プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年08月28日

ドットジェイピー 「ワークショップ.jp」

ドットジェイピー 「ワークショップ.jp」

日   時 :2011年8月28日(日) 13:00~15:40
会   場 :福島区民センター
主   催 :NPO法人ドットジェイピー
講   師 :青柳 沙都也さん(ALSA関西 代表)、市橋 拓さん(学生維新 の会 代表 )、今井 紀明さん(Dream×Possibility 共同代表)、西野 毅郎さん(同志社大学 特別講師)、及川 桃子さん(COBALT 代表)杉岡 秀紀(きゅうたなべ倶楽部 元代表)、柳沢 洋行さん(AArrow AD Japan 代表)、寺岡 重人さん(KOBE GROOVE CRADRLE 副理事長)
テーマ :「20歳ころの社会問題についてのアクション」
参加費 :無料
そ の 他:本企画はドットジェイピーのインターン生向けの企画です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2011年08月27日

温泉とお茶の共通点を考える

温泉とお茶の共通点を考えてみる。

なぜこの2つか。

それは単純にこの両者が私は大好きであり、ただ単純に
その魅かれる理由を自分なりに考えてみたいと直感で思ったからである。


結論から言えば、共通点は5点あると思う。

まず一つは、

「両者とも水」

であること。

これは誰もが指摘できることであり、新規性はない。

しかし、これを商売、つまり、良い意味での「水商売」にして成功するケースもあれば、
失敗するケースもあるのが現実の姿である。


2点目は

「癒し」

効果である。

ナトリウムやカリウム、カルシウム、あるいはテアニンやタンニン、カテキンetc
など細かい成分は横に置いておくとして、要は両者ともに

「体のマイナスをプラス、あるいはプラスマイナスゼロに」

する傾向がある。

一次流行った

「マイナスイオン効果」

あるいは

「心と体のビタミン」

とも言えるかもしれない。


3点目は

「つなぎ」

効果である。

銭湯や縁側、お寺の境内などが昔、地域のコミュニティの場であったことはよく知られたことだが、
銭湯や温泉という場所は「一期一会」も含めて、実に多様なコミュニケーションの機会が生まれる。

そして、お茶にもそのような効果がある。

昨年裏千家の千玄室大宗匠とご一緒させていただいたときに、

「外交の手段として、利害対立を和らげる一つとして、一杯のお茶が貢献できることがある」


と語っておられた。

事実北朝鮮と韓国の首脳が会談する際などに大宗匠が呼ばれ、お茶を振るまった、
という事実もあるという。

ちなみに、大宗匠には、ただ、大学の先輩であるだけでなく、自身の特攻隊での経験から

「一碗からピースフルネスを」

をスローガンにお茶を使った平和外交を多く展開されてこられ、お茶人としてだけでなく、
教育者として、哲学者として、またあるときは政治家としての顔も持っていらっしゃる。

4点目は

「色」

である。

温泉もお茶も実に様々な色を見ることができる。

たとえば、一言に「緑色」と言っても、濃い緑や薄い緑があるように、実に千差万別、まさに

「色々」

である。

そういえば、昔家族旅行で行った温泉が硫黄で、子ども心にその匂いと色は強烈すぎて、
その時は入れなかった苦い記憶がある。。


最後5点目は、

「ホッと効果」


これは、お茶のお点前にも相通じるところがあるが、お茶を飲むとき人間は刀を持たない。
同様に銭湯であれ温泉であれ、湯船に浸かるときも刀は持たない。

人間というのは、ややもすれば、学歴や肩書きなどで上下関係ができやすく、
その関係は仕事を離れても続くことが多い。

そのような中で、この両者は

「この瞬間、あなたと私は同じなんですよ」


という関係性を保証あるいはメッセージを発信してくれる。

お風呂関連用語に昔から

「裸の付き合い」

という言葉が残っており、それが人間関係の一つのバロメーターになっているのも、
その表れではないだろうか。


これを書きながら、もう一つ、6つ目を見つけてしまった。

それは、漢字にも現われているが、

「自然への畏敬」


である。

「温泉」という「漢字には、「水」という漢字(二回)、「日」という漢字が入っている。

そして「茶」という感じには、「草」という漢字、「木」という漢字が入っている。

つまりは、

人間があって、これら自然があるのではなく、

自然がまずあって、次に人間があるということである。

この気づきは東洋思想なら当たり前だと思うが、

「和魂洋才」

になってしまった今の日本にはきちんと響くだろうか。


というわけで、以上今日は福知山温泉を出た後、宇治茶を飲みながらの雑感を記した次第。

いやはや、まさに雑感に相応しい内容であった笑。

名は体を現すのだ。


すぎおか拝


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2011年08月25日

圧倒的エピソードを持て

「圧倒的エピソードを持て」


これが幻冬舎の見城徹氏とサイバーエージェントの藤田晋氏の

『憂鬱でなければ仕事じゃない』(講談社、2011)

を読んだ最大の読後感である。



見城氏がまだ角川書店の新入社員だったときのエピソード。

尊敬する石原慎太郎氏にどうしても角川で書いてもらいたい、
先輩や同輩ができなかったことに挑戦したい。

この思いの中で一営業マンにすぎない彼は

「44本のバラを持っていき、石原氏の代表的著作を全て暗記し、その場でそらんじる」

このような行動を取った。

心理学の登場を待つまでもなく、人間関係にとって最初の印象というのは、重要である。

また男はふつう花をもらう機会は少なく、また同性からとなるとさらにすくなくなる。

そして、

「ギャップ」

が大事なのである。

このギャップをうまく使えば、人間関係構築のマーケティングになり得るのだ。


彼がとった行動は

「私はあなたに興味と関心がある。尊敬している」

というメッセージを花に託し、そして、

「私は本気であり、誰にも負けない」

というメッセージを暗唱という努力に託した。

当然、石原氏は、この初対面の営業マンに感動し、快諾をしたという。


このような

「圧倒的エピソード」

が大事である。


ヒトと比べることが重要なのではない。

誰もができない

「絶対的五感」

が重要なのである。


そこで、クラーク博士の言葉にあやかり、自戒も込めて、今日はこの言葉で締めたい。

とりわけ、就活生、そして、新人の社会人に響く言葉。


「青年よ、圧倒的エピソードを持て」


当然だが、これは社会のためにマイナスになるエピソードは含まれない。

当たり前だが、今の時代では大事なことかもしれないので、付言しておきたい。


すぎおか拝





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 09:12Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2011年08月24日

おやま力

仕事-「お」仕事。

食事-「御」食事。


たった一文字増えただけなのに、

「御(お)」


が入るだけで、その価値は全然違うものになる。


間(ま)が合うことはよく

「間に合う」


間(ま)が合わないことは

「間抜け」


と呼ばれる。


たかが接頭語、されど接頭語。


「お」や「ま」を笑うものは、きっと「お」や「ま」に泣くだろう。

「お山の大将」


は良いとしても笑、

「おやま~」

と言われないように笑、

「お抜け」

にならぬよう、まずは尊敬の接頭語を尊敬することから始めよう。


親しき仲にも礼儀あり。

まずは

「おやま力」

から。



すぎおか拝



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より

2011年08月21日

私の読書論~ばびぶべぼの効用~

読書について考えてみる。

私にとって読書とは、仕事であり、趣味であり、そして何より成長の糧である。

読書法で影響を受けたのは、安岡正篤氏の読書観である。

それは、

①専門書を読む
②時代・時流を扱った書物を読む
③人間学を高める書物を読む


というものだ。私の場合、

①に関しては、公共政策や政治学、行政学、大学(高等教育)やキャリアに関する書物や論文など
②に関しては、新聞や書店で売れている新書や週刊誌、思いがけず手に取ったパンフレットなど
③に関しては、「到知」「PHP」という雑誌や、経営者や歴史について書かれた本など

