは忘れず、


したことは忘れる。


これが究極の境地かな。


 
         「杉岡日記」より


P.S.

今日は友人夫婦の家を訪ね、


「鎌倉」


を小旅行してまいりました。

「鎌倉の大仏」

を参拝し、

「江ノ電」

に乗り、すっかり

「脱東京」

を満喫できました♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:38Comments(4)杉岡日記より

2008年10月22日

事実と解釈

55040.jpg

「事実」





「解釈」


を区別しよう。


(青野慶久/サイボウズ代表取締役社長)


そう、


「思い込み」


は、往々にして


「思い違い」


になりがち。


木を見て森見よう。


灯台の下を照らす余裕を持とう。



               「杉岡日記」より


P.S.

今日は

「容疑者Xの献身」

を見に行ってきました。

平均20%超の視聴率をマークした

「ガリレオ」

は見てなかったのですが、それでも十二分に楽しめる内容でした。

個人的には、湯川学役を演じる福山雅治氏の演技も素晴らしかったのですが、それ以上に、堤真一氏の演技力に脱帽でした。

う〜ん

「実に面白い」  

Posted by 杉岡 秀紀 at 20:52Comments(2)杉岡日記より

2008年10月19日

ともに

54962.jpg

「ともに語り


ともに笑い


ともに努め


ともに遊び


天地に悠々たるべし」

(福澤諭吉)


人生いろいろあるけど、


「ともに」


だから乗り越えられることがある。


「ともに」


「とわに」


           「杉岡日記」より

P.S.

今日も大学時代の親友の

「結婚式」


に行ってきました。

しかも、その場所はなんと、、

「六本木ヒルズ屋上!」

何でも、開業以来、この場所で挙式を行ったカップルは初めてとか。

いや〜これはサプライズでした。

当の新郎新婦はもとより、参加者の我々にとっても二度と忘れられない、そんな結婚式になりました。

>Tさん、Uさん

結婚あらためておめでとうございます!

末永くお幸せに♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 20:39Comments(4)杉岡日記より

2008年10月17日

volo(ウォロ)

54964.jpg

「行動」


を選ぶと


「結果」


も選ぶこととなる。


(フィリップ・マグロー)


だから、行動の前の


「意思」


が大切。


「will=volo」


意思は自発的でなければならない。
 

             「杉岡日記」より

P.S.

今日は先般銀座にオープンした

「H&M」

に行ってきました。

確かに安く、それでいて、デザインもなかなかグッドですね♪

私も思わずシャツを1枚購入です。

毎度あり〜(笑)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:11Comments(0)杉岡日記より

2008年10月14日

愛の油

54963.jpg

「諸君の議論に愛の油を加えよ」

(新島襄)


そう、議論にも


「愛」


が必要だ。


思いやりの心。


許す心。


憎しみや敵対からは何も生まれない。


             「杉岡日記」より

P.S.

今日は大学の手続き関係で

「京都」

に帰京してました。


久々に講義にも参加し、現役の学生さん相手に、
いろいろとお話もさせてもらいました。

春からはいよいよ関西に帰ることが決まったので、
今から少しずつ準備体操開始です♪


※写真はいつも恩師と飲みに行く居酒屋の赤ちょうちんです。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 20:58Comments(4)杉岡日記より

2008年10月11日

ジャズな人生

54857.jpg

人生を音楽でたとえるとどうなるだろうか。


私の人生はまさに、


クラシックからはじまり、


ロックとポップに転向し、


そして、今はジャズに向かわんとしている。


そんな人生だと改めて思う。


ジャズな人生。


それは、楽譜のない人生。


そして、指揮者のいない人生。


ただただ、知識と経験をもとに、即興性が求められるんだ。


先が見えないのは確かに怖い。


だけど、それを自分で少しずつ敷いていく楽しみがある。


これは


「選ばれた自分の選んだ人生」


なのかな。

                  「杉岡日記」より

P.S.

今日は横浜はみなとみらいホールに

「日本フィルハーモニーオーケストラ」

の演奏を聴きに行ってきました。

指揮者はあの、

「西本智実」氏。

凛とした力強い指揮の中にも、キラリと光る女性ならではの繊細さ。

このオリジナリティが印象的でした♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 13:00Comments(4)杉岡日記より

2008年10月08日

エイジング

54858.jpg

「年を取る


それはおのが青春を


歳月の中で組織することだ」

(ポール・エリュアール/仏・詩人)


そう、「年輪を重ねること」と「青春」とは


実は「反比例」ではなく、「比例」の関係にあるんだ。


アンチエージングもいいけど、


美しく年を重ねる方が素敵な選択肢じゃないかな。



                「杉岡日記」より


P.S.

写真は本文とは関係ありませんが、先日泊まった日光は

「小さなホテル 森のうた」

の朝食でいただいた

「クロワッサン」

です。

このパン、間違いなく今まで食べた中で一番です!

というのも、このパン、食べるときに生地が伸びるんだですよね♪

外側のパリパリと中のもっちり感のハーモニー。

も〜これはパン食人種の私も思わずうなる、そんな一品です!
(個人的には、栃木牛より栃木の餃子よりおいしかった!)

皆さんも是非機会があれば、ご賞味あれ〜  

Posted by 杉岡 秀紀 at 13:23Comments(2)杉岡日記より

2008年10月05日

遺訓伝心

54811.jpg

人の一生は


重荷を背負うて


遠き道を行くが如し。


急ぐべからず。

     (東照宮御遺訓)


そう、重荷を背負っているのはあなただけじゃない。


みんなそれぞれの重荷を背負いつつ、一生を送るのだ。


3歩進んでは、2歩下がり、


7回転んでも、8回立ち上がる。


これが人生なんだな。


嗚呼、人生。

                 「杉岡日記」より


P.S.

親孝行も兼ねて、母と母の友人と3人とで、

栃木は日光にある

「日光東照宮」

に参拝にきました。


私自身は中学校の修学旅行以来、15年ぶり2回目だったのですが、

「見ざる、言わざる、聞かざる」

の3猿や

「眠り猫」や「鳴龍」

含め、東照宮の持つパワーは予想以上に圧巻でしたね。

ちなみに栃木は私の父方のおばあちゃんの実家でもありますし、
約1年間お仕えした大臣も2代続けて栃木でしたし、

はたまた、今回泊まらせていただいたペンション

「森のうた」

の女将さんとは本当に色々な話題で共通点が多かったですし、

なんだか不思議な

「御縁」


を感じざるを得ない、素敵なまちでした。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:15Comments(2)杉岡日記より

2008年10月01日

レバレッジ

54732.jpg

かのナポレオンいわく


人間を動かすてこは


「興味」





「不安」


だと言う。


つまり、人間を動かすアプローチは


プラスからとマイナスからの二通りあるということ。


ただし、大事なことはその先にある。


てこ(レバレッジ)の先。


そこを見失っちゃだめ。


                「杉岡日記」より

P.S.

今日からいよいよ10月ですね〜

「今年も残すところ…」


という言葉が似合う季節になりました。

写真は昨日初めて入った

「外務省」


から見える国会です。

ここが一番きれいに国会が見えるんですよね〜。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:56Comments(0)杉岡日記より