プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年07月19日

パフォーマンス・マインド



「パフォーマンスは心から」

(河野真矢子/キリンアンドコミュニケーションズ)


行動のまえにまず問いかけるんだ。


自分の中の「声なき声」に。


自分の中の「心の叫び」に。


そうしたら、自然とパフォーマンスは付いてくるから。


パフォーマンスも最後は心次第。


パフォーマンス・マインド

                        
                      「杉岡日記」より

追伸

今日は、大学関係の仕事で

「山口」

に出張してきました。

バンド時代に(とりわけ九州ツアーの際)

「インターチェンジの売店」

には立ち寄ったことがあったのですが、
街に降り立ったのは、初めてでした。

大村神社にも立ち寄ったりしましたが、
本当に随所に歴史的名所が多く、

「さすがは長州」

と思わされた一日でした。

【本日の出所・オススメ本】

「THE21 8月号」PHP研究所、2009

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(10)杉岡日記より

2009年07月17日

“カンドウ人材”




「教える、伝える」


「見本(背中)を見せる」


「試す、挑戦させる」


「褒める」


そして、最後に


「“カンドウ”する」


このサイクルが私なりの「教育」ポリシー。


そして、「楽習」効果。


汗動。


考動。


CanDo。


これこそがキーワード。


“カンドウ”人材こそが、本当のエリート。

                           
                           「杉岡日記」より

追伸

今日は、私の金曜日の講義の最終回ということで、その

「成果報告会」

京田辺キャンパスで開催しました。

リサーチのために、ヒアリングに応じて下さった方はもちろん、
産官学民他セクターの方においでいただき、本当に素晴らしい門出の場となりました。

いやはや、それにしても、彼らはこの半年間本当によく頑張ってくれました。

素晴らしい!

私の教員としての

「1期生」


の卒業に、ささやかならがら乾杯です。
(未成年のため、打ち上げはジュースでしたが笑)

あっぱれ!


【本日のオススメDVD】

「マンマ・ミーア」

※DVDの映像がなかったため、本の映像で代替しています。







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(3)杉岡日記より

2009年07月15日

守と破、離




守と破、そして離。


伝統とは、守るだけではいけない。


しかし、守ることは大事。


守りながら、破る。


でも、決して離れないこの距離感。


要はバランスなんだ。


禅問答のような、答えのないバランス。


もちろん正解なんてない。


それが伝統。


これが伝統。
                  


                「杉岡日記」より

追伸

今日は、私がスタッフを務めます団体で、
この10月20日に4代目の

「江戸家猫八」

を襲名される

「江戸家小猫」

師匠を京都にお呼びしました。

いやはや、声帯模写って本当にすごいですね~

「鶯」「鈴虫」「カエル」


この3点が18番なのですが、どれもが本物以上の鳴声で、

ただただ、アッパレでした。


祇園のBGMにも最適な、癒しのサウンドです!はい。



【本日のオススメサイト】

落語協会
http://rakugo-kyokai.or.jp/Top.aspx  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年07月13日

グランド(偉大なる)マザー



母校はあっても、父校はない。


母国はあっても、父国はない。


母なる大地はあっても、父なる大地はない。


やっぱり、母は偉大なんだなぁ。


当たり前じゃない当たり前に感謝しよう。


グランド(偉大なる)マザー

          
                     「杉岡日記」より

追伸

毎日暑いですね~

こんな暑い日は

「かき氷」

に限りますね♪

写真は我が家のかき氷機

「きょろちゃん」


かれこれ杉岡家とは30年来のお付き合いです(笑)。

夏だけの「まぶ達」です(笑)。

【本日の出所・オススメ本】

「102年目の母の日」長崎出版、2009



※この本は私の大切な後輩から届いた

「ノンフィクションの本」

です。

まだ30年近くしか生かさせてもらっていないのですが、
ふと見渡すと私の周りには、実に片親の友達が多いことに気づきます。

経験した者にしか、この痛みは分からない訳ですが、
その痛みもそれぞれです。

だから、私は分かったフリはしません。

これが以外と重要な視点だったりします。

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年07月11日

手のひらに幸せを



「明珠在掌」

(禅語)


そう、幸せは「外」でなく、「中」にあるんだよ。


見えてる?


見てないだけじゃない?


手のひらをひろげてごらん。


きっとそこには


「目に見えないたくさんの幸せ」


が広がっているよ。


原石のような幸せ。


キラリと光る幸せ。


両手に持ちきれなくなったら、
お裾分けだってありさ。


手のひらに幸せを。


              「杉岡日記」より


追伸

今日は私のフィールドである新田辺駅は東側にある

「キララ商店街」



「キララフェスティバル」

という一大イベントの日でした。


お天気にも恵まれ、ちょっぴり日焼けもしましたが、
子どもたちの笑顔を見ると、疲れもふっとぶんですよね~


引き続き、「テントの組立て」から「企画の組立て」までできる教員を目指します(笑)!


【本日のオススメ本】

三浦展「商店街再生計画」洋泉社、2008


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より

2009年07月09日

判断力から決断力へ





「判断」


とは、ものごとの良し悪しを知ること。


「決断」


とは、判断した上で、実際に行動するかどうかを決めること。


「何かを決める」


ということは


「何かを決めないこと」


この差は大きい。


最後は


「失う覚悟」


これがないと決断はできない。


「判断力」から「決断力」へ



               「杉岡日記」より


追伸

今日は京都の夏の風物詩

「川床」

で後輩たちと飲みました♪

いやはや、ここで飲むと

「夏が来たー!」

と実感しますよね~

今月末はビアガーデンにも出没予定です笑。

【本日の出典・オススメ本】

羽生善治「決断力」角川oneテーマ文庫、2005

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年07月07日

有意可立





「無意不立(意なくば立たず)」


意とは「will」。


willとは「volo」。


voloとは「志願」。


志願とは「志で願うこと」。


人生には志に賭けないと行けないときがある。


そして、そのタイミングは直感でしか分からない。


声なき声が聞けるよう、心の耳を澄ませよう。


「有意可立」

                      「杉岡日記」より

追伸

今日は某パーティで司会を依頼され、京都はブライトンホテルで

「司会ライブ」

をして参りました。

言葉を使う職業について、はや6年。

どんな場であれ、

「目の前のお客さんを喜んでいただく、一生懸命務めさせていただく」

というスタンスは変わっておりません。

今日も良い

「七夕ライブ」


ができました♪

感謝。

                                              
【本日の出典・オススメ本】

岡本敏子「自分を賭けなきゃ。」イーストプレス、2009


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より

2009年07月05日

明日はあるさ





「過去は変えられないが、


過去にまつわる感情は変えられることができる」


(某心理学者)


つまり、


「事実」は変えられなくとも、自分の「解釈」は変えられるということ。


そして、変えることが難しい「他人」ですら、「影響」は与えられるんだ。


「解釈」に工夫を。


「影響」に希望を。


どんな人でも、明日はあるさ。

                               
                                    「杉岡日記」より
追伸

今日はふとしたご縁で、ギタリストの大先輩

「ウルフルケースケ」

さんと飲む機会に恵ました。

よくテレビと実物は違うと言われますが、ケースケさんは

「良い気味で、全然違う」

人でした。

本当に

「いい女(作詞作曲・ウルフルケースケ)」

ならぬ

「いい男」


でした(笑)。

【本日の出典・オススメCD】

ウルフルズ「ベストやねん」東芝EMI、2007

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より

2009年07月03日

良い加減理論




「秩序が成り立つためには、どこか


秩序が完全に崩れている場所


がないといけない」

(野本真也/学校法人同志社理事長)


要はバランスなんだ。


陰(月)と陽(太陽)。


男と女。


正と負。


右と左。


上と下。


+と-。


この


「良い加減」


が調和の秘訣じゃないかな。

                       
                            「杉岡日記」より

追伸

今週も

「学生を連れて、まちへ出よ」

ということで、地域にお邪魔しています。

今日は

「大学の先生による地域の老人会向けの講演会」

のお手伝いをしながら、地域イベントの現場を見て、その中で、
地域のおじいちゃん、おばあちゃんからお話も伺おう!

ということで、地元の公民館にお邪魔しました。

こういう中で培うコミュニケーション能力が社会では必要なんですよね~


いよいよ前期も終盤戦ですが、時間の許す限り

「地域から学ぶ、社会から学ぶ」

講義を続けたいと思います。


【本日の出典・オススメ本】

佐藤優「国家の罠」新潮社、2007 






  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年07月02日

「面黒い」から「面白い」へ




「面白い」


とは


「目の前」が「明るくはっきりする」


ということ。


分からないことがあるから、分かる楽しみがある。


教育がもし


「分からないこと」が「分かるようになること」


とすれば、それはつまり


「面黒い」状態が「面白い」状態になるということ。


だから、やっぱり


「面白い授業」


を作ろう。


「面白い瞬間」


をプロデュースしよう。

                    
                     「杉岡日記」より


追伸

今日は、もう一つの大学の仕事(職員研修)で

「京都府・綾部市・福知山市・舞鶴市」

の皆さんにお集まりいただき、朝から夕方まで会議漬けでした。

いやはや、それにしても、何度行っても京都の北部は遠いですね~


でも、この特急列車の小旅行は何だか一瞬、

「昭和にタイムスリップ」

した感じになり、個人的には大好きな時空間です。


【本日の出所・オススメ本】

延藤安弘「おもろい町人」太郎次郎社エディタス 、2006 


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(7)