プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年12月31日

「関西 WAKAMONO ブルース」

「関西 WAKAMONO ブルース」

作詞:杉岡 秀紀
作曲:岩本 圭介

いつもの電車に揺られ いつもの時刻にいつもの顔
こんな毎日でええんかな

「まぁええやん」で済ます ルーズな俺たち大人や
社会のせいにして逃げてただけちゃう? Oh yeah

「バブル」を知らないからこそ 見えるものもあるやん

★Let’s Sing a Song for You つかみだけじゃなく
天下を取れ 合言葉は 何とかせなあかんで!!
Let’s Sing a Song for You カバンだけじゃなく
日本背負え 合言葉は 何とかせなあかんで!!
さあ行け そら行け みんな行け 関西 WAKAMONO ブルース

理想の大学目指し 一生懸命がんばってきた
こんな目標でええんかな

「なんとかなるさ」でつながる ダサい俺たち子供や
未来のつけにすることで Oh yeah

「ゆとり」の世代だからこそ 言えることもあるやん

★リピート

「無気力・無感動・無関心」 言われてきたけど
「よそ者・若者・ばか者」 底力無限大

何でも東京発は もう終わりにしようや Hey 関西プライド!!

★リピート

※この楽曲は、若者から関西から日本を元気にしたいという、大阪市立大学、関西大学、近畿大学、甲南大学、神戸大学、同志社大学、広島大学、龍谷大学有志の学生の想いを受け、関西出身のミュージシャンであるウルフルズ・ギタリスト岩本圭介とシカゴプードル・元ギタリスト杉岡秀紀がその思いに応える形で創られたものです。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)歌詞集

2009年12月18日

2009年12月12日

共生共育



「共育(ともいく)」


共に育つこと。


共に育てること。


一方的でなく、


常に双方的。


教えることは、学ぶこと。


学ぶことは、教えること。


共にの姿勢を忘れずに。


共に生き、共に育つ。


共に生き、共に育てる。


               「杉岡日記」

追伸

今日は前期に講義で実施した学生の

「アンケート結果報告会」

でした。


私ができることは、


「背中を教えてあげること」


「少し引っ張ってあげること」



そして、

「ほめてあげること」


今日で受講生のみんなはまた一段大人になったかな。



【本日のオススメ本】




舛添要一「舛添メモ」、小学館2009

※社会保険庁改革に携わったものとして、必読でした。

舛添さんはやはりすごいですね。

私が霞ヶ関にいるときに、担当大臣は3回変わりましたが、
厚生労働大臣は1度も変わりませんでした。

その理由はよく分かる1冊です。


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(14)杉岡日記より

2009年12月10日

2009年12月10日 京都田辺ロータリークラブ例会

京都田辺ロータリークラブ例会

日 時:2009年12月10日(木) 
場 所:CIKビル
主 催:京都田辺ロータリークラブ
講 師:杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)
テーマ:「霞ヶ関から見えた地方~内閣官房行政改革推進本部事務局の経験から~」
URL:http://www.kyototanabe-rc.com/index.html    

※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2009年12月10日

脱当入感




「感謝」の反対は何でしょう?


不平?


不満?


愚痴?


文句?


悪口?

・・・全て不正解。


岡部賢二氏(フードメディカル・コンサルタント)いわく、


それは


「感謝の反対は当たり前」


という。


なるほど。


当たり前と思うことをまずやめないといけないのか。


そうすると、自然に出てくる。


感謝する気持ち、


感激する気持ち、


感動する気持ち。



「入感」するためにも、まずは


「脱当たり前」


を目指そう。

                   「杉岡日記」より


追伸


今日は

「ロータリークラブ」

さんにお呼びいただき、

「30分間」

お話をしてまいりました。

本日のテーマは、

「霞ヶ関から見た地方」

このテーマでお話するのは、初めてでしたが、
経営者の方々と色々と意見交換ができ、楽しかったです♪


【本日のオススメ本】

島田紳助「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学」幻冬舎、2007

少し古いですが、オススメです。


「15歳のときに親父が買ってくれたときの喜びを越えたい」


この感動を超える感動を求めて島田紳助は様々な挑戦をしてたんですね~

沖縄にある彼のお店、今度一度行って来たいと思います。

「感動」

を求めて。


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:58Comments(1)杉岡日記より

2009年12月02日

右手に〇〇、左手に〇〇




「片手に論語、片手に算盤」

(渋沢栄一)

これはかの経営の神様の言葉。


男と女。


左と右。


新と旧。


文系と理系。


デジタルとアナログ。


理論と実践。


要は、何でもバランスが大事ということ。


では、


左手に夢なら、右手は??


右手に時間なら、左手は???

               
  
              「杉岡日記」より


追伸

今日は、いな「京」は、京都府の職員による自主勉強会組織

「たんぽぽの会」

にお呼びいただき、私の研究テーマの一つでもある

「地域公共人材」

について、お話をしてきました。

夜遅くにも関わらず、多くの方にお集まりいただき、
皆さんの熱心さに感動した2時間でした♪


【本日のオススメ本】

富野暉一郎・早田幸政編「地域公共人材教育研修の社会的認証システム 」日本評論社、2008

私の職場のボスが上梓された本です。

アカデミックな本ですが、普通の教科書とは違うダイナミズムがあります。

こういう本を書きたいですね~

いやはや、いやはや。

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:58Comments(0)杉岡日記より

2009年12月01日

2009年12月1日 たんぽぽの会

たんぽぽの会

日 時:2009年12月1日(火) 
場 所:京都府庁 NPOパートナーシップ室
主 催:たんぽぽの会(京都府の職員による自主勉強会組織)
講 師:杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)
テーマ:「これからの地域づくりに求められる公共の人材とは」


※終了しました  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など