プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年03月28日

京田辺散策企画 トークライブ

京田辺散策企画 トークライブ

日   時 :2011年3月29日(火) 15:00~
会   場 :同志社大学京田辺キャンパス紫苑館食堂
主   催 :京田辺散策実行委員会
講   師 :杉岡 秀紀(同志社大学政策学部 講師)
テ ー マ:「面白きなき大学を面白くすみなすものは自分なりけり」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(4)講演・講座など

2011年03月25日

生き方教育研究会 セミナー

生き方教育研究会 セミナー

※本講演は、生き方教育研究会の会員向けの講演です。   

日   時 :2011年3月26日(土) 13:00~17:00
会   場 :寝屋川市民活動センター
講   師 :杉岡 秀紀(同志社大学政策学部 講師/ソーシャルプロデューサー執行役員)
テ ー マ:「ミッション・ポッシブル~汝、己をプロデュースせよ」

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(0)講演・講座など

2011年03月05日

秋田光彦著『葬式をしない寺』 新潮新書、2011

秋田光彦著『葬式をしない寺~大阪・應典院の挑戦』 新潮新書、2011













「お寺=お葬式と除夜の鐘」

「神社=初詣、結婚式」


いつしか、このような先入観が日本には広がってしまったのではないだろうか。

いや、もしかしたら、お寺と神社の違いすら曖昧になっているのかもしれない。

しかし、本著のp.14で秋田住職が指摘しているように、お寺と葬式との関係が生まれたのは、明治近代の民法による

「家制度」

からである。

すなわち、まだ100数十年の歴史しかない。

にも関わらず、お寺=葬式、言いかえれば、

「葬式仏教」

というレッテルが貼られたのはなぜなのか。

秋田住職はその原因を

「かつて地域の中でお寺が果たしてきた公益の役割、すなわち、学び・癒し・楽しみの生活文化、
つまり、人間らしく生きるために必要不可欠ないのちを支える機能であったが、それらの多くを
行政あるいは商業的なサービスに奪われてしまったから」


とこの本の中で再三指摘している。


つまり、お寺はかつて

寺子屋にはじまる「教育機関」であった。

四天王寺の四箇院(敬田院・療病院・施薬院、悲田院)にみるように「総合医療福祉機関」であった。

能や狂言の奉納の場、すわち「芸術文化の発信機関」であった。

そして、戸籍の管理をした時代もあり、「行政機関」としての顔もあった。

加えて、境内を地域に開放することで、お寺自身が銭湯や家の縁側のような「公共空間」でもあったのである。

したがって、本著のp.48で秋田住職が指摘しているように、この大阪・應典院の活動というのは、
先進的でも特殊でもなんでもなく、

「お寺本来の姿であり、いわばお寺の本卦還り」

にすぎないということになる。


しかし、8万数千あるお寺のうち、このような原点あるいはお寺の最大のミッションを理解し、
実際に冠婚葬祭以外の活動を展開するお寺の数は多くない。

だからこそ、この本の

「葬式をしないお寺」

という逆説的な、あるいは、否定語を使ったタイトル自身にものすごい価値、
かなり強烈なメッセージが隠されていることが分かる。

このひねりが筆者としてはまず面白った。


ただ、日本のNPOやNGOもそうであるが、重要なことは

「ない、しない」

を語るだけでなく、それではその代りに何が(を)

「ある、する」

のかを語ることである。


そして、そのヒントは秋田住職自身の言葉

「お寺の本卦還り」

に見出すことができる。


すなわち、

・劇場がある寺
・日本一若者が集まる寺
・出会いをつなぐ寺
・生死老病のコミュニティを再考する寺


などなど

「様々な形容詞がつくお寺」


がこの應典院ということになるのである。


そして、秋田住職はこれらを総称し

「呼吸するお寺」

と命名しているが、私なりにキャッチコピーをつけさせてもらえば

「十一面観音寺」「千手観音寺」

とも言えると思う。

つまり、遠くから見ると、1つの体にしか見えないのが、近くから、また、横から見ると、
様々な顔や手を持っている、それでいて、それ自身はまったくもって邪道ではなく、
まさにお寺の本質的な立ち姿であるのが、この應典院と言えるという訳である。


というわけで前置きが長くなったが、ここで章立てを紹介しておきたい。


全体の章立てとししては、

第1章「葬式をしない寺」
第2章「寺は死んでいるのか」
第3章「呼吸する寺」
第4章「日本でいちばん若者が集まる寺」
第5章「寺こそ、生死をつなぐ拠点」
第6章「寺の明日、仏教の未来」


の6章立ての構成となっている。

そして、私が最大の特徴として感じたのは、この本が単なる一寺院の活動紹介で終わらず

「なぜこのような活動をするのか、しなければならないのか」

という問題意識を

「寺の住職の息子として生まれた秋田住職のライフヒストリーという内部視点」



「オウム真理教による国民総宗教不信と阪神淡路大震災がその限界性と可能性を加速化させた、という外部視点」

の両方が重ねがなら描かれている点である。


当然この中で秋田住職自身の苦悩や悩みも紹介されている。

たとえば、こんな下りがある。

"建前であっても宗教家には「救済のプロだ」という自覚なり自負があったはずなのですが、それがこの被災地では言葉だけの脆弱なものであることを嫌というほど思い知らされます(p.52)”

"「爆裂都市(略)」はコケて、会社は破綻、借金返済に首が回らず、一時はサラ金に通う経験もしました。
金銭トラブルが原因でし、周囲から見限られ、心身症になってしまって、何日間も自室から出られなくなたこともあります(p.120)”

“当初は「お葬式をしないお寺」「日本初のNPO方寺院」と華々しく新聞上をにぎわせましたが、実際はほとんど誰もを足を踏み入れず、閑古鳥の鳴く状態が続きました(p.78)”


このようなエピソードから何が見えてくるか。

それは「今」だけを切り取ってみれば、成功していると言われるモデルも、実は秋田住職の苦境や挫折から生まれたある意味偶然の産物という側面もあるということ。

そして、應典院の設立後も、強いお寺の原点回帰への思いだけでなく、実にトライ&エラーを繰り返しながら、つまり、少しずつ改良が重ねられたという「過去」があって、「今」があるということ。

こうしたシャドーメッセージがこの本を読むと実に明瞭に浮かび上がり、翻って、その「過去」にタイムスリップするプロセスを経て、はじめて見える「輝き」があることも感じざるを得ない。


また、このことはいみじくも、

「日頃は説法される側の高邁な立場と思われがちなお寺の僧侶」

も実は、最初から高邁であるわけではなく、様々な人生の紆余曲折や辛酸をなめながら、
今の立場があるということ、すわわち、それは

「等身大としての僧侶、一人間としての弱さを持った僧侶の姿」

を吐露していることにもつながっている。


したがって、このような形で秋田住職が公式に自身の「過去」やマイナス面をさらけだすことは、

「應典院の現在価値や将来価値」

を高めるだけでなく、実は、プライドや威信など失うものをきっとあったはずである。

しかし、ここにはそれらの点を差し引いても出版すべきと判断された秋田住職の心意気が確かに存在する。

これこそがこの本のすべてであり、また最大のメッセージ、そして、果実ではないだろうか。


2002年に1年間弱秋田住職のそばでインターンを経験させて頂き、様々な薫陶を受けた者として、
これからもこの「呼吸するお寺」の空気に触れながら、できる限りの応援もして参りたいと思う。


杉岡  

Posted by 杉岡 秀紀 at 16:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