プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年04月17日

【書評】『こんな大学で学びたい!』



山内太地「こんな大学で学びたい~日本全国773校探訪記」新潮社、2010

【書評】

「マンモス大学のご多分に漏れず適当な教育をしていたため、
その怒りから大学研究家・山内が誕生した」(p.154)


とあるように、全ては著者の大学時代の「怒」からスタートしている。

しかし、それにしても、その大学を説得するために、日本全国にある

「773大学」

全てを見学するというのは尋常ならざる行動力である。

それも、大学時代だけで、すでに約半分の300大学の見学を済ませたという。

その移動費用はどこから調達したのかは、本文に書かれていなため分からないが、
とにもかくにも

「研究(者)魂」

を感じざるを得ない一冊である。

机上の空理空論を垂れ流す研究者もまだまだ多い中、著者は大学の先生ではないとはいえ、
大学の研究者自身も頭の下がる姿勢である。

ところで、その見学の際のポイントとは一体何であろうか。著者によれば、それは

「自分がその大学の学生になった気分でキャンパスを歩く」(p.25)

だという。そして、著者が300ページの本文の中で判断基準にしているのが

・「学生が食堂と図書館で空き時期間に喋れる場所があるかどうか」
・「学園祭の中に学術的な発露の場があるかどうか」
・「大学の情報をきっちりと外部に公開しているかどうか」
・「大学や学部の名称も含めてオリジナリティがあるかどうか」
・「偏差値だけでなく、教育力・就職力・研究環境で勝負できているか」


という5点である。


当然、773大学に全て足を運ばれているとはいえ、実際に

「ステークホルダー(全大学の学長や職員、学生、OB、保護者)」

などの声を拾っているわけではない。

そういう意味では、この本はあくまで著者の主観に過ぎず、客観性は乏しいとの声もあるだろう。
(特によく書かれなかった大学などは)

したがって、この手の本は、批判も多くでると思う。

しかし、単に有名かどうか、偏差値が高いかどうかだけでなく、受験生も含め、
社会が大学をどの視点から見れば良いか、という

「オルタナティブ(もう一つ)の軸」

を全大学を対象に分析した点は、文部科学省の調査を除けば、かなり貴重だと思う。

(実際、読売新聞の「大学の実力」調査や、日本経済新聞による「地域貢献度ランキング」
など様々な切り口の全大学対象の調査があるが、回答率はいずれも100%でない)


「本書はまず受験生を含む中高生に読んでほしい。
皆さんが学校で勉強している世界は、学問の宇宙の、ほんの入り口なのだ。
大学にはその先の宇宙が広がっている。科学、技術、ビジネス、芸術、文学など
本書に登場する様々なな大学の姿に、将来の夢を馳せてほしい」(p.2)


これは筆者が「はじめに」で述べているターゲットとなる読者層へのメッセージだが、
まさにそのとおりである。

私もこのような本を高校3年のときに読んでいれば、もしかすると違い人生を歩んでいたかもしれない、
といえば、ちょっと大げさだろうか。
(ちなみに、同志社に対する記述は6行しかなかった(苦笑)←これでも多い方)

また、この本の発売後、著者の出身大学が変わるかどうか、これもひそかな楽しみである。

                                        「一日一書」




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:26Comments(6)大学生に薦めたい一冊