プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年01月11日

「リアル熟議in京田辺」レポート

「熟議力と大学」

 去る2011年1月10日に「リアル熟議」の舞台となった京田辺シュタイナー学校と、同志社大学(京田辺キャンパス)とはお隣さんの関係にありながら、正直今まであまり交流がなかった(筆者は京田辺でまちづくりのNPOを主宰し、清掃活動などを通じ、個人的には仲良くさせて頂いていたが、当然大学を代表する立場にはない)。例えで言えば、そこには、高等教育と初等・中等教育の間に流れる「ルビコン川」が流れていた。

 しかし、結論から言えば、今回の熟議への参加を通じ、この両者の間にはいま「共通の言語」が芽生えようとしていることを確認できた。そして、それは言わずもがな、単純に「教育」という2文字では完結し得ない、言わば今日的な教育課題を克服するための共通言語である。

「いかにより良い学校をつくり、未来を担う子どもを育てられるか。お上に与えられる教育を脱し、地域や市民が参画していくか。そして、そのために私たちは何ができるか」
 
 これは今回の熟議で配られた資料からの引用であるが、言うまでもなく、これは今日の大学にも共通する課題意識である。

 というのも、我が国の大学は今まで最高学府として、あるいは最後の教育機関として、教育・研究に勤しんできたが、時代は移り変わり、当今の大学には、高等教育としての顔だけでなく、「地域の大学」としての姿が求められるようになってきているからである。
 
 この時代の大きな変化に伴い、大学教育ももはや「大学教員だけが一方的に教える教育」だけでなく、「地域社会(地域住民)から教えてもらう教育」「実社会での体験や経験から学ぶ教育」「学生同士が学び合う教育」といった、いわゆる「新しい(大学)教育」へチャレンジする必要性、重要性が声高に叫ばれるようになっている。換言すれば、「シティズンシップ教育」や「キャリア教育」という言葉だけでは完結しない“はみ出し”をどう埋めるのかという課題を突き付けられているということである。
 
 そのような視座から今回の熟議での体験を振り返ってみると、実に大きな発見があった。
 
 それは、一言でいえば、「熟議力」とも呼ぶべき、熟議を通じて身につく「力」の発見である。 

 この「力」を筆者なりに因数分解してみると、たとえば、「相手との共通点を見つける力(審美眼)」、「相手を理解し、良いところを引き出そうとする力」「キク(聞く・聴く・訊く)力」、「自分の考えを相手に伝える力」といった「力」をこの熟議を通じて各々が獲得あるいは確認している実感を得た。

 また、何より、「一つの目標に向かって、協働する力」や、「ノーサイド」ではないが、議論が白熱しても最後は許す力、すなわち、人間が生きていく上で最も必要な「愛(地域愛・隣人愛などを含む)」までも再考できる “余白”や“伸びしろ”をも感じた次第である。繰り返しになるが、こうした力は、座学や教科書だけで教えることは不可能である。

「諸君の議論に愛の油を加えよ」。

 これは同志社大学の校祖・新島襄の言葉である。地域や立場、また年齢や男女を超えて議論することが得られる「熟議力」にもっとも必要なもの、あるいはそのヒントになる道しるべとなるものを、いみじくも校祖は130余年前から唱えていた。

 大学教育はまさに今まがり角。今回の熟議から学んだ視点を謙虚に大学に還元しつつ、自らがその橋を架けられる存在になれるよう、引き続き邁進して参りたい。


杉岡秀紀(同志社大学政策学部講師)
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど