プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年07月20日

KBS京都出演情報

KBS京都「武部宏の日曜とーく」

日 時:2012年7月22日(日)7~8時(出演は10分程度)
番組名:「武部宏の日曜とーく」
出 演:杉岡 秀紀(京都府立大学公共政策学部講師)
参 考:http://www.kbs-kyoto.co.jp/now_on_air/radio.htm?p=2  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2012年07月16日

「名コック型」から「名レシピ型」へ

昨日、母校の

「卒業生と在学生をつなぐホームカミングデー」

のプレ企画である

「志コンテスト」

の審査をさせてもらった。


この審査に携わった経緯は簡単である。

要は自身で作ったイベントなのである。


もう少し説明を足せば、昨年大学からの依頼で、このホームカミングデーの

「リニューアル」

を任され、実行委員長を引き受けた際に、私が掲げた

①「ミッションの再確認」
②「原点回帰」
③「温故知新(不易流行)」


というスローガンで、出した企画のメインがこのコンテスト案だったのである。


とはいえ、昨年度は、コンセプトと内容(出演者・審査員)こそ良かったものの、
結果としては、もう一つの目玉として考案した

「同志社版 紫(はく)熱教室」

と時間がバッティングしてしまい、集客が分散(より正確には、白熱教室に大部分をもっていかれた結果)してしまった。


そのような経緯もあり、今年は11月の当日ではなく、

「プレ企画」

として前倒するアレンジを後輩たちがしてくれ、見事良い意味での

「リベンジ」

を果たしてくれた。

後輩たちにまずもって感謝申し上げたい。


ところで、私が今回の審査を通して、感じたことは、

「リーダーシップをめぐる二つの型」

についてである。

その一つ目は、

「0から1を作るときは、強いリーダーシップで自ら率先垂範する必要があるということ」

である。山本五十六の言葉を借りれば、

「やってみて、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

の「やってみて」の段階である。

(ここでは、便宜上これを「名コック型」と名付けておきたい)


しかし、他方で、

「1から100に成長させる際は、強いリーダーシップよりも、サーバントリーダーシップの方がうまくいったりする」

つまり、チームで役割分担(≠役割分断)をし、それぞれの適材適所でチームづくりをした方が持続可能性も担保でき、
思いも寄らない「化学反応」などが起きたりする。


この時に重要になるのが、

「レシピ」

である。

誤解がないように記しておくが、これは

「リーダーシップ不要論」


でもなければ

「マニュアルリーダーシップ論」

でもない。

あくまで、

「守破離」



「守の明文化・見える化」

の必要論である。
(ここではこれを「名レシピ型」と呼んでおきたい)


というのも、これがなければ、0からではないとはいえ、結果として、また0から構築せざるを得ず、
何より、組織やイベントに一番大事な

「ミッション」

が継承できない恐れがあるからである。

したがって、私は昨年、このミッションの言語化にとことんこだわった。

企画書からパンフレットから、最後の報告書に至るまで、

「なぜこのイベントをする必要があるのか」

をうるさいくらい書き続けたのである。

この紙に書き続けたものを、現場を退く代わりに置き土産として残したのである。


そして、今年。要は

「〇〇さんだから出来たんだよ」

と呼ばれるのが一番ダメなパターンだと思っているので、私にとっては、
「名コック型」で終わるのか、それとも「名レシピ型」が試された年であった。


結論は、先ほど書いたとおり、見事に後輩たちがミッションを継承してくれた。

このことから、自身の仮説がある種証明できたと思っている。



人間が一人でできることには限りがある。

しかし、他方で新しいアイディアなどは、ある一人からしか生まれないことも多い。

他方で、その人がいないと続かない仕組みというものは、非常にはかなく、もったいない。

そして、「名コック型」の元でのリーダーが向いているのか、それとも、

「名レシピ型」でのリーダーが向いているのは、それは向き不向き、得手不得手の話である。


そういう意味も含めて、組織づくりやイベントづくり、ひいては仕事づくりの原則は

「名コック型→名レシピ型」

という段階論が大事だと最近つくづく思う。
(ちなみにこの言葉は、NPO業界の先輩からもらった)


ちなみに、今のところ0から関わらせてもらい、情熱を注ぎこんできた

・NPO(きゅうたなべ倶楽部)
・財団法人(地域公共人材開発機構)
・特殊法人(日本年金機構)
・企業(ソーシャルプロデューサー)
・大学イベント(同志社京田辺祭やフレッシュマンキャンプ、スポーツフェスティバル、ホームカミングデーなど)
・バンド(シカゴプードル)


などは、大なり小なり形を変えながらも、続いている。


私はとにかく創るのが好きな人間なので、0から1にこれからもこだわり続けていくが、
その中でも常に1から100を見据えた「レシピ」にも同じくらいