プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年01月31日

カルナーセンス

56735.jpg

「人間は本来すばらしい知性と情感を有している。


このふたつが相携えて働くなら、


正しい方向に向かって進むなら、


人類愛や慈悲心がそこには湧き出てくるはずである。


本当に大切なことはそれだけ」


(ダライ・ラマ)


人は誰のために学ぶのか。


人は何のために学ぶのか。


その最大のヒントが


慈悲心(カルナー)。


この言葉に隠されている。


慈悲とは


「他人への思いやり、気遣い」。


時空を越え、国境を越え、人種を越え、


共通の


「コモンセンス」


としたい。



              「杉岡日記」より

追伸

私は学生時代に1年間弱ですが、インターン生として、

「お寺(應典院)」

で働いたことがあります。


ただ、お寺と言っても、

「日本一若者が集まるお寺」

「コンクリートでうちっぱなしの寺」

「檀家なし、葬式なし、しかし、アートありのお寺」


と、普通のお寺とは違い、一風変わったお寺です。


そして、今回たまたまイベントで

「チベット写真展」

の感想文を頼まれ、このたび

「ダライ・ラマ」

の著作を読み返しました。


いやはや、彼のお言葉は読むたびに感銘を覚えますね。


彼の宗教観、平和観こそが今世界で一番求められている気がします。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:45Comments(0)杉岡日記より

2009年01月27日

フィッシュ!

56734.jpg

「仕事そのものは選べなくとも


とんな風に仕事をするかは選べる」

(『フィッシュ』より)


そう、仕事が面白いかどうかは、


“他人に感じさせてもらう”


のではなく、


“自ら感じるもの”。


イキイキしたオフィスを作りたければ


仕事を通じて幸せになりたければ


自分で自分のスイッチをいれなきゃ。

                 

                 「杉岡日記」より

追伸

2000年にたまたま見たニュースで知った

「フィッシュ哲学」

しばらく忘れてましたが、たまたま体系的に読む機会を得、
この度一気に読みきりました。

ポイントは4つ。

?態度を選ぶ
?遊ぶ
?注意を向ける
?人を喜ばせる


どれもこれもシンプルで当たり前のことばかりですが、
ふと自分の職場を振り返ってみると、いかがでしょう?

出来ていないこと、不足していること沢山ありますよね。

そんな時に見直したい一冊です。

(参考)
スティーブン・C・ランディン、ハリー・ポール、ジョン・クリステンセン『フィッシュ』早川書店、2000  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:29Comments(0)杉岡日記より

2009年01月25日

成功の賞味期限

56713.jpg

「人生のいいときを基準にするな」

(有吉玉青/作家)


“失敗は成功のもと”


であると同時に


“成功は失敗のもと”


という。


成功は「過去」のものであり、「今」のものではない。


つまり、成功は成功した瞬間に成功でなくなるんだ。


成功の賞味期限は想像以上に短い。

 
                      「杉岡日記」より

追伸

今日は春から私が同志社で受け持つ事業(授業)の

「お披露目フォーラム」

が京田辺でありました。

今までの経験を活かしつつも、今までと違う立場でまちに関わることを鑑み、ある種

「ゼロベース」

にこころをリセットしなければ、と思っている今日この頃です。

これぞまさに

「リストラ(再構築)」

ですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 19:40Comments(2)杉岡日記より

2009年01月23日

×を△に、△を○に

56712.jpg

「意図せざるものを


目的を阻害するものとしてではなく、


意外性に満ちた喜びとして捉える」


(上田紀行/文化人類学者)


“上り坂(さか)・くだり坂(さか)・まさか”


この「人生の3つのさか」を


いずれもプラスに変えるのもマイナスに変えるのも


すべてあなたのココロ次第、私のココロ次第。


×を△に、△を○に変えるのも


すべてあなたのココロ次第、私のココロ次第。



                「杉岡日記」より

追伸

今日は仕事の関係で

「京都府立大学」

にお邪魔してます。

言葉では表現しにくいのですが、

国立(大学法人)には国立の

公立(大学法人)には公立の

私立には私立の

雰囲気、空気というものがありますね♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 19:31Comments(0)杉岡日記より

