プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年06月24日

もう1つの肩書き

「堀田力」

さんという方がいる。

ある人は「ロッキード事件を解決した検事」と言うかもしれない。

ある人は「ふれあい切符などを展開しているさわやか福祉財団の理事長」と言うかもしれない。

また、ある人は「時々テレビでコメンテーターをしている人」と言うかもしれない。

どれも正解である。

ただ、ここに紹介しただけで、すでに堀田氏の肩書きは3つだが、

私はここにさらに

「名刺の両面印刷でもう1つの肩書きを普及している仕掛人」

という肩書きを付け加えたい。

これが今日のテーマである。


言うまでもなく、人間は様々な顔を持っている。

たとえば、

「地球人(市民)であり、アジア人であり、日本人(国民)であり、都道府県民であり、市町村民であり云々」

と言った地域性から来る顔がある。

また、家族という観点からは、

「子であり、兄(姉)であり、弟(妹)であり、孫であり、甥(姪)であり、従兄妹であり云々」

と言った顔があるだろう。

はたまた、母校や母体という文脈からは、

「◯◯小学校OB・OG、△△中学校OB・OG、□□高校OB・OG、◎◎大学のOB・OG」

という顔もあったりする。


言いたいことは、

「人間は実に多くの顔があるということ」

にも関わらず、いざ初対面での挨拶の時となると、

「自分のお金をもらっている、あるいは所属している組織の肩書き」

だけになりがちである、ということ。


翻って、冒頭でご紹介した堀田氏は、おそらく自身への自戒も込めて、

「もう1つの肩書きを意識し、言語化させる」

ための具体的なアクションとして、3年前から

「名刺両面印刷普及活動(大作戦)」
を展開している。

しかも、その展開方法は政治家と同じく

「駅で辻立ちをし、毎朝通勤・通学中の皆さんに訴える」

という、実にストレート、いわゆるドブ板・人海戦術的なやり方。


私はこの趣旨に強く賛同したい。

なぜなら人間の可能性は本当に多様であり、それを1つの肩書きだけで絞めつけるのは、
ワンガリーマータイ風に言えば、

「もったいない」

と私もー思っているからである。

ややキツい方をすれば、

「◯◯パパ」「△△ママ」「□□の息子(娘)」

という属性が肩書きになってしまっている人がいることへの違和感なのかもしれない。
(もちろん入り口としてはよく分かるが…)

もちろん我が国では、米国のように、アフターファイブや土日の活動がその人の人格を規定する、
という領域まではそう簡単にはいかないであろう。

ただ、Facebookなどソーシャルメディアの台頭で、良くも悪くも、
個人のプライベートにもアクセスしやすくなっている追い風もある。

氷山の一角に眠っている日本の底力、日本人の底力を今一度見直すためにも、
この示唆はぜひ示唆で終わらせてはいけない。

その意味からもここに書きとどめている次第である。


ところで、ふれあい切符つながりで、その生みの親であるエドガーカーン先生も

「この世に役に立たない人はいない」

と言っておられた。

「無縁社会から、ふたたび有縁あるいは結縁社会へ」

ではないが、そのようなポジティブな社会を作っていくためにも、
こうした動きは、もうしかしたら、お金を掛けずにできる、
草の根運動になる可能性を希望的観測も含めて強調しておきたい。


蛇足になるが、私が世間に広げたい、自分のもう1つの肩書きは

「周旋家(つなぎ・おせっかい・価値づくり)」



「ソーシャル・デザイナー」

である。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より