プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年05月01日

ホットドックの功罪



                           「一日一食」

【コメント】

IKEAの

「ホットドッグ」

って安くておいしいですよね?

お店で食べると、なんと

「100円」。


ここにドリンクをつけても、

「150円」。

某Mナルドでどれだけ安く買い物をしようと思っても、

・バーガー100円
・ドリンク100円



「計200円」


ですから、お得感があります。

で、本題は、この後でして、実はこのホットドックは家で作る

「ホットドックセット」

という販売用のセットも売られています。内容は

ホットドッグバンズ 1袋(10本)
冷凍ソーセージ 2袋(10本)
ローストオニオン 1個
ピクルス 1瓶。


これで値段が

「1295円→1090円(割引価格)」

つまり、一本あたり

「109円」

ですから、一見すると、

「安い!」

と思っちゃいます。

でも、本当にそうでしょうか。


この回答には、以下おそらく大きく2種類の考え方があります。

①そもそもこれらの商品はコスト度外視で、まずお店に来てもらう戦略として低価格で提供している。
→「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」的な世界で、このホットドックを呼び水にして、他の商売で設けている、という例のあれです。

②企業として微々たる額でも利益を出すギリギリの価格設定で提供している。


このうち、ここでは、②の場合を考えてみます。


店頭用でも販売用でも約100円。

これは確かに安い。

しかし、ここにはよく考えるとからくりがありますよね。それは、

「このセットの価格は、人件費をマージンに回しただけで、実際は店頭商品よりも儲かるのでは?」

という可能性です。

つまり、藤原和博氏・宮台真司氏の「よのなか」からの計算式で言うと、店頭商品の100円のコストは、

・原材料費:35円
・人件費:25円
・家賃:10円
・光熱費:5円
・広告宣伝費:5円
・その他:10円
・利益:10円

という風に考えられます。

これが、販売用になると、

・原材料費:35円
・人件費:0円
・家賃:10円
・光熱費:0円
・広告宣伝費:5円
・その他:10円
・利益:40円

となっているのでは、という仮説です。

つまり、同じ100円でも、店頭用より、販売用の方が売れば売るほど儲かるということですね。

しかも、店頭用の商品には、ある意味

「試食的(広告的)」

な要素があり、もしこれがもし呼び水となれば、単純に2倍売れることになります。


というわけで、色々書きましたが、最終的には私が言いたいことは、

「店頭で食べた方が得をする」


ということです。

なぜなら、それはIKEAの利益云々ではなく、上記のセットには、

「マスタードとケチャップが付いていない」


ため、ケチャップは家にあるとしても、パン用のパスタードを家にない。

つまり、これはあえて購入しなければ、おいしさを再現できないからです(笑)。
(ちなみに、普通のからしでは辛すぎました苦笑)

したがって、私がホットドック10個を食べるに要した費用は、

・セット代 1090円
・マスタード代 238円

しめて

「1328円(1本あたり約133円)」

でした(電車代を入れるとさらにあがりますね)。


毎度あり~笑。


(参考文献)

藤原和博氏・宮台真司氏の教科書「よのなか」筑摩書房、1998





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:54Comments(6)杉岡日記より