プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年04月30日

前向きに後向き





「苦しい時はもっと苦しかったことを思い出せばいい」

(ガッツ石松/元世界ライト級チャンピオン)


ずっと下や後ろばかり見てたら


ぶつかったり、つまいだりするよね。


けど、たまに後ろを振り返ることが欠かせない瞬間があるでしょ。


だから、ときに前向きに後ろを振り返るのも良いんじゃない。


前を向くために、瞬間的に後向きになるのは良いんじゃない。


これも処世術。


一つの人生戦術。

              
                             「杉岡日記」より

追伸

今日は仕事で、グンゼ発祥の地であり、水源の里としても有名な

「綾部市」

の市長を訪問しました。


京都駅から電車に揺られること

「120分」

車窓から見える原風景は絶景でした。


ICカードなんて使えない不便さが良いですよね。


こういうまちを訪れると、便利さや快適さな日常で忘れがちな

「大切なこと」

を再確認できる気がします。


「無用の用」ならぬ

「不便の便」

とでも名づけましょうか(笑)。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:59Comments(0)杉岡日記より

2009年04月28日

凡天





「天才は1%のひらめきと99%の努力」
(トーマス・エジソン)


というけれど、これは天才だけでなく、


凡才にこそ大切なこと。


生まれて瞬間から天才なんて人はいない。


天才になりたかったら


凡才から非凡になりたかったら


ただただ努力しよう。


「努力力」。


努力にまさる天才はない。


努力できるのも才能のひとつ。


「盆栽」に棘があり、「甜菜(てんさい)」が甘いのも偶然じゃない。


                                   「杉岡日記」より

追伸

昨日は、マスコミ関係者と大阪はお初天神にある

「わだ家」

という

「和田アキ子さん」

プロデュースのお店で飲んでました。

入り口の取手部分がアッコさんの手の形だったのも面白かったのですが、
個人的には

「冷アッコ」

が笑えました(笑)。







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年04月26日

縁縁





「小才は縁に会って縁に気づかず


中才は縁に気づいて縁を活かさず


大才は袖触れ合う縁をも活かす」

(柳生家家訓)

と言う。


近くにある縁も大切。


けれども、


遠くにある縁も実は大切。


「縁(ふち)縁(えん)」


を大切にしよう。


             「杉岡日記」より

追伸

今日はふとしたご縁で

「美女と野獣」

にご招待いただき、遅ればせながら

「劇団四季デビュー」

を果たしました♪

いやはや、ストーリーは言うまでもなく、歌やダンスなど演技も素晴らしいですが、
大道具さんや演出などバックステージの皆さんのレベルも本当に素晴らしいですね!

お見それしました。

まだまだ見たい作品は沢山ありますし、これからは陰から末永く応援し続けたいと思います♪






  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年04月25日

点線面立





「ありがとうの総面積」
(渡邊美樹/ワタミ会長)


という言葉がある。


点は2つだけだと線にしかならない。


けど、点が3つあれば、面になる。


そして、面が4つあれば、立体になる。


一つひとつの「ありがとう」は小さくても構わない。


それを積み重ねれば、いつか線となり面となり、立体になるから。


小さく長く。


ありがとうの総面積を広げよう。


                     「杉岡日記」より

追伸

今日は、友人であり後輩の「ポジティ部長」ことO君が

「おフランス」

から一時帰国ということで、その歓迎会を開催しました。

時差にも負けず、相変わらずポジティブなO君はまた一段と
大人の階段を上り、男前に磨きがかかってました。

これからも彼のフランス奮闘記を応援し続けたいと思います♪

>O君

お土産ありがとう!プジョーUSB早速職場で話題殺到してます(笑)  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:52Comments(0)杉岡日記より

2009年04月23日

備えあれば、嬉しあり





「幸運は準備の出来たものに味方する」

(パスツール)


これは実は仕事にも勉強にも恋にも当てはまる。


心の準備。


技の準備。


体の準備。


心身一恕。


備えあれば、憂いなし。


備えあれば、嬉しあり。



            「杉岡日記」より

追伸


東京で働く友人が

「だめんずデビュー」


果たしました(笑)。

これは朗報と呼ぶべきか、悲報と呼ぶべきか、
判断が分かれるところですが、とりあえず、

「秘報」

でなくなったということは確かでしょう(笑)。

草なぎ剛ニュースも相当のサプライズでしたが、
個人的にはこの内容の方がサプライズでした(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:15Comments(0)杉岡日記より

2009年04月21日

幸寿




還暦が60歳


古希が70歳


喜寿が77歳


傘寿が80歳


米寿が88歳


卒寿が90歳


白寿が99歳


百寿が100歳


茶寿が108歳


なら、人間が生物学的に生きられる限界と言われ、
松下幸之助も目指した


「120歳」





「幸寿」


だね。

              
               「杉岡日記」より


追伸

お墓参りの帰りにふと立ち寄った

「お饅頭屋」

さんでこんなオブジェを見つけました(写真)。

百寿までは知っていましたが、

「茶寿」「皇寿」

は知りませんでした。

「団子より寿」

です(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:57Comments(0)杉岡日記より

2009年04月19日

1笑9敗



「ビジネスは1勝9敗」

(中井猛/スペースシャワーネットワーク会長)


という。


エジソンの


「99回の失敗の後にようやく1回の成功が得られればいい方」


ではないが、ビジネスも恋愛もそんなものじゃないかな。


では人生レベルではどうか。


「1笑9敗」


こんな人生があってもいいじゃない。


これが人生、それが人生。

          
                    「杉岡日記」より

追伸

今日は大学院時代にお世話になった先生の手料理、それも

「男の手料理」

をご馳走になりました。

味付けも大事ですが、やっぱり料理は

「素材」と「料理」

ですね♪

お見それしました&ご馳走様でした!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:45Comments(0)杉岡日記より

2009年04月17日

6カン


「志士の5カン」


というものがある。


世界「観」


歴史「観」


人生「観」


倫理「観」


使命「感」。


あえて6「カン」にするなら


「楽観」かな。


               「杉岡日記」より

追伸

この度、教員としてのスタート祝いということで、
おいしいお酒をいただきました。

その名も

「黒田武士」


名前とおり、男らしい(?)味で、

圧「巻」

でした。

「乾」杯!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:38Comments(0)杉岡日記より

2009年04月10日

両輪走行

57623.jpg


「教育は論にあらず。志と行いなり」

(荒瀬克己/京都府立堀川高校校長)


「教育は、慈育」

(田宮光悦/舞妓の茶本舗会長)


そう、教育で大切なのは


「教え、育てること」


方輪走行だけでは駄目。


両輪で走ろう。


ゆっくりでもいい。


焦らなくてもいい。


両輪で、両輪で。


               「杉岡日記」より

追伸

今日は私の

「講義デビュー日」

でした。


大学にとっては

「小さな一歩」

ですが、私にとっては

「大きな大きな一歩」

でした。

教育の血を受け継いだ者として、とりあえず週2コマ。

今まで学んだことを精一杯、社会に未来に還元したいと思います。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:41Comments(6)杉岡日記より

2009年04月07日

持ち物しらべ

57621.jpg
「もてなす」


とは


「持って、成すこと」


つまり、


「持っているものを活かすこと」

(佐藤京子/都わすれ女将)


サービスだけでなく、人間関係もまずは


「もてなしの心」


から。


損得勘定ではなく、素直な気持ちで、お互いの


「持ち物しらべ」


から始めませんか。


             「杉岡日記」より


追伸

今日は仕事とは別件ですが、大阪は中ノ島にある

「ABC(朝日放送)新社屋」

を訪問してました。

バンド時代、ラジオの収録や出演などでよく訪問させてもらった

「旧社屋」


と違い、ほんと新社屋は綺麗でした(ただただびっくりです)。


テレビ局も番組だけを作っていれば良かった時代はもう

「今は昔・・・」


なんですね〜  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:05Comments(1)杉岡日記より

2009年04月05日

ニュートラル

57620.jpg

「起こっていることは全て中立」(聖イグナチオ)


「事実」は1つ、「解釈」は2つ。


「事実」は中立だが、「解釈」はぶれる。


だけど


「良い」も「悪い」もすべて決めるのは自分のこころ。


「事実」は変わらなくとも


「解釈」は変えられる。


                「杉岡日記」より

追伸

「夜桜」

が綺麗な季節になりました。

たとえ短くとも、昼夜問わず愛され続ける

「桜」

のパワーはすごいですね。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:54Comments(0)杉岡日記より

2009年04月03日

難有=有難

57565.jpg

「難有ることは、有難(ありがた)い」


(谷昌恒/北海道家庭学校長)


そう、人生には、上り坂に下り坂にまさか、


そして、ジェットコースターのような山と谷がある。


でも


この「難」が有るから、有難(ありがた)さがにじみ出るんだ。


だから


難有ることを受け入れよう。


難の先にはきっと感謝が待ってる。


               
                 「杉岡日記」より

追伸

今日は職場のメンバーで滋賀に、慰労会を兼ねた

「花見」

に行ってきました。

比叡山から見えるこの桜と琵琶湖は絶景ですね。


今年もこうやって当たり前のように

「桜」

を見れることにただただ、感謝です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:45Comments(0)杉岡日記より