2009年01月21日

不易流行力

56709.jpg

「変える勇気と変えない勇気」

(福地茂雄/NHK会長)


確かに


「チェンジ」


は大切。


しかし、物事には必ず二面性がある。


だから


「変えるもの」





「変えないもの」


この2つはいつもセットでないといけない。


「不易流行力」


リーダーにはこの力が欠かせない。

            
                
                「杉岡日記」より


追伸

誰しもここに帰ると

「初心」

に帰れる場所(原点)があると思います。


私にとってのそんな

「原点」


の1つがココ

「新島会館」

そう、同志社の校祖・新島先生が過ごされた生家です。


ココに来ると、

「カコ」と「イマ」そして「ミライ」

が何かつながる感覚を覚えるんですよね〜


「聖地」

という表現は大げさかもですが、私にとってはそんな地の1つです。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:49Comments(2)杉岡日記より

2009年01月19日

目的の目的化

56708.jpg

「人生は何を成したかではなく


何を人の心に残せたか」


(井形慶子/作家)


「記憶」でも


「記録」でも


手段はどちらでもいい。


大事なのは目的。


「どうやって」


ではなく


「何を」「誰に」「いつ」「どこで」「どれくらい」


伝えられたか、刻めたか、残せたか。


「手段の目的化」


ではなく


「目的の目的化」


をしてみよう。


               「杉岡日記」より

追伸

写真は、私が定期購読している冊子で一番小さく安い冊子

「月刊PHP」

です。

この前自らに出した宿題がようやく1つ解けました(笑)。


これこそ

「小が大を兼ねている」「安かろう良かろう」

の数少ない事例ですね。


納得納得。

合点合点。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:36Comments(0)杉岡日記より

2009年01月17日

ヒト×動く=働く

56707.jpg

「人はあなたとつながりたい思うときに動き、


そう思わないときには本気で動かない」

(藤原和博)


つまり


“地位や名誉や権力やお金でなく


ココロでしかヒトは動かない”


ということ。


“天上天下唯我独尊”


先達の言葉を引用するまでもなく


ヒトに上も下もない。


ただあるのは、そのヒトとそのココロ。


だから、ココロが大事。


ココロでヒトは「動」く。


ココロでヒトは「働」く。


               「杉岡日記」より


追伸

「よのなか科」

で一世風靡した、元和田校長の

藤原和博

さんの著作に最近ははまっています。


今年も

「年間300冊読破」

を目標に本を読むつもりですが、そのうちの50冊弱は藤原さんの本を読みたいと思います。

(和田中の校長になる前からの著作から面白い本をよく出されていたので、よく読んでいましたが、最近はとりわけ藤原さんの教育論に共感しています)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:52Comments(2)杉岡日記より

2009年01月15日

愛の見える化

56499.jpg

“人生の喜びのうちで、


愛のみが音楽に勝る、


しかし、愛もまた旋律である”


(A.S.プーシキン)



愛は語るもの


愛は奏でるもの


愛は与えるもの


愛は伝えるもの


愛は感じるもの。


ただし、


愛は見えない。


見えないから見たくなる。


見えないから見せたくなる。



             「杉岡日記」より

追伸

今年も暇を見つけては

「映画」

で心の栄養(サプリ)をつけてますが、今年の文化スローガンは、

「名作に触れること」

としました。

今年記念すべき第一弾は

「カサブランカ」


2人を同時に愛してしまった女性と戦争、そして男気と正義。

三角関係という軽はずみな言葉で終わらないストーリーがGOODでした♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:35Comments(0)杉岡日記より

2009年01月13日

「一人称で三人称のこと」

56498.jpg

「一人称で三人称のこと」


を語ろう。


評論家もコメンテーターも要らない。


自分のコトバで


自分のチカラで


みんなのこと


社会のことを


つまり、


「一人称で三人称のこと」


を語ろう。


              「杉岡日記」より


追伸

2008年末に発売された

「就活のバカヤロー」

という本を拝読しました。

昨年は「婚活」というコトバが流行ましたが、

そのある意味語源である、

「就活」「採活」

には確かに、著者に指摘するように茶番劇的な要素が満載ですよね〜

大学関係者・就活生・採活企業・就職支援サイトに関わる者なら一度は叫びたくなる刺激的なタイトルが良いですね(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:19Comments(0)杉岡日記より

2009年01月11日

知らないことを知る

56497.jpg

“The more I learn, the more realize I dont know.

The more I realize I dont know, the more I want to learn.”

「学べば学ぶ程、何も知らないということがわかるようになる。

何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる」

(アインシュタイン)



そう、大事なことは、


「無知の知」


自分がいかに知らないかを知ることが


「知への欲求」


への第一歩となる。


知らないことを知ろう。


               「杉岡日記」より

追伸

写真は、今日発売の

「なぜ「大学は出ておきなさい」と言われるのか」

です。

この著者は実は、同志社の先生であり、私も昔一緒に学生のキャンプに行ったり、学会でもよくご一緒したりする

「浦坂純子」

先生です。

早速拝読後、感想のメールをお届けさせていただきましたが、これを機会にどんどん全国区の先生になってほしいですね〜

そして、私もいつか新書デビューするぞ!!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:07Comments(4)杉岡日記より

2009年01月09日

「開き直り」から「開き直し」へ

56374.jpg

「10歳にして菓子に動かされ、


20歳にしては恋人に、


30歳にしては快楽に、


40歳にしては野心に、


50歳にしては貪欲に動かされる。


いつになったら人間はただ知性のみを追って


進むようになるのであろうか」

(ゲーテ)



睡眠欲・食欲・性欲・名誉欲・出世欲・金銭欲etc・・・。


たしかに人間は


「欲」


からは逃れられない生き物。



だとすれば、自分のための「欲」を抑えることより、


人や社会のための「欲」をあげられるようにすればいい。



そしたら、


「必要(ニーズ)」





「欲(ウォンツ)」


の違いがちょっとずつ分かってくるから。



「開き直り」


ではなく、


「開き直し」


をしてみよう。



               「杉岡日記」より

追伸

写真は、現在メインで使っているパソコン

「レッツ君」

です(笑)。

軽いし、バッテリーもよく持つし、なんと言っても画面が大きく見やすい!

(前購入した5万円PCは画面が小さく、長時間使うと目が大変疲れてました。まだ老眼の年ではないですが・・・・(笑))

なので、最近では職場のPCですが、めっきりこのPCが気に入っています。


やはり、

「大は小を兼ねる」「安かろう悪かろう」

は仕方ないんですかね〜


個人的には、

「小が大を兼ねる」「安かろう良かろう」

を探し求めているのですが、世の中そんなに甘くないようです>_<  

Posted by 杉岡 秀紀 at 19:12Comments(6)杉岡日記より

2009年01月07日

Do you love you?

56373.jpg

「みんなちがって みんないい」

(金子みすず)


「幸せは自分の心が決めるもの」

(相田みつを)


比較することが悪いわけじゃない。


ただ、自分のことを許してあげてほしいだけ。


ただ、自分のことを認めてあげてほしいだけ。


ただ、自分のことを好きになってほしいだけ。


千万人から嫌われたって良いじゃない。


自分の中に嫌いな自分がいても良いじゃない。


でも、


自分の中に好きな自分もいることだけは忘れてはいけない。


Do you love you?


