プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年01月28日

京都府中間支援団体活動支援事業「プレゼン講座」

京都府中間支援団体活動支援事業「プレゼン講座」

日 時:平成24年1月28日(土曜日) 10:00~14:30
場 所:京都府福知山総合庁舎 2回第3会議室(駐車場有)
主 催:NPO法人京都丹波・丹後ネットワーク
共 催:京都府中丹パートナーシップセンター
講 師:杉岡 秀紀(一般財団法人地域公共人材機構事務局/同志社大学政策学部講師/東大阪大学子ども学部講師)
定 員:20名程度
参加費:無料
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2012年01月21日

地域コトおこし実践者講座 最終グループワーク(講評)

地域コトおこし実践者講座 最終グループワーク(講評)

日時:2012年1月21日(土) 13:30~16:30
場所:京都府中丹勤労福祉会館 2F中会議室
主催:京都府
運営:地域公共人材開発機構
内容:①グループミーティング
    ②進捗報告と講評(杉岡)
     ・「地域の仕事おこし」
     ・「直売所の運営と加工品の販路拡大」
     ・「修学旅行の受け入れと地域経済」
     ・「大江山ルート開発」
     ・「観光客誘致」
     ・「空家・定住対策」
    ③グループミーティング
    ④事務連絡など  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2012年01月11日

12.17犬フェスX'mas2011フォトギャラリー

2011年12月17日 「犬フェスX'mas2011(サプライズゲスト)」フォトギャラリー

お待たせしました。

2011年12月17日の

「犬フェスX'mas(サプライズゲスト)」

のフォトギャラリー公開します。

すぎおか拝


【登場後の初MC】




【1曲目の「Baby my Jenny」のイントロスタート】




【5年ぶりにコーラスも復活】




【マルジと竿隊同志のグルーブ確認】




【1コーラス終わり少しほっとした感じ】




【2番目も気持ちよく、サビではもっていきます。杉岡は3度下担当】




【ギタリストの見せ場、ギターソロ①】




【ギタリストの見せ場、ギターソロ②】




【ギターソロが終わり、元の位置に戻ります】




【4人シカプー、この曲は全員で声出し】




【曲の最後は、ドラムの山口と目の合図を送ります】




【改めて、ファンの皆さんにご挨拶】




【2曲目「オーレオ」はギターのリフからスタート】




【ライブの最後はピックをプレゼント】




【ライブが終わり、ボーカル花沢と握手】




【ワンマンの最後はいつもこれ。心からオーレオ!】




【1000人を超えるファンの皆さん。これからもどうぞよろしくお願いします!】



※本写真は株式会社GIZAからの提供写真であり、無断転載はご遠慮ください。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 11:11Comments(8)掲載記事など

2012年01月01日

松下幸之助の「新しい人間観」

松下幸之助の残した哲学に

「新しい人間観」

というものがある。


・PHP
・松下政経塾
・日本国際賞


が晩年の松下幸之助の3種の神器とも言われる訳だが、
そこに貫く幹とも言える哲学である。

加えて、今政経塾出身者に一番欠けているものとも言われる。

自戒も込めて、そして、私自身も共感する

「意思の石」

として、ここに改めて記しておきたい。

すぎおか拝


≪松下幸之助「新しい人間観」≫

 宇宙に存在するものは、つねに生成し、たえず発展する。万物は日に新たであり、生成発展は自然の理法である。

 人間には、この宇宙の動きに順応しつつ万物を支配する力が、その本性として与えられている。人間は、たえず生成発展する宇宙に君臨し、宇宙にひそむ偉大なる力を開発し、万物に与えられたるそれぞれの本質を見出しながら、これを生かし活用することによって、物心一如の真の繁栄を生み出すことができるのである。
 
 かかる人間の特性は、自然の理法によって与えられた天命である。
 
 この天命が与えられているために、人間は万物の王者となり、その支配者となる。すなわち人間は、この天命に基づいて善悪を判断し、是非を定め、いっさいのものの存在理由を明らかにする。そしてなにものもかかる人間の判定を否定することができない。まことに人間は崇高にして偉大な存在である。
 
 このすぐれた特性を与えられた人間も、個々の現実の姿を見れば、必ずしも公正にして力強い存在とはいえない。人間はつなに繁栄を求めつつも往々にして貧困に陥り、平和を願いつつもいつしか争いに明け暮れ、幸福を得んとしてしばしば不幸におそわれてきている。かかる人間の現実の姿こそ、みずからに与えられた天命を悟らず、個々の利害得失や知恵才覚にとらわれて歩まんとする結果にほかならない。
 
 すなわち、人間の偉大さは、個々の知恵、個々の力ではこれを十分に発揮することはできない。古今東西の先哲諸聖をはじめ幾多の人びとの知恵が、自由に、何のさまたげも受けずして高められつつ融合されていくとき、その時々の総和の知恵は衆知となって天命を生かすのである。まさに衆知こそ、自然の理法をひろく共同生活の上に具現せしめ、人間の天命を発揮させる最大の力である。
 
 まことに人間は崇高にして偉大な存在である。お互いにこの偉大さを悟り、その天命を自覚し、衆知を高めつつ生成発展の大業を営まなければならない。長久なる人間の使命は、この天命を自覚実践することにある。この使命の意義を明らかし、その達成を期せんがため、ここに新しい人間観を提唱するものである。

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 16:18Comments(0)杉岡日記より