プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年02月22日

有違の知

「携帯電話」と「コンビニ」について考えてみる。

いや、正確には、

「携帯電話」と「コンビニ」から考えてみる。



というのも、2月6日~20日まで日本を離れてみて、いろいろな気づきがあったからだ。

「携帯電話」と「コンビニ」

この2つにまず共通するのは、

「あれば便利なもの」

いな、今は

「生活になくてはならないもの」

といった方が正確だろうか。


しかし、私は今回の欧州渡航でつくづく思ったのは、

「あれば便利だがなくても決して困らない」

あるいは

「なくても生活はできる」

ということである。


至極当たり前のように聞こえるかもしれない。

いや、しかし、そうだろうか。

そう感じれるのは、もしかしたら、

「携帯やコンビニのない時代を知っている人」

に限られるのだろうか。


これが今回の仮説であり、キーテーマである。


まず携帯電話の方は、日本に初めて登場したのは、

「1970年の大阪万博」

のとき。

しかし、実際に実用化までされたのは、

「1979年の自動車電話(電電公社)」

から。そして、爆発的にヒットするのは、

「1996年のNTTムーバの小型機種」

が登場してから。そして、現在そのユーザー数はなんと

「117,060,900(2010年12月 電気通信事業者協会調べ)」

ということなので、これについては、単純に割れば

「ほぼ国民ひとり一台」

という計算になる。


他方、コンビニ日本に初めて登場したのは、1976年のセブンイレブン。

そから34年の歳月が経ち、1990年以降に爆発的に増加。

今やその数

「43393(2011年1月 日本フランチャイズチェーン協会調べ」

となっている。

郵便局の数が

「約25,000(正確には、24,529。2011年1月現在)」

なので、この数字がいかにおおいかは想像に堅くないだろう。

そして、利用者数は、延べで

「1,079,920,000」

これは、単純に割れば、

「国民ひとりが1年に最低10回程度」

使っていることになる。



ここまでは単なる数字のご紹介で、私が今回が海外で感じたことであり、お伝えしたいことは、

「日本人にとってあまりにも当たり前だけど、日本を一歩外に出ればそれは当たり前ではない」

ということ。これはそのままのことなので、コメントはいらないだろう。


したがって、私が言いたいのは、

「小さいころに携帯もコンビニも当たり前でなかった私」

は耐えられるが、もしかしたら、

「小さいころから携帯もコンビニも当たり前でなかったあなた」

がいるとすれば、それはもしかしたら耐えられないものになるのではないか、ということである。


言い換えれば、

携帯やコンビニが全くない時代に生まれ、今もその恩恵をあまり受けていない世代を「第1世代」

携帯やコンビニが全くない時代に生まれたが、気付けばその恩恵を預かっている世代を「第2世代」

携帯やコンビニが当たり前の時代に生まれた、その恩恵を預かったことのない世代を「第3世代」

とすれば、この第1・2世代と第3世代の間には、ものすごい

「キャズム(溝)」

があるのでは、とういことである。


なぜこんなことをグタグタ書いているかと言うと、私が今大学で教えているのは、まさしくこの第3世代であり、

「無知の知」

ならぬ

「有違の知」

を知っておかないと、共通の言語や価値観を築けないと考えたからである。


そして、このことはまさしく

「戦争と平和」

についても当てはまると思う。


昨年平和のイベントを共同発起人として京都で起こしたのも、その何かもやもやとする焦燥感からであった。


つまり、我々第2世代には第3世代に

「何か伝えなければならないメッセージ」

がある。

それは一言で言い表せないけど、そんな何か大げさな焦燥感に襲われるのである。


今回の海外渡航を通じて、もちろん

「空間的な違い(ギャップ)」

についても大きく感じること、考えることはある。


しかし、それ以上に

「時間的な違い(ギャップ)」

の重要性について再確認できたことは、大いなる気づきであった。


講義を通じて、また、これからの人生を通じて、この

「有違の知」

について、考え続け、発信し続け、議論を続けよう。


そのためにもまずは


「つれづれなるままに感じること」

この直感を大事にすることが大事である。


自戒をこめて。



時間差の時差のせいか、こんな時間にふと書き留めておきたくなった杉岡でした。




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 02:22Comments(2)杉岡日記より