                   「杉岡日記」より

追伸

先般このハンバーガーのめぐって、発売日に

「サクラ」

でバイト1000人を動員したことが問題となっていました。


たしかに

「戦術」

としては、サクラもありかもしれません。


私もバンド時代に、ストリートなどでどれだけこのサクラが重要かも分かっています。


ただ、何でもそうですが、

「過ぎたるは及ばざるが如し」

です。。


そして、それより何より食べ物ならば、やはり


「本質(味)」


で勝負しないといけません。


小手先で勝負している限り、未来は明るくないと思います。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 18:56Comments(2)杉岡日記より

2009年01月05日

人生の風、心の風邪

56371.jpg

「我々はどこから来たのか。


我々は何か。


我々はどこ行くのか」

(ゴーギャン)


迷ったらさ、


「風」


に聞けば良いんだよ。


人生は


「順風」


だけじゃなく


「逆風」


もある。


だけど、


「向かい風」





「追い風」


は実は自分の心次第。


「心の風邪」を引かないように。


「人生の風」を感じよう。


              「杉岡日記」より

追伸

今年の手帳は

「フランクリンプランナー・オーガナイザー」

というシリーズを使ってます。

そして、最近は

「万年筆」

にはまってます。

でも、ペンが変わるだけで、字って変わったりするんですよね〜


モノヲ大切ニ。

字ヲ大切ニ。

言葉ヲ大切ニ。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 18:46Comments(0)杉岡日記より

2009年01月04日

ウォーリー

56500.jpg

“人生それぞれの時期、それぞれの状態には


それ相応の完成というものがあり、


それぞれに固有の成熟というものがある”

(ルソー)



だから、


焦らなくてもよいんだよ。


急がなくても良いんだよ。


比べなくても良いんだよ。


Dont worry.


Dont worry.




              「杉岡日記」より

追伸

前々から気になっていた

「WOLL・E(ウォーリー)」

を新春早々見てきました。

「ピクサー社」

の圧倒的なグラフィック技術もさることながら、

このタイミングで、サブテーマに

「エコ」と「エゴ」

を持ってきた点、

また、人間ではなくロボット

「ウォーリー」と「イブ」

から心の純粋さを垣間見せた点など

とかく、総合点の高い仕上がりでした♪  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:08Comments(0)杉岡日記より

2009年01月03日

しあわせ×茶

56247.jpg

「茶」


という字をよくみてみると、


草の木の間に


「人」


という字が入っている。


お茶と人は切り離せないものなんだ。


時にはゆっくりとほっこりと。


お茶を飲みながら幸せに。


            「杉岡日記」より

追伸

私が一番尊敬する経営者が創業した

「舞妓の茶本舗」

の新作(茶)

「しあわせ茶」。

抹茶と玄米と昆布の香ばしいミックスで、

1杯ごとに微妙に味が違うんです。

皆さんも

「幸せのお茶」

いかがですか?  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:01Comments(0)杉岡日記より

2009年01月01日

名前は人生最大のヒント

56228.jpg

名は体を表すという。


名前に勝たなくてもいい。


でも、できれば名前に込められた意味通りの人生を


少なくとも名前に負けない、恥じない人生を


歩めるようにしよう。


名前は人生最大のヒント。


人生に迷ったら原点に立ち返ろう。


              「杉岡日記」より

追伸

あけましておめでとうございます。

今日から

「2009年」


の幕開けですね。


私もいよいよ4月から大学教員としての人生がスタートします。

教育のために音楽業界を引退すると宣言して2年半。

ようやく次のステージ(夢)のスタートラインに立つことが出来ました。


私の芸名は

「秀則」

でしたが、

本名は

「秀紀」。


この

「紀」

には

「はじめる」

という意味があります。


「秀(学問)を紀(はじ)める」



名前に負けないよう、精一杯頑張りたいと思います。


それでは、いつもお世話になっている皆様。

今年1年もどうぞ宜しくお願いいたします。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:17Comments(10)杉岡日記より