プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年06月23日

『社会を変えるを仕事にする』(駒崎弘樹)

駒崎弘樹『社会を変えるを仕事にする』英知出版、2007



私が「社会起業家」という言葉を初めて意識したのは、いつだっただろう。

思い出してみるに、おそらく、町田洋次さんが2000年に出版された

『社会起業家〜より社会をつくる人たち〜』(PHP新書)

という本を大学時代に読んだのが、そのきっかけだったように思う。


そして、その社会性はともかくとして、日本において

「起業/起業家」

という言葉が注目され、市民権を得たのは、2001年の小泉政権のときに、
当時の経産大臣であった平沼赳夫氏が主導した

「日本には挑戦者が足りない」

をキーフレーズに、経産省あげて大学発ベンチャー含め起業家の発掘・育成を推進した

「平沼プラン」

だったと思う。

かくいうこのブログも当時の副産物で、私が2003年に主宰したまちづくりNPOの存在が認められ、
起業家、あるいは数少ない社会起業家の一人として執筆を始めたものである。


その一つの潮流と今日ご紹介する駒崎氏の起業及び社会起業の時代性はまさに重なる。

それもその筈、駒崎氏と私の年齢はほぼ同じで、まさに同じ

「1980年前後に生まれた者ならではの時代観」

を有しているのだ。例をあげればキリがないが、本書でも登場する

・リクルート事件(1998年)
・米国ルイジアナで起こった日本人留学生射殺事件(1992年)
・佐川急便事件(1992年)
・ゼネコン汚職事件(1993年)
・阪神・淡路大震災(1995年)
・地下鉄サリン事件(1995年)
・酒鬼薔薇聖斗事件(1997年)
・ノーパンシャブシャブ事件(1998年)

など日本中を席巻したニュースを、一番多感な小中高にまさにリアルタイムで見て来た。

一言で言えば

「バブルが弾けるまでの最後の日本の右肩上がりの光景とバブル崩壊後の凋落する日本の両方とも」

のリアリティを肌身で知る最後の世代なのかもしれない。

したがって、駒崎氏の言葉で表現しきれない原動力というか、

「このままではいけない」

という漠然たる気持ち、あるいは、

「放っておけない非当事者/当事者の自分」

起業という選択肢を選んだ心理は個人的にもよく分かる。


さて、前置きが長くなったが、本書の構成は以下のとおりである。

・第1章:学生でITベンチャーの社長になっちゃった
・第2章:「社会を変える仕事」との出会い
・第3章:いざ、「社会起業家」!
・第4章:世の中のどこにもないサービスを始める
・第5章:「地域を変える」が「社会を変える」

この中でとりわけ注目すべきは、第1章で展開される大学三回生時代の

「ITベンチャーの経営者としての経験」

であろう。

というのも、この肩書きだけから見れば、いわゆる当時の大学発ベンチャーの波に乗って、
自ら、あるいは志の高い有志で創業し、これこそが彼の今の原点であろう、と思われがちだからである。

結論から言えば、これは半分正解だか、半分正解間違いである。


この問いのヒントは、そのプロセスにある。

彼が経営者となったきっかけは、実はかなり偶発的かつ受動的であった。

「先輩、うちの会社の経営に興味ありませんか」と切り出された(p.21)

という記述があるとおり、技術系の後輩からの依頼で、つまり、実に

「ひょんなきっかけ」

からスタートしている。

ここで私が強調したいのは、この偶発性。

というのも、キャリア論でもよく語られることでもあるが、実はこの

「キャリアにおける偶発性を引き寄せられるかどうか」

という力こそが、その人の持っている人間性も含めた魅力であり、
かつ、成功する人とそうでない人の1つの分岐点になっていると思われるからである。

経営の神様、松下幸之助が求める人材の条件として

「運(ツキ))と素直さ」

をあげているのも、あながち偶然ではない。

駒崎氏の場合、本人の才能や努力もさることながら、この点において、
まさに当時から頭角を表していた、というのが、私の注目点である。



ちなみに、駒崎氏を駒崎氏たらんとする代名詞である

「病児保育」

というキーワードも、実はかなりの偶発性から生まれている。

それは、駒崎氏の母と本人との些細な電話の会話であった。

テーマはベビーシッターである駒崎氏の母がたまたま病児の面倒を見て解雇されたことについての氏の所感。

「子どもが熱をだすことなんて当たり前の話だろうし、それを親が看病するのっていうのも当たり前の話だ。
当たり前のことをして職を失う社会に住んでいたなんて」(p.65)


言わずもがな、この会話が、駒崎氏自身の言葉を使えば、彼の

「人生のボディブロー」

となったことは間違いないだろう。


当然のことながら、そこからのキャリアは偶発性というよりも、
駒崎氏の努力に依るところが大きい。

スタッフ集めから、数々のビジネスプランコンテストや助成金申請、
商店街のおっちゃんたちや行政マンや政治家との出会い、衝突、
はたまた駒崎氏が仙人と扇ぐ、NPO業界の師や応援してくれるマスコミ人との出会いなど、
時には折れそうになりながらも、最後までやり通した事業家としての責任感は、
ほぼ同い年ということを差し引いたとしても、目を見張るものがある。

しかし、繰り返しになるが、その努力も全て、原点は大学時代の後輩の、彼の母親の

「たった一言」

から始まっているのだ。

要は、

「自分を変える、あるいは、結果として、チェンジメーカーとして社会を変えるものにできるかどうかは、
偶発的な一言を呼び寄せられるか、そして、呼び寄せた時に、自分に響かせることができるかどうか」


に掛かっているということ。

駒崎氏のこの処女作から私が一番感じたことであり、大学生に伝えたいメッセージはこの点に尽きる。

今後ソーシャルビジネスをキーワードに、社会を変えるを仕事にしたい人はもとより、
雇われる人生を選んだ人、NPOを仕事にしたい人も、ぜひ自らのキャリアを改めて見つめ直す、
ある種リトマス試験紙として、ぜひ本書のご一読をお薦めしたい。



最後に、駒崎氏の言葉でとりわけ響いた言葉を抜粋しておく。

これを読んでくれた方にとって、意味のある「一言」になれば幸いである。

「社会を変えるを仕事にできる時代」

「政治家や官僚だけが世の中を変えるのではない。気づいた個人が事業を立ち上げ、社会問題を解決できる」

「問題には常にそれを生み出す構造がある」

「国に(制度を)パクられて一人前」

「若いうちに決まるもの。それは技術や専門的な知識ではなく、心の構え」

「社会的な問題を世の中に向けて発信するソーシャルプロモーションが重要」

「ソーシャルベンチャーの唯一の武器は、明確な社会性」

「理念が信頼を生み出す」

「シンポジウムなどの集まりは、一種の世論形成とネットワーキングのため」

「考えるときは頭の中だけで考えてはいけない。必ず手も一緒に動かすこと」

「この国にはまるで多様性がない。だからイノベーションが起きない。コップの中の嵐(中略)で叫んでいても、
彼らは一般人を、つまり自分たちとは違う種類の存在を巻き込めていない」

「日本は、ダメ出し社会」

「日本社会の役に立ちたい」

「人生のボディブロー。人生には、その当日自分が感じた以上の強い影響を、後々まで与える事件や体験がある」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