がそれにあたる。

このバランスが大切である。

目標は、

「1日1冊」

薄いものや短いものでも構わない。とにかく総合して、

「年間300~400冊」


が自分のノルマであり、楽しみにしている。


ちなみにこのカウントの中に新聞は含まない。

新聞は1日分で全ての文字数から言えば、新書一冊分くらいあるそうである。

しかし、これをカウントしてしまうと、あまりにも容易に達成できてしまうので、含まないようにしている。


ところで、読書の効用とは何であろうか。

考えてみると、あまりにも多すぎて、おそらくそれは星の数だけあるのではと思うくらいである。

そこで、あえて一度自分なりの頭の整理をしてみた。

結果は以下のとおりである。

①バイタリティ(生命力)
②ビタミン
③分
④勉強
⑤冒険心


①バイタリティ(生命力)、②ビタミンについては言葉を足す必要はないだろう。

要は読書は明日への活力となるのである。

③分と④勉強については少し解説がいるかもしれない。

まず分というのは、自「分」の分である。

読書を通じて、私は、ソクラテスの言う「無知の知」、つまり「知らない自分の存在を知り」、
未熟の「自分」と遭遇する。

この「傷つき」が重要である。

なぜなら、「傷つき」が「気づき」となり、「気づき」が「築き」になると思うからだ。

私は経験則として、

「成長は-からしか始まらない」

と思っている。

本を読むたびに、自分の無力さ、不勉強さを知り、もっと勉強したいと思うのである。勉強は

「勉めて強いる」

とはよく考えられた感じである。

最後の⑤冒険心は、この③④と受けて、プラスの自分である。

知らないことを知れたときの感動は、言葉で言い合わせない感動がある。

「なるほど!」

「そういうことだったんだ!」

こういう瞬間こそが私は

「学びの瞬間」

であり、

「成長の瞬間」

であると思っている。

何より教師として教壇に立つものとして、講義を通じて学生に伝えたい感覚というのは、
まさにこの感覚なのである。

これを

「alive(生きている)」

で伝えられる職業に着けた私は幸せものである。

そして、これはプロの音楽道から学んだ私オリジナルな境地でもある。


ところで、私の好きな作家のひとりに内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授)がいる。彼は本の中で

「論文は贈与である」

と繰り返し強調されている。

この意見には強く賛同できる。

そして、私なりあえて付言させてもらえば、それは論文だけでなく

「読書を通じた智慧」

もまた贈与されなければならない、ということである。


生涯学習という言葉もあるが、私が好きなのは、相田みつを氏の

「一緒勉強、一生青春」

という言葉である。

このように一生勉強しながら、先人から受け継いだ智慧を未来につないでいくのが、
読書の効用や喜びを知った人間の義務であろう。

喜んでこの読書を通じた

「恩送り」

を続けてまいりたい。

すぎおか拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 14:09Comments(0)杉岡日記より

2011年08月20日

ときどき、ドキドキ



ときどきサボっても良いんだよ。

完全な人間なんていなんんだもの。

ときどき負けたって良いんだよ。

負けることで勝つ喜びを知るんだもの。

ときどきつまづいたって良いんだよ。

人生には上り坂だけじゃないんだから。

ときどき泣いたってよいんだよ。

泣くことと泣き言は違うんだから。


ときどきだから良いんだよ。

ドキドキのためにはときどきが必要なんだから。


「ときどき=sometimes」

「some time=いつか」


そう、いつかのためのときどきなんだ。


            「杉岡日記」より



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 01:35Comments(0)杉岡日記より

2011年08月12日

智慧の和塾 「白熱教室「杉岡ゼミ」(第3回)」

智慧の和塾 「白熱教室「杉岡ゼミ」(第3回)」

日   時 :2011年8月13日(土) 13:30~16:30
会   場 :智慧の和塾
主   催 :智慧の和塾
講   師 :杉岡 秀紀(喜業家元ミュージシャン/同志社大学政策学部 講師)
テ ー マ:「伝える/協創」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2011年08月08日

「地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会」

地域力再生プラットフォーム「地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会」

日  時:2011年8月9日(火)19:30~21:00(19:30開場)
場  所:府庁NPOパートナーシップセンター(京都府庁旧本館 1階北東角)
参加費:無料
講  師 :杉岡 秀紀(一般財団法人 地域公共人材開発機構 事務局(総括)
       /同志社大学 政策学部講師)
テーマ  :「ミッション・ポッシブル!地域公共人材を育てよ!~地域公共人材開発機構の挑戦~」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2011年08月03日

中央大学大学院公共政策研究科 集中講義

中央大学大学院公共政策研究科 集中講義

日     時:2011年8月4日 15:00~16:00
場     所:中央大学大学院市ヶ谷キャンパス
ゲストスピーカー:杉岡秀紀(一般財団法人地域公共人材開発機構事務局総括/同志社大学政策学部講師)
テ ー マ  :「地域公共人材とその質保証」
そ の 他 :本講義は中央大学大学院生向けのクローズドな講義です。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など