プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年09月26日

「龍谷チャレンジャーズカフェ」

「龍谷チャレンジャーズカフェ」

日 時:2011年10月15日(土) 14:00-17:00(受付は13:30より開始です)
場 所: 龍谷大学 深草キャンパス 21号館401教室
テーマ: 『挑戦とは何か、ここから始める新たな一歩!!』
内容 :①基調講演 ②ワールドカフェ ③全体発表会 ④交流会
ゲスト:石川 朋之 氏(元プロオートレーサー 株式会社HONKI代表取締役)
    上田 光夫 氏(学生の議員インターンにも精力的に活動 茨木市市議会議員)
    杉岡 秀紀 氏(元ミュージシャン 同志社大学政策学部講師)
    杉山 史哲 氏(ALL関西教育フェスタの生みの親 学び合い教室FREED代表)
    山川 勝弘 氏(プレゼン龍2010京都信用金庫賞受賞 College cafe主催者)
    藤本 洋  氏(プレゼン龍学生実行委員会代表 学生起業家団体代表)
対象 :大学生
服装 :自由
持ち物:筆記用具
定 員:定員50名まで(先着順)
参加費:無料
申込み:参加申し込みフォームより、お申し込みお願いします。
     https://ssl.form-mailer.jp/fms/46b49856166878


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)講演・講座など

2011年09月25日

「わたくしの共生」(「共生・地域文化大賞」報告書用)

「共生」



「ともいき」

と読むことを教えてくれたのは、学生時代にお世話になった應典院の秋田光彦氏である。

「学び、楽しみ、癒し」

をキーワードにお寺が地域に開かれるとはどういうことかということを、
現実の姿として見せてくれたのも氏である。

そこでの原体験をもとに、その後私は

「大学と地域との共生」

をミッションとしたまちづくりNPOを立ち上げた。

そして、今大学教員として、再び

「お寺と地域との共生」

に関わっている。

一人の、あるいは一つの「点」が、今こうやって「線」としてつながるという実感。

これが私が後進に伝えたい「共生(観)」である。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2011年09月24日

長岡京市「次世代事業仕分け」に参加して

「長岡京市「次世代事業仕分け」に参加して」
-地方政府ならではの価値発信、協働型行政改革としての事業仕分け-

今回、長岡京市「次世代事業仕分け」に参加させていただき、一番感じたことは、

「国の事業仕分け」と「地方自治体の事業仕分け」との違い

でした。

具体的には、本「次世代事業仕分け」は、

「議員内閣制」である国と「二元代表制」である地方の違いからくる「地方政府ならではの価値発信」

としての事業仕分けになったということです。

つまり、国の場合は、社保庁のように行政や政治がたとえミスを犯しても、
国民は次の選挙まで何もできない(メディアや世論は除く)」ですが、
地方の場合は、市長や議員のリコールをし、

「選手交代」

を取り付けることができます
(これは最近では、名古屋市や阿久根市のリコールを見ても明らかです)。

この差異あるいはエッセンスが今回の「次世代事業仕分け」から十分感じとれたということです。

この1点に限れれば、物理的な距離もあいまって、
市民と地方政府の緊張関係は、国の非にならないと思います。

加えて、今年は、対象事業を各部署から漫然と、あるいは恣意的に出してもらったのではなく、

「市民や外部の目」

を入れて事業選定したというプロセス、また。当日は完全公開のもと、単なる

「切るための仕分け」

ではなく、

「どうすれば政策の質が改善するか」

という観点での意見交換の機会を入れた点に「次世代」として価値を感じました。

この点は同時に

「議会以外からのチェックの目」

が行政に入ることを意味しますので、その観点から言えば、

「協働型行政改革」

につながる萌芽すら感じとることができた次第です。

あえて苦言を呈せば、

1つは対象事業が少なかったこと、
2つは、それに付随して市民委員が少なかったこと、
3つには、インターネットなどの公開までができなく、限られた情報公開となってしまったこと

