プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年11月30日

2009年11月30日 未来を切り開く同志社発PBLの挑戦

未来を切り開く同志社発PBLの挑戦 ※政策学部ページ

 


2009年11月30日 発行
発行:同志社大学 教育支援機構
URL:http://www.doshisha.ac.jp/academics/institute/ppsc/index.php

WEB版はこちら  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)掲載記事など

2009年11月29日

2009年11月29日 京都中小企業家同友会11月例会

京都中小企業家同友会 城陽・綴喜支部 11月例会

日 時:2009年11月29日(日) 
場 所:CIKビル
主 催:京都中小企業家同友会 城陽・綴喜支部
講 師:杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)
テーマ:「京田辺における大学と地域との連携」
URL:http://www.kyoto.doyu.jp/   

※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2009年11月28日

年中無急



「焦らず時を待て、待てば海時の日和」

(野村総一郎/精神科医)


新聞でたまたま見つけたよい言葉。


「悩み」という漢字に


「心」という漢字が入っている。


心が下なら、下心。


心が真ん中なら、真心。


心が右なら、恥。


心が左なら、悩。


人生色々。


心も色々。


とにかくポイントは


焦らないこと。


急いてはことをし損じますから。


急がば回れ。


一休み、一休み。

        
              「杉岡日記」より


追伸

今日は、

「京都中小企業家同友会」

という経営者の団体に呼ばれ、講演をしてまいりました。


テーマは

「まちづくり」

だったのですが、本当に熱心に聴いていただき、
こちらがありがたかったです。

懇親会でも、本当に良い意見交換ができ、
非常に気持ちのよい、すがすがしい一日を送ることができました。

この場をお借りして、改めて感謝いたします♪


【本日のオススメカー】

HONDA「FIT」

愛車の調子がいまひとつとなり、車検もあと僅かになったので、
中古ですが思い切って車を買い替えました♪今まで

「日産→トヨタ→マツダ→三菱→suzuki」

と乗り継いできた私ですが、HONDAの車とは初めてのお付き合いですね~(笑)。

これからどうぞよろしく♪





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:29Comments(1)杉岡日記より

2009年11月15日

2009年11月15日 高知工科大学

高知工科大学「ソーシャル・プロデューサー講座in高知(Filmarts映像講習会)」

日 時:2009年11月15日(日) 
場 所:高知工科大学
講 師:杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)
テーマ:「ソーシャル“自己”プロデュース講座」
URL:http://www.kochi-tech.ac.jp/kut_J/index.html

※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2009年11月15日

一体同体




ライスのための仕事より


ライクな仕事をしたい。


ライクな仕事はいつか


ライフな仕事につながる。


ライフワークはバランスじゃないんだ。


「一体同体」


なんだ。


             杉岡日記より


追伸

今日は電車とバスを乗り継ぎ、2回目の

「高知」

入りを果たしました。

今日の案件は大学生向けの講座。

高知の潜在性ははんぱじゃないですね!

かつおも屋台のラーメンもうまかったとです♪


≪今日のオススメ大学≫

「高知工科大学」

私立から公立になった珍しい大学です。


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(6)杉岡日記より

2009年11月06日

2009年11月6日 けいはんな情報通信研究フェア

けいはんな情報通信研究フェア「NECまほろばワークショップ

日 時:2009年11月6日(金)14:00-17:00 
場 所:けいはんなプラザ
主 催:けいはんな情報通信研究フェア2009実行委員会、情報通信研究機構(NICT)、関西文化学術研    究都市推進機構、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
テーマ:皆が変わる、社会が変わる
パネラ: Peter Davis 株式会社 テレコグニックス 代表
    鈴木春菜 京都大学大学院工学研究科 研究員
    新熊亮一 京都大学大学院情報学研究科 助教
    杉岡秀紀 同志社大学 政策学部 講師/まちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」発起人
    土井伸一 NEC C&Cイノベーション研究所 主任研究員
URL:http://klab.nict.go.jp/khn-symp/index.html   

※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2009年11月06日

チャンスとピンチ





「逆境はチャンス、順境はピンチ」

(丹羽宇一郎/伊藤忠商事会長)


人生とは景気。


人生とはジェットコースター。


上がるときもあれば、下がるときもある。


平家物語よろしく諸行は無常なのです。


逆境はこれから伸びるサイン。


順境はこれから落ちるサイン。


だから、心身をしっかり備えよう。

              
              「杉岡日記」より

追伸

今日は

「けいはんな情報通信研究フェア」

というイベントでお話する機会を得ました(パネルディスカッション)。

私以外の登壇者はすべて理系の研究者、外国の研究者ばかりで、良い

「異分野交流」

になりました。

分かりやすいイメージで言うと、アマチュアバンド時代の

「対バン」

ですかね(笑)。

でも、ひょんなきっかけで化学反応は起きますから、
こういった機会は貴重です。

お誘いいただいたNECの皆さんに多謝です。


【今日のオススメスポット】

「けいはんなプラザ」

http://www.keihanna-plaza.co.jp/

近くには国会図書館やわたくの仕事館、また多くの企業研究所があり、
知的な空気が流れています(数年前に同志社のキャンパスも出来ました)。

最近はおいしいお店も少しずつ増えてきており、けいはんな公園も含め、
家族団らんやデートスポットとして、また憩いの場所としてもオススメです♪

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:29Comments(8)杉岡日記より

2009年11月03日

heal the world



「heal」


には


「癒す」


だけでなく、


「直す」


そして、


「解決する」


という意味がある。


「音楽療法」


という言葉では収まりきれない、スケールの大きなメッセージ


「heal the world」


音楽には、世界を一つにする使命があるのかもしれない。


We are the world.


Change the world.


                     「杉岡日記」より



追伸

話題沸騰中の

「This is it」

見てきました。

「King of POP」


この言葉はまさしくMJのためにだけにある--

そう思ったのは私だけでないと思います。


映画館で拍手が起こる。

こんな光景を見たのも初めてでした。


私自身も音楽業界にいたころ、よくMJの曲を聴いていました。

日本のみならず、世界を見渡しても、ここまでの

「エンターテナー」

は空前絶後現れないと思いますが、MJの素晴らしさ、すごさ、
そして、音楽の持つ、言葉では表現しきれないパワーを見せ付けられた、
そんな映画でした。


「感動」とは、永久保存できないから「感動」なのでしょうが、
MJの曲は、これからの人類にとっても、おそらく永久保存版になるのでしょうね。


【今日のオススメ曲】

マイケル・ジャクソン「beat it」


中学校の頃に一番あこがれたギタリストは、リッチーブラックモアでしたが、
高校ではそれが、エディ・ヴァン・ヘイレンに変わりました。

そのエディがこの曲のギターを担当したことを聞いて、
当時よく聞いたものです。

映画の中では、女性ギタリストが弾いていましたが、
もう一度MJとエディとの競演を見たかったな。。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(4)杉岡日記より