プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年03月28日

大人のオアシス

57563.jpg

減点主義も分かるけど、


加点主義の方が楽しいよね。


「しなければならない」を


「できる」に


「できる」を


「したい」に


心を変えるだけで、行動は変わる。

               
 
               「杉岡日記」より

追伸

小さい記事ですが、

「Y新聞の読者投稿欄」

に私の拙稿が載りました。

ちょっとした気づきを書いただけなのですが、
記事のモデルになった方が読んでくれてたら嬉しいですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 20:57Comments(0)杉岡日記より

2009年03月25日

昨日<今日<明日

57439.jpg

「昨日より今日、今日より明日、


進化(深化)していたい」


(原辰徳/WBC監督)


「未来志向」


「前向き思考」


だからこそ見える世界がある。


先に進みたかったら、


深く進みたかったら、


未来を見よう。


前を見よう。


           「杉岡日記」より

追伸

やってくれました

「侍ジャパン」

暗いニュースが続く中で、今の日本にまさに

「希望と勇気」

与えてくれる最高のニュースでしたよね。

今回の勝因は色々と複合的な要因があると思いますが、
私は次の3つ挙げたいと思います。

1つは、若大将、原監督の徹底的な「前向きさ」

これが烏合の衆のチームを1つにワークさせた最大の要因だと思います。


2つは、「侍ジャパン」というチーム名。

歴代監督名を冠してきた今までとは違い、ここに

「日本を背負う」

という気持ちが選手側にも応援する側にも立ち現れていました。


3つは、「家族愛」

報道にも多くあったように、今回の侍ジャパンの29人を支えたのは、
実に多くの内助の功、家族愛があってのことだと思います。

「誰かのために」

という気持ちは、想像以上の力を出せるんでしょうね。

いやはや、いずれにせよ、今回のWBCは本当に日本を元気にしてくれました。

「侍ジャパン」万歳!


※写真は、環境省の仕事で久々に訪れた「広尾」はJICA広場です。ここでも「侍ジャパン」の話題があがったことは言うまでもありません。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 11:01Comments(2)杉岡日記より

2009年03月23日

再会力

57438.jpg

再会力。


それは、


会いたい人と


会いたいときに


会いたいところで


もう一度会いたいと


お互いが思うこと。


一方通行ではどうにもならないんだなぁ。



              「杉岡日記」より

追伸

今日は仕事の関係で、

「文科省」

を往訪しました。

ということで、せっかくの霞ヶ関ですから、私の前職である

「元行政改革推進本部事務局(チーム渡辺)」

の皆さんと今日は再会の杯を交わしました。

あの時は局長も入れて、10人で1つのチームでしたが、今は

・内閣官房
・総務省
・厚労省
・社保庁
・国税庁
・その他


とバラバラに散ってしまっています。

それなのに、一声で集まるこの「団結力」は、本当にすごいですよね。

というか、ただただありがたいです。

社保庁改革チームの

「再会力」

に乾杯!


   

Posted by 杉岡 秀紀 at 10:40Comments(4)杉岡日記より

2009年03月21日

原動力

57436.jpg

「日に新たに


日々に新たに


また日に新たに」


(松原泰道)


ゆっくりでもいいから、


3歩進んで2歩下がってもいいから、


日進月歩進んでいる実感が大事。


「新たな自分と出会い」


これが何よりの生きる


「原動力」


            「杉岡日記」より

追伸

学会のため、今日は

「名古屋」

に来ています。
(写真は「味噌煮込みきしめん」です♪)

そして、合間を縫って、友人や後輩とも多く再会しました。

・新しい職場(シリア)が決まり、その準備に励む後輩
・社会人によるサークルを作り、新たな趣味を見つけた友人
・新しい住居を見つけ、自律・自立型の生活を始めた後輩
・新たな命を授かり、新しい家族誕生の瞬間を待ちわびる友人


どこにも行っても、大概は友人・知人がいることに、まずは感謝です。

そして、

「笑顔と元気で再会できること」

これ当たり前のようで当たり前でないですから、この事にもたたただ感謝ですね。

古くも「新しい」発見です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 10:16Comments(0)杉岡日記より

2009年03月14日

2009年3月14日 経済人クラブ第6回政経・文化サロン

経済人クラブ 第6回政経・文化サロン
 
日 時 : 平成21年3月14日(土)
場 所 : 京都ブライトンホテル
ゲスト : 小池 百合子氏 (元防衛大臣 衆議院議員)  
インタビュアー: 村田 晃嗣氏 (同志社大学法学部教授)
テーマ : 「地球と日本の守り方」 

レポートはこちら
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2009年03月14日

大義と共感

57434.jpg

「大義がなければ始まらない。


共感がなければ広がらない」

(小池百合子)


小義でも、中義でもいけない。


「大きな義」を持とう。


そして、


「一人の思い」を「みんなの思い」に。


               「杉岡日記」より

追伸

霞ヶ関でのネットワークから、スシマダムこと

「小池百合子元大臣」


を京都にお呼びし、講演をいただきました。
(写真は2次会のバーでの写真です)


この方クラスまで来ると、当然賛否両論が飛び交う訳ですが、
著書を全部拝読させてもらい、お話を聞かせてもらった私としては、

「大義がある人」かつ「戦略家」

と印象を持ちました。

世襲議員とタレント議員が跋扈する今の政界に対して、
引き続き、風穴を明け続けてほしいと思います。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 09:50Comments(0)杉岡日記より

2009年03月11日

ユウジョウ

57329.jpg
出会うということは、別れること。


別れるということは、出会うこと。


始まるということは、終わること。


終わるということは、始まること。


人間とは、人生とはこの


「無常」と「無情」


のせめぎあい。


そして、この


「無」


からまた新しい


「有」


が生まれる。



           「杉岡日記」より


追伸

2009年3月11日、午前9時26分。

私の後輩が、24歳の若さで天国へと旅立ちました。


奇跡を信じ、自分を信じ、未来を信じ続けたにも関わらず、、

脳腫瘍という病魔はあくまで、最期まで、残酷でした。


ただ、最後に交わした約束

「もう少し暖かくなったら、桜でも見に行こうな」

はもう果たせない約束となってしまいましたが、後輩が作ってくれた

「ビーズのブレスレット」

という約束は今ここ(手元)にしっかりあります。


後輩が命と引き換えに私たちに教えてくれたもの。それを胸(腕)に、

後輩の分まで一日一日を大切に生かさせてもらおうと思います。


そして、春が来たら、一緒に桜を見に行こう。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:27Comments(10)杉岡日記より