などがあげられますが、これは次年度以降に十分改善可能な指摘だと思います。

最後になりましたが、一緒に評価作業を担当した市民委員の皆様、
内部調整と外部の調整など膨大な事務量をこなして下さった政策推進課の皆様、
それを支えてくださったインターンの学生さん、
何よりこの場にお声かけくださった窪田先生に感謝を申し上げ、感想の言葉とさせていただきます。

杉岡 秀紀(同志社大学政策学部講師)

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2011年09月13日

Dooネットメルマガ原稿

              「今年はホームカミングが変わります!」

                         同志社大学ホームカミングデー2011実行委員長
                                         杉岡 秀紀

卒業生の皆様

はじめまして。

政策学部講師の杉岡(1999年経済学部入学、2003年総合政策科学研究科入学)と申します。

本年度、同志社大学ホームカミングデー2011実行委員長を務めさせていただきます。


さて、今年のホームカミングデーですが、今までと一味違います。

新規コンテンツが目白押し!

大幅にリニューアルされます。


なぜ、リニューアルが必要かと言いますと、このイベントは実は、

「在学生と卒業生が年に1度、同志社に集い、同志社について考える日」

と設定しているにも関わらず、事実はそうなっていなかったからです。


そこで、今年のミッションはずばり、

「在学生×卒業生(在学生と卒業生をつなぐ)」

ことです。


スローガンも、卒業生の皆様だけでなく、在学生にもメッセージが伝わるよう、

「志(ここ)に帰り、志(ここ)に始まる」

とさせていただきました。


とはいえ、いわゆる事業仕分けなどの手法とは違い、

学長講演や記念撮影、レセプションなど良い部分はしっかりと残し、

変えるべきところのみを変えるという

“不易流行”

のスタンスでリニューアルに取り組ませていただいておりますので、ご安心ください。


ところで、詳細なコンテンツ紹介については、たとえば、

・同志社版紫(はく)熱教室(講師:浜 矩子 ビジネス研究科長、村田 晃嗣 法学研究長、今里 滋 政策学部教授)
・志コンテスト~平成の新島襄~(審査委員長:小嶋 淳司 がんこフードサービス株式会社会長)
・スポーツで繋がる同志社(サプライズゲストあり?!)
・スポーツ健康科学部教員によるウォーキング講座
・親子で挑戦!わくわくクイズラリー~ben-kを探せ~
・同志社女子大学笠間ゼミによるわいわいプレイパーク
・ONE PURPOSEカフェ
・チャペルウェディングビデオ上映会etc…

などが今年から始まる新規コンテンツになります。

詳細は公式サイト等に譲りますが、いずれにせよ、

「良心教育」
「自治自立」
「志」
「キリスト教主義」
「国際主義」
「地域主義」
「てき儻不羈(てきとうふき)」

など、同志社マインドや新島精神をそれぞれのイベントに込めたところに、今年の特徴があります。


加えて、今年3.11にありました東日本大震災に対して、同志社人としてできること。

この思いも、当日のグッズ等販売や寄付金などを通じて

「東日本大震災において被災された在学生への支援(義援金)」

という形で実施させて頂く予定です。

ぜひこちらもよろしくご理解のほどお願い申し上げます。


それでは、長くなりましたが、

「11月6日」

に一人でも多くの先輩の皆様と今出川でお会いできることを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



(参考)
「同志社大学ホームカミングデー2011」公式サイト 
http://www.doshisha-koyu.net/index.html
「同志社大学校友課 教員によるリレートーク」
http://www.doshisha.ac.jp/alumni/info/110712information.html  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2011年09月07日

杉岡仕観②

私の仕事観の2つ目について書いてみたい。

1つ目は

「世のため、人のためを実感できる仕事を選ぶ」

と書いた。

しかし、これではやはり大きすぎて今ひとつイメージが分からない、
と言われても不思議でない。

そこで、私が2つ目にいつも申し上げるが、

「自分を必要としてくれる人のために働く」

ということ。

ある人から

「大事な仕事は友人が連れてきてくれる」

という話を聞いたことがあるが、まさにこのイメージに近い。

そして、結論から言えば、この

「自分を必要としてくれる方の期待に応えることで、社会や地域、
つまりは、世のため人のためにつながる仕事をする」

というのが私の仕事観の重要な2つ目なのである。


事実、私は3回就職活動を経験しているが、いずれもその途中で
その時々の必要なキーマンから声を掛けられ、就活をやめている。

音楽業界に入ったときも、大学の産学連携NPOのスタッフを引き受けたときも、
政府で働くことになったときも、そして、大学で研究員をやりながら財団の立ち上げをしたときも、
そして、大学の教員も全てがこの法則である。

