プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年06月25日

『ハーバード白熱日本史教室』(北川智子)

北川智子『ハーバード白熱日本史教室』新潮社、2012



「ハーバード×白熱教室」

と言えば、100人中99人が、

「マイケル・サンデル」

教授と答えるだろう。


ところがこの本はそのサンデル白熱教室はとは似て非なる本である。

大きくは3点の違いがある。

1点は主人公がアメリカ(外国人)ではなく、「日本人」であること。

2点は、とりあげるテーマが政治・哲学ではなく、「日本史」であること。

3点は、この白熱教室を主導する講師が「若い」こと。

つまり、一言でいえば、

「ハーバードで、日本、それも若手の日本人が中心のワーディングになっている」

のである。

このタイトル力も素晴らしいが、それ以上にこの事実がまず素晴らしい。


さて、内容は、以下の章立てとなっている。

第1章 ハーバードの先生になるまで(大学の専攻は理系だった,ハーバード大学に行こう! ほか)
第2章 ハーバード大学の日本史講義1―LADY SAMURAI(サムライというノスタルジア,時代遅れの日本史 ほか)
第3章 先生の通知表(キューと呼ばれる通知表,学生のコメントは役に立つ ほか)
第4章 ハーバード大学の日本史講義2―KYOTO(アクティブ・ラーニング地図を書こう! ほか)
第5章 3年目の春(歴史は時代にあわせて書き換えられる印象派歴史学 ほか)

ここからも分かる通り、主には、

・なぜハーバードの講師になったのか(なれたのか)
・どのようなプロセスを経て、ハーバードでの日本史が白熱教室となったのか、またその内容はどのようなものか。
・日本人による「白熱日本史教室」の評価


の3点について、つまり、半分は、

「時系列の自分史」

が、また半分は

「講義録(教授法録)」

が、収録されている。


以下では、私が気になった、あるいは北川氏の「軸」であろう考えを抜き出してみたい。

  「日本史はオカシイ、そう漠然と感じたあの夏の日から数えると、もうじき7年になる。
  いま、しっかりと「答え」を手にした。やっと分かった。日本史は男性のサムライ史のみを軸とした「半分史」。
  それを書き足し、語り方を変えることが私の仕事だ。」(p.53)


この仕事観や教育・研究テーマ、もっと言えば、好きなことで出会えたのが、北川氏の最大の強みである。

元々は理系であった彼女が、大学院から文展し、そのテーマで博士号を取るところまで行き、
その最初の結果が「ハーバードのレクチャラー」なのだから、それはそれは高いハードルであったに違いない。

翻って、それを可能にするくらいまで、日本史と彼女の関係は出会うべくして出会い、相性が良かったのだろう。



  「本当のLady Samuraiの姿は未だに知られていません。Lady Samuraiの研究も、それに関する本も、
  私が初めて書くことになりますから、そのイメージはまだ歴史事実にそった形で表に現れたことはないのです。
  (中略)Lady Samuraiとは、「戦わずに、かつ陰で大いに活躍する女性たち」で、サムライというパワフルな集団に
  その正体を隠され続けてきました。「いるはずがない」と思われてきたLady Samuraiが、もしいたとしたら。
  もちろん、そのイメージも新しいはずです」(p.71)


これが北川氏の博論のテーマであり、白熱教室への導いた最大のテーマである。

「この運命を決める1ワードと出会えるかどうか」

これは研究者や教育者でなくとも、通じる1つの成功(成幸指標)であろう。


  「大きなクラスを成功させる大前提があることに気が付きました。
  その大前提とは、ごくシンプルです。「準備がすべて」だということ」(p.109)


北川氏は昔からピアノを習っていた。そして、今でも趣味で引き続きおられ、
そこから講義のアイディアやアレンジのアイディアも生まれている。

準備がすべてという概念も、おそらくそのクラシックでの練習と本番の関係からの派生、応用であろう。

このことは

  「自分の趣味をティーチングに生かすように工夫する」(p.111)

という記述からも窺える。

いずれにせよ、

「準備が大事(9割)」

ということは、万国、またどの分野でも基本のいろはであり、また一丁目一番地に重要なことである。

敢えて付言すれば、この

「大事なことを、素直に大事にしている」


の北川流と言える。



そして、最後究めつけの言葉は

  「No pfoof needed.your possibility are ∞(証明等要らない。あなたの可能性は無限大)」

という卒業アルバムに寄せた、卒業生へのメッセージ。

この言葉からいかに北川氏が学生を期待し、信頼しているかということが伝わってくる。


有名な話だが、

「educate」

の本当の意味は

「教える」

ではなく、

「引き出す」

である。

北川氏はこの点を十二分に理解され、講義を行っている。

「思い出に残る教授」や「ベストドレッサー」に選ばれるのも、ある種必然と言えるだろう。


最後に、こんな記述を紹介したい。

  「この本をまとめながら、私のような歴史家でも、もっと広く貢献できることや発信できるメッセージがあると思いました。
  そのメッセージとは(中略)、「日本のイデオロギーを目に見える形で作ること」です」(p.181)
  「イデオロギーと言いうと固い話に聞こえますが、ここでは「日本とは何か、という質問に対してしっかりとした答えを構築  すること」と思ってください」(同上)


第1章で書かれているが、北川氏がハーバードで学んだきっかけも、教えるようになったきっかけも、ひょんなことであった。

しかし、そこから日本史と出会い、Lady Samuraiという概念に気づき、実際に日本を教えているうちに、このようなある種

「日本を背負う」

感覚まで思いが昇華されたのだと推察する。


日本にいても分からないこと、いな、日本にいたら分からない日本の価値を北川氏はまさにかみしめがら、
まさに日本の代弁者として、日本人の代弁者として、日本の届けるべく価値を海外に届けてくれている人。


これが私が本を読み終わっての北川氏の人物評である。

これを日本国内ではなく、逆輸入でしか気づけないのが、今の日本の現状であり、
それに対しては忸怩たる思いを抱かざるを得ないが、久々に心が熱くなる、そして、
何より日本人が誇らしく感じることができたことに、素直に感謝したい。

くしくも彼女は私と同じ年の

「1980年生まれ」


年は関係ないとは言うものの、同世代としてもあっぱれである。

負けてはいられない、という良い刺激を受けつつ、日本の中でできること、
日本にいるからこそできること。日本人だからこそできることを、これらかも考え、
そして、行動し続けたい。

という訳で、大学の皆さんも、ぜひ本書をお読み頂き、自分のサークルやバイト、就活だけでなく、
このような大きな視点で一度日本人としての自分を見つめ直す、きっかけにしてほしい。

きっとこの本はあなたの背中を教えてくれるだろう。

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