プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年05月29日

心の大人




「諸悪莫作 衆善奉行」

(一休禅師)


人生とは突き詰めれば、


「良いことをしよう、悪いことをするな」


この言葉に集約されるんじゃないかな。


しかし、言うや易く、行うは難し。


人間は、なかなかこれを守れない、弱い弱い動物。


だからこそ、言葉が大事。


弱いがゆえに、言葉が大事だと思う。


言葉で自らを律しよう。


これが心も大人になるということ。


体だけでなく


「心の大人」


を目指すのだ。

                     
                        「杉岡日記」より

追伸

今日は学生を連れて、京田辺の代名詞とも言える

「一休寺」

にヒアリングに行ってきました。


ちなみに、現在私は月と金に1コマずつ講義を持っているのですが、
金曜日の方は、徹底的に

「フィールドワーク」

の講義となっています。

なので、残念ながら(?)、教室で講義は完結しません。

当然、正解も模範解答もありません。
(講義ノートも意味がありません)

なぜなら、現場にしかヒントがないからです。


社会の中で学生は育ちます。もう少し正確に言えば、

社会とのつながりを自らの五感で感じることで、学生は成長します。


大学はあくまで「学問」をするところです。


「学習」だけなら、大学に来る意味はありません。


「問いがあるからこそ、人間は学び続けるのではないか」



こんな仮説を持って、今日も楽しみながら講義準備に明け暮れる今日この頃です。




≪本日の出所・オススメスポット≫

「一休寺」

住所:〒610-0341 京都府京田辺市薪里ノ内102
TEL:0774-62-0193
URL:http://www.ikkyuji.org/index.html










  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(6)杉岡日記より

2009年05月28日

初めの一歩





プロフェッショナルとは、


初心を忘れず、


思いやりの心を持ち、


実践をしつつ、


継続・進化できる人のこと。


(木村俊昭・公務員)


そう、何事も


「初心」


が大切。


道に迷ったら、まずはここに帰らないと。


「初志貫徹」


「初心貫徹」


初めの志と心を思い出そう。
         

                  「杉岡日記」より

追伸

今日は仕事で

「舞鶴」

へと言ってまいりました。

家を出たのが、午前7時。

舞鶴に着いたのが、午後13時過ぎ。

いやはや、京都もやっぱり広いもんです。

でも、

「特急列車」

って何か良いですよね〜


新幹線より何だか旅気分になれます♪


私だけ?(笑)


≪今日の出所・オススメ番組≫

「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 第118回 木村俊昭」

 
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年05月27日

念信



「信念は死なない」

(チェ・ゲバラ/革命家)


信とは


「人の言葉」


「人が言う」


と書く。


思いは心にしまっている限り、


「個人のもの」


で終わる。しかし、


それを言葉にしたとき、それは


「社会のもの」


に変わる。


念じるだけでなく、言葉に出してみよう。


                           「杉岡日記」より


追伸

今日は私の応援する「経済人クラブ」の例会で

「坊さんを叱った警察」

で一躍有名になった、暴力追放のカリスマ

「上原 忠晴(京都府警察本部 組織犯罪対策第一課 警部補)」氏

の講演をお手伝いしてきました。


いやはや、こういう信念を持った方がおられるから、世の中の治安がまだ守られているんですよね〜


ただ、個人的には、それ以上に警察なのに話がうますぎることに、思わずにやっとしてしまいました笑。


≪本日の出所・オススメDVD≫

「チェ・ゲバラ 28歳の革命」

「休暇」

「イキガミ」


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年05月27日

2009年5月27日 経済人クラブ第603回定例会

2009年5月27日 経済人クラブ第603回定例会レポート
 
日 時 : 平成21年5月27日(水)
場 所 : 京都ブライトンホテル
講 師 :上原忠晴氏(京都府警警察本部 組織犯罪対策第1課 警部補)
テーマ : 「危機管理意識を高めよう!~反社会的勢力から経済人クラブ会員を守る特効薬~」