ところで、「働く」という言葉の語源をご存じだろうか。

人が動く、という人もあるが、

「はたはた(周り)を楽させる」

から来たというのが、そのルーツと言われる。

私はこの「楽」をという感じを

「らくさせる」

だけでなく

「たのしくさせる」

とも読むようにしている。

つまり、

「自分がそこにいることで、周りが楽しくなる。もちろん自分も楽しい」

これが

仕事を続ける上では欠かせないエッセンスである。


いずれせよ、重要なことは

「組織は人なり」


ということである。

自分を必要としてくれる方に出会えるよう自分を磨き続け、
縁や運を引き寄せ、社会のために貢献しようと思う仕事観。

これこそが今一番学生の就活を見ていて、一番欠けている仕事観であるとも思う。

ぜひこの考えに共感いただく方がいらっしゃれば、一緒に広げてもらいたいと思う今日この頃である。


すぎおか拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 11:05Comments(0)杉岡日記より

2011年09月02日

杉岡仕観①

今日は「仕事」について考えてみる。


「仕事という漢字の意味を知っていますか?」

これはよく就活系の講演会などに呼ばれたときに、
必ず私が開口一番尋ねる質問である。

「事に使える」

これが一番多い答え、いな、誤解。

正解は、

「つかえる」

つまり、「仕」だけでなく「事」も

「両方つかえると読む」

のだ。


ここで問題となるのは、

「それでは、いったい何につかえるのか?」

ということ。

これは大変するどい質問である。

私はこの問いに対し、いつも

「社会につかえるんだよ」

と答えている。

もしかすると、宗教性や信仰心の篤い人は、

「神につかえる」


と言うかもしれない。
(当然のことだが、お上のカミではない)

これもよい考えだと思う。


逆にNGは、、

「会社などの所属組織や上司、あるいは目の前の作業につかえている」

ということ。

もちろん、物理的にはマズローの五段階欲求説を引くまでもなく、
人間は組織に所属したくなり、事実所属している。

森ではなく、木で見れば、一見正しそうである。


しかし、よく考えてみてほしい。

「それでは、その組織は何のために存在しているのか?」

と。

きっと、いな、必ず、組織にはミッション、つまり設立趣意がある。

したがって、重要なことは、直接的には会社などの組織に属しているが、

「所属する組織での財やサービスなどの価値創造を通じて、あなたは社会に何を提供できるのか」

つまり、

「世のため、人のために、自分は何か貢献できるか」

という問いを持ち続けること。

そして、言わずもがな、これが私の仕事選びの第一条件でもある。


業務や人間関係になれたり、毎日忙殺されるとついつい忘れそうになる

「仕事観」。


しかし、これこそが実は最大の、

「人生観」


になる。

この軸がずれて、地位や名声、金や権力、欲望の道に走ってしまうのが
悲しいかな、人間の性ではある。

しかし、自戒も込めて、私はこの仕事観だけは絶対優位に譲れない、譲らない。


最後に、

「世のため、人のため」

はただのきれい事ではなく、巡り巡って、最後は

「自分のために」


なるものであるということを付言しておきたい。

したがって、仕事というのは、

「先自後他」


なのか、

「先他後自」


なのかこの違いでしかないということ。


日本には、昔より

「情けは人のためならず(自分のため)」

という故事成語がある。



「I(私)言葉」


をまず取るか

「You(優・勇・結)言葉」


をまず取るか。

これはすべて自分次第。

選べる自由が日本にはある。


さぁ、あなたはどちらから選びますか?


すぎおか拝







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:58Comments(0)杉岡日記より