プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年08月30日

ゴールというスタート






「ゴールは、また一つのスタート」
(トータス松本)


そう、私もこの言葉から今が始まった。


そして、その今もまたいずれすぐに過去となる。


未来は現在の足し算。


決して引き算ではない。

                「杉岡日記」より


追伸

「ウルフルズ」



「とりあえず最後」

の勇姿を見届けてきました。


レベルも境遇も違えど、同じような瞬間を味わった者として、
よく気持ちが分かります。


今はとりあえず、この一言だけ贈らせてください。


「21年間お疲れさまでした!」

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年08月29日

聴利き




「会話」ではなく、


「対話」をしよう。


耳が2つあるのはそのためでしょ。


「聞く」


より


「聴く」


ように心がけよう。


話し上手は


「聴き上手」。


「聴利き」


を目指そう。

 
          

        「杉岡日記」より


追伸

今日は仕事の関係で

「綾部」

にきてます。

綾部だけでなく、

「福知山」「舞鶴」

の方もたくさんお出でいただきました。

やはり、京都は広いな~


【本日のオススメ】

「福知山温泉」

なんと露天風呂が3もあります!

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年08月25日

離&接見の見



中からも外からも見えるもの。


中から見えるが外からは見えないもの。


外から見えるが中からは見えないもの。


そして


中からも外からも見えないもの。


いずれにせよ、大事なことは


「物事をたくさんの方向から見ること」


自分自身も


今という瞬間も


色々な窓から、角度から覗いてみることとしよう。


「離見の見」




「接見の見」


両方とも大切。

                       「杉岡日記」より


追伸

気分転換と親孝行、そして両親の結婚記念日のお祝いに

「台湾」

に母と行ってまいりました。

・トイレットペーパーが流せないトイレ
・甘すぎる飲み物
・多すぎる料理
・車優先社会な交通事情


など日本にこんなに近いのに全然違うお国事情に戸惑うこともありますが、


・国立中正紀念堂
・総統府(車窓)
・忠烈祠
・故宮博物院
・台湾101ビル
・お茶セミナー
・足ツボマッサージ


などいわゆる台湾らしい景勝地も訪れることがだき、

「弾丸トラベラー」

のようなスケジュールではありましたが、3日間満喫できました。

そして、何より国民の皆さんの政治への感心度はすごいものがありましたね~

日本ももう少し見習わなければ!!


いずれにせよ、久しぶりに携帯もPCからも解放され、よいリフレッシュ休暇になった次第です♪

謝謝!



【本日のオススメスポット】

「台湾101ビル」

※地上500メートル(89階)まで37秒でひとっ飛び!



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より

2009年08月22日

X気




元気


やる気


本気


根気


そして、


一気。


プラスの連鎖を生むためには、


プラスの気の連鎖が必要。


「プラス×勢い」


で想像以上の創造を。

    
                 「杉岡日記」より


追伸

今日は私が発起したNPOのOBOGと現役生との

「納涼会」

を京都は高島屋の屋上で開催しました。

いやはや、早くも(?)今年2回目の

「ビアガーデン」

でしたが、やはり気心しれたメンバーと飲むのが一番ですね♪

これからもこのコミュニティや機会大切にしたいと思います。


>幹事のS君

今日もスペシャルコーディネートありがとう!


【本日のオススメ本】

斎藤孝「教育欲を取り戻せ」生活人新書、2005

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)杉岡日記より

2009年08月17日

言葉と人、国




「イタリア語は歌に向く言葉。


フランス語は愛を語る言葉。


ドイツは詩を作る言葉。


日本語は、人を敬う言葉」


(讀賣新聞)


そう、日本語には、丁寧語や尊敬語や謙譲語、


それに方言だってある。


漢字だけでなく、ひらがなだって、カタカナでも表現できる。


他の国の言葉では表せない微妙なニュアンスも伝えられる


それが、日本語。


美しい分深いが、日本語を大事にしよう。


言葉を大事にすることが、人を国を大事にすることにつながる。

                                  
                               「杉岡日記」より

追伸

今日は学会発表のため

「福井」

に来てます。

越前そばおいしいですね。

ソースカツ丼もおいしいですね♪


【今日のオススメの逸品】

「水ようかん」@福井







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(2)

2009年08月15日

人生様。



「人間は生き、そして死ぬ」
(チェ・ゲバラ)


だからこそ


生き様、


そして、


死に様


両方とも大事にしたい。


誰もが


「様(ざま)が付けられるような人生」


を歩めるよう、


我々にできること


我々がしなければならないこと


我々が考えなければならいないこと


を考える。
                  

                     「杉岡日記」より
 

追伸

今日は

「64回目の終戦記念日」

でしたね。

というわけで今年は、

「黒柳徹子のトーク&コンサート ピースフルコンサート」

に行ってきました。

「音楽」

という万人に通じる手段で、継続的に活動を続ける黒柳さんの背中にただただ感動でした。

Love & free peace forever.


【本日のオススメ本】

黒柳徹子「トットちゃんとトットちゃんたち」講談社、2001


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(6)杉岡日記より

2009年08月13日

プリンシプル



「プリンシプル(原理原則)」





「ノーサブスティテュート(かけがえのない)」


日本語にしにくくても、態度で示せることがある。


曖昧さも時には大事。


でも、


曖昧さだけではいけない。


毅然とするところ毅然とし、対等に物を言う。


それでいて、自分の非も認める。


背中から語る日本。


歴史から学ぼう。


                      「杉岡日記」より


追伸

今日は吉田茂の右腕として、日本国憲法の草案づくりに携わり、
また、1951年の講和条約のときにも、米国との対等交渉に導き、
現在の経済産業省の礎も築かれた

「白洲次郎」

の旧邸

「武相荘」

に行ってきました。


いや~立地(町田市・鶴川)も素晴らしかったのですが、
私個人としては、やはり

「書斎」

にびっくりしました。

親戚である

「小林秀雄」

の本を含め、本当に勉強家だったんですね~


ますます畏敬の想いが深くなった次第です!