レポートはこちら 
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2009年05月24日

笑薬。




「共感共苦」


その痛みは分からないけど、


その痛みを分かりたいと思う。


「生(しょう)病老死」


先人は、生きることも苦しみの1つと言った。


どうせ苦しむなら、楽しみながら苦しむくらいの余裕がほしいよね。


「苦楽しみ」


その秘訣は


笑いじゃないかな。


「生薬」


ならぬ


「笑薬」。


これが健康に苦楽しむための秘訣だと信じたい。
 


                      「杉岡日記」より


追伸

今日は愛知県は

「前後」

という駅の近くの病院に、大学時代の後輩のお見舞いに行ってきました。


同年代が病に倒れるというのは本当にショックです。。


でも、

「エンパワメント(元気付け)」

が私の使命ですから、お役に立てる限り、パワーを届けにいきたいと思います。

「おもしろくないおやじギャグ」

というお土産つきですが笑。。


インフルエンザよろしくの今日この頃ではありますが、皆さんもくれぐれもご自愛くださいませ。


≪本日の出所・オススメのDVD≫

「綾小路きみまろ 爆笑!エキサイトライブビデオ集 第3弾」

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年05月22日

社会的やりたい族





「なりたい族」より「やりたい族」。
(木村剛/金融コンサルタント)


世の中には、あまりにも


「しなければならない族」





「できる族」


が多い。


だからこそ、


「やりたい族」


なんだ。


ただ、その主語が自分だけで簡潔してるようではまだまだ。


会社や組織、地域や社会を背負う


「やりたい族」


でなければ。


                     「杉岡日記」より

追伸

今日は同志からもらった

「お菓子」

をおいしくいただきました。

何でも、いつもお土産をもらっているお礼ということですが、
言われるまで、すっかり忘れていました。

いやはや、してもらった記憶は絶対に忘れないのですが、
どうやら私はさせていただいた記憶は結構曖昧になるようですね〜(笑)。

ま、すっかり忘れていた分、意外性が嬉しかったです♪

「一度食べて二度(倍)おいしい」

とはこのことですね^V^


≪今日の出典・オススメ本≫

「プロ論。」シリーズ、徳間書店、2004〜

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年05月20日

面白キコトモナキコノ世ヲ面白クスミナスモノハ三命ナリケリ




「信を以って義を行い、


義を以って命を成す」

(春秋左氏伝)


このことを「義命」と言うならば、


この「義命」を知ることを


「使命」


と言うのだろう。


そして、その「使命」を知った瞬間を


「知命」


と言うのだろう。


この三命を兼ね備えた人間が世の中を面白くしていく。


世の中を明るく、綺麗にしていく。


「面白キコトモナキコノ世ヲ面白クスミナスモノハ三命ナリケリ」
 
                   

                                「杉岡日記」より


追伸

本日は、昨年行革で奮闘した政治家・委員の先生方・事務方が勢ぞろいしての

「同窓会」

が赤坂でありました。

皆で昨年の怒涛のような社保庁改革話を振り返るとともに、
渡辺元大臣を筆頭に、近況について各々が報告し合いました。

いやはや、それにしても約1年ぶりに渡辺元大臣とお会いしましたが、相変わらずパワフルです。

離党については、賛否両論あるかと思いますが(私も本を読み、再会するまでは少し否定的でした笑)、
そんな方には是非是非、渡辺元大臣の近著をお読みいただければと思います。

世襲問題についても色々と議論が喧しいですが、こういう方は国政でまだまだ暴れてもらわないと駄目!
そんなことを思った、行革同窓会でした。


≪本日の出典・オススメ本≫

渡辺喜美「絶対の決断」PHP、2009

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:29Comments(0)杉岡日記より

2009年05月18日

will-will



「無意不立(意なくば立たず)」

(佐藤正久/参議院議員)


そう、最も大事なのは、


「意思(will)」


意思があるところに


「未来(will)」


がある。

                  「杉岡日記」より


追伸

今日はふとしたご縁から

「ヒゲの隊長」

こと、佐藤正久参議院議員と夕食をご一緒しました。

いやはや、安全保障は私はそこまで詳しくはありませんが、

「安全保障に与党も野党ものない」

との議員の考え方に私も共感しました。


やはり、参議院の先生方はこう(長期的な政策課題に取り組む専門家集団)でないとですね!  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:29Comments(0)杉岡日記より

2009年05月16日

どこでと誰と



「どこで笑うかにその人の知性が現れ、


どこで悲しむかにその人の感性が現れる」


(齋藤孝「自己プロデュース力」大和書房、2003)


という。


「どこで」


も大事だけど、その次は、きっと


「誰と」


ということが問われるんじゃないかな。


一緒に笑いたい人と笑える。


一緒に泣きたい人と泣ける。


これだけでも、すごくありがたいことなんだよ。


                      「杉岡日記」より

追伸

今日は気心知れる面子で

「京」

で飲みました。

気がつけば午前様(笑)。

いやはや、でもこういう時間を忘れる瞬間って必要ですよね〜







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)杉岡日記より

2009年05月13日

既来



「次回作が最高作」


「私は人生を休憩しない」


「残りの人生を砂糖水を売って過ごすか、それとも世界を変えるチャンスを手にするのか」


「危機に直面すると、ものごとがよく見える」


「真の満足を得るたった一つの方法は、自分が素晴らしいと信じる仕事に打ち込むこと」


(スティーブ・ジョブズ/アップルCOE)


次代を築く人は、共通して常に「今」ではなく、「未来」を見ている。


いや、もしかしたら


「未来」から、「今」を見ているのかもしれない。


そういう意味では、未来はもはや未来でなく、


「既来」


と呼ぶべきかもしれない。



                 「杉岡日記」より


追伸

いつかこのブログで、macの生みの親である

「スティーブ・ジョブズ」



「スタンフォード大学での感動の名スピーチ」

を紹介したことあったかと思います。


それから私も何冊か彼の本を読んでいるのですが、非常にためになります!

いやはや、どの分野でもそうなのですが、やはり、トップに立つ人、また、
フロントランナーになる人の考え方、武勇伝は面白いですね♪

ということで、まだスティーブ・ジョブズをよく知らない、という方は是非この本からどうぞ。

竹内一正「スティーブ・ジョブズ 人を動かす神」リュウ・ブックス・アステ新書、2008  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:33Comments(0)杉岡日記より

2009年05月11日

血のメッセージ





「われわれはどこから来たのか


われわれは何者か


われわれはどこへ行くのか」

(ポール・ゴーギャン/画家)


こんな根源的な問いに立ち止まる時があったっていい。


それも生まれた時に思いをはせるのがいい。


ヒントは


「血のメッセージ」。


自分の血に向かい合えば、自然と見えてくる世界がある。


あなたが生まれて来た理由。


そして、


これからの運命。

(キャロル・アンドリエンヌ)


きっと。きっと。






                         「杉岡日記」より

追伸

今日は私の祖母、おばあちゃんの

「77歳」

のお誕生日でした。

しかも、今年は

「喜寿」

ということで、ダブルラッキーセブンです(笑)。

いやはや、めでたいめでたい♪

といいますか、もしおばあちゃんがもしいなかったら、私はこの世にいないのですから、
おばあちゃんには感謝しても感謝しきれないですよね。

おばあちゃん、いつもありがとう。








  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)杉岡日記より

2009年05月07日

こだわり




「こだわり」





「頑固」


は違うんだな。



頑固は


「ひとりよがり」。


こだわりは


「みんなよがり」。


似て非なるものなんだよ。


               「杉岡日記」より


追伸

最近

「地域ブランド」

関係の本を読んでます。

(オススメは、田中章雄 「事例で学ぶ!地域ブランドの成功法則33 」光文社ペーパーバックスBusiness、2008)


写真は沖縄のお土産でもらった

「塩ちんすこう」

「塩×○○」シリーズは意外とはずれが少ないですね♪

おしかったです。


皆さんの町には

「こだわり」

のある地域ブランドはありますか?


奈良は、

・奈良漬け
・そうめん
・墨汁etc・・・


いくつかありますが、少し地味な感じです(笑)



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)杉岡日記より

2009年05月04日

第六感力




「知性ではなく、直感が人生の扉を開く」

(アインシュタイン)

また、ある学者は


「脳は秘書、直感が社長」


と言った。


そう、道に迷ったら、


「直感」


でものごとを決めよう。


素直に感じること。


真直ぐ感じること。


これが意外と簡単なようで難しい。


もしかすると人生最後は


「直感力」「第六感力」


で決まるのかもしれない。



                「杉岡日記」より

追伸

今日は某音楽フェスタで

「リュート(日本でいう琵琶の祖先にあたる)」


という楽器の音色を初めて聞きました。

6弦で奏でるギターとはひと味違う音色。

「似て非なる」

という言葉が似合うは、こういう楽器のことを言うのですね♪

昔ジェイク島袋さんの演奏を聞いて

「ウクレレも一度挑戦してみたいな〜」

と思ったことがありましたが、今日は

「こういう古代の楽器もありだな」

と思った次第です。


さて、直感と言えば、少し古いですが、須藤元気さんの

須藤元気「幸福論」ネコパブリッシング、2005

での「四国八十八箇巡礼」にも相通じる部分もありますね。


私もいつか直感だけで旅に出たいと思う今日この頃です。




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:29Comments(4)杉岡日記より

2009年05月03日

not変愛but偏愛




「人間関係は互いの偏愛の結びつきによって起きる」


「世界はその人のすきなモノ、偏って愛しているものの集合体」


「自分を好きなものを好む人=良い人」

(以上、齋藤孝「偏愛マップ」NTT出版、2004)


・・・偏食は駄目と教えてこられてきたけれど、誰しも偏愛はあるもの。


衣食住足りたら、仕事・趣味の世界まで。


変愛にならぬよう、偏愛しよう。
 

                              「杉岡日記」より


追伸

画像は公開しませんが、私も自分の

「偏愛マップ」

を書いてみたことがあります。

そうすると、カテゴリーとしては、

「音楽(ロック・ポップ・クラシックetc・・・)」
「映画(ドキュメンタリーetc・・・)」
「スポーツ(野球・卓球・オリンピックetc・・・)」
「車(マツダ・日産・スズキ・トヨタetc・・・)」
「食べ物(和洋中etc・・・)」
「雑誌・本(研究関係・一般教養関係・人生勉強etc・・・)」


と大別されまして、中でも「音楽」と「本」は1枚の紙に書ききれませんでした(とりわけ後者)(笑)

というわけで、是非、皆さんも一度書いてみてくださいね♪

きっと何か楽しい発見があると思います!
(著者いわく、家族や友人間のコミュニケーションのほか、ビジネス、合コン、結婚式二次会などに使ってほしいとのこと)

なお、この本とセットでオススメなのは、

トニーブザン・バリーブザン「ザ・マインドマップ」ダイヤモンド社、2005


です。



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)

2009年05月02日

鶏卵一如




「心は形を求め、形は心を育てる」


という。


身体論の立場から、この言葉を解釈すると、


「言葉は型を求め、型は心を育てる」


ということになるだろうか。


いずれせよ、


「目に見えるもの」も「目に見えないもの」も


同じくらい大事といこと。


「鶏か卵か」


の世界もあるけれど


「鶏も卵も」


の世界もある。


                     「杉岡日記」より

追伸

GW真っ盛りですが、皆様いかがお過ごしですか?

今年は、インフルの影響と1000円高速道路の影響で、
かなり遠出をすべきかどうかを迷う1週間となってますね。


ところで、私は、講義準備もほどほどにこのGWは

「ゴールデン読書ウィーク」

にして、日ごろは読めない一般(教養系?)の本を1日4〜5冊ずつ
読み漁っています(笑)。


今日のオススメは日経アソシエでも好評連載中の

山崎元「エコノミック恋愛術」ちくま新書、2008

私も経済学部卒ですが、これほど分かりやすい経済書も少ないですよ!

なんたって、全ての経済用語を恋愛に無理やり当てはめてるんですから笑。

恋愛の指南書として読むのはどうかと思う部分が多々ありますが笑、
経済に興味のある方はまず手始めの書としてオススメします。


個人的には、今年スポットを当てて読み込んでいる齋藤先生の

齋藤孝「声に出して読みたい日本語(1〜3)」草思社、2001〜2004


とセットで読んでほしいですね。

そうすると、このブログの言わんするところが分かっていただけると思います♪



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)

2009年05月01日

先彼後我





「彼を知り、己を知れば、百戦して殆うからず」

(孫子の兵法)


これは仕事にも、友情にも、恋愛にも応用可能。


まずは相手を知ることから始めよう。


そして、自分。


この順番を間違えなければ、百戦百勝は無理でも、


「勝ち越し」


はできる。


くれぐれも


「先我後彼」


にだけはならぬように。


                         「杉岡日記」より


追伸

ジョン・ウー監督の肝いりの続編

「レッドクリフ part?」

を鑑賞しました。

part?とは打ってかわり、目を覆いたくなるシーンが多いですが、
某ビジネス誌のインタビューでジョン・ウー監督が語っていたとおり、これは

「生の大切さ」

を説く裏腹のメッセージを伝えたい現われなんですよね〜実は。

そのように見ると、納得、アッパレな作品です。


個人的には、中村獅童と金城武のあまりの役回りの違いにアッパレでしたが(笑)。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 22:28Comments(0)杉岡日記より