【本日のオススメ本】

鶴見紘「白洲次郎の日本国憲法」光文社、2007

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年08月09日

四現主義



「天・地・人が揃って初めて歴史になる」

(柿沼博彦/JR北海道副社長)


ここに全てが揃ったのには理由がある。


ここら時代が始まったのにも理由がある。


全て必要。


全て必然。


来たら分かる。


来ないと分からない。


それが、現地・現物・現場・現実。


「四現主義」


を貫こう。

      
                        「杉岡日記」より

追伸

今日は、別件の仕事で

「高知(土佐)」

に初めて入りました。


バンド時代に四国にはよく来ていたのですすが、
高知だけはなぜかご縁がなかったんですよね~


いやはや、でもこの街の熱気はすごいですね!

「マンガ甲子園」



「よさこい祭り」


などイベントが目白押しの良いタイミングで訪問できたことも大きいですが、
とにかく、街全体が何だか熱かったです!

関西も負けてられないですね!




【本日のオススメ本】

橋本大二郎「破天荒、大二郎がゆく」講談社、1993




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年08月08日

ココに太陽を



「心に太陽を、唇に歌を」

(読み人知らず)

幸せ、愛情、友情etc・・・


大事なものは目に見えないけど


顔には出る。


声には出る。


歌には出る。


雰囲気には出る。


だから、心に太陽を。


ココに太陽を。


                「杉岡日記」より


追伸

今日は京都のライブの聖地であり、全国のライブハウスのメッカでもある

「磔磔」

にライブを見に行ってきました。

お目当ては、忌野清志郎さんのバックバンドでバンマスも務めた

「三宅伸治BAND(三宅伸治Vo&G、高橋"Jr."知治Ba、大島賢治Dr)」。   

ここに

「ウルフルケイスケ」

さんもゲストとして参加されるということで、思わず応援に駆けつけた次第です。


感想は

「最幸」

でしたね。 


「音を楽しむとは、音楽とはこういう瞬間を言うんだよな~」

としみじみ実感。


久しぶりのライブハウスに、しかもこれまた久しぶりの観客席。

2時間大声で歌い、踊り、疲れもしましたが、最後の

「雨上がりの夜空に」

の大合唱は、感慨深いものがありました。


そして、

ライブ終了後は、川床に。

「京(きょう)の音楽」

に乾杯です♪




【本日のオススメCD】

「三宅伸治/つづく(DVD付) 」

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年08月07日

コトバ力



「私は言葉の世界に住んでいる」
(ビートたけし)


言葉の世界は、言霊の世界。


話し言葉


書き言葉


伝える言葉


伝わる言葉


贈る言葉


言の葉は生き物。


言の葉は生もの。


だから


コトバ力を高めよう。


コトバ力を信じよう。


                    「杉岡日記」より

追伸

今日は

「和歌山大学」

から依頼された集中講義(2コマ)に行ってまいりました。

バンド時代依頼の訪問となる和歌山はとにかく暑かった。

でも、感想文を見ると、

100数十名に私の

「コトバ」

は伝わったみたいです。

少人数には少人数の

大人数の大人数の

伝え方がありますが、大切なことは一緒なのです。


【本日のおすすめ大学】

「国立大学法人 和歌山大学」


http://www.wakayama-u.ac.jp/  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2009年08月07日

2009年8月7日 和歌山大学「現代マスコミ論」

和歌山大学「現代マスコミ論」

日 時:2009年8月7日(金) 
場 所:和歌山大学
講 師:杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)
テーマ:「ソーシャル“自己”プロデュース講座」
URL:http://www.wakayama-u.ac.jp/

※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2009年08月05日

宝は人、人は宝




「まるでミュージカルの宝石箱のようだ」
(劇団四季『55STEPS』)


宝石箱にはキラキラしたジュエリーだけでなく、

キラキラした人を入れてもいいんだよ。


名づけて


「宝人箱」


そのまんまだけど、こんな箱が何よりの宝。


人は宝。


宝は人。


                       「杉岡日記」より

追伸

今日は記念すべき、私の講義の1期生たちが、京都・三条にて

「打ち上げ」

を開いてくれました。

たかが講義、されど講義。

「一回入魂」


で願生(がんば)った証でしょうか。

--学生に慕われる、頼られ、必要とされること--

これが教師にとって最幸の瞬間ですね♪


【本日の出所・オススメ演目】

劇団四季「55STEPS」@大阪四季劇場


今日は学生を連れて、宝石箱を見てきました。

キーワードは

「生きていて良かった」。

まだご覧になっていない皆さんは是非!
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より

2009年08月02日

知○



知我。


知地。


知足。


知無。


知れば知るほど、知らないことだらけ。


分からないことだらけ。


だから、人生は面白い。


知ることは知らないこと。


知らないことは知ること。


たまには、ぼっと


自然の一部になってみるのも良いんじゃない。

                   「杉岡日記」

追伸

学生のレポートの採点も終わり、ようやく一息つけ、
今日は、石川県は加賀市にある

「片山津温泉」

に家族で来ました。

いやはや、久しぶりの露天風呂は最幸ですね。

そして、部屋から見える

「花火」

これも最幸ですね。

たまには、パソコンを開かない日も必要です、はい(笑)。


【本日のオススメ料理】

「料理の鉄人 太田料理長プロデュースディナー」


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(4)杉岡日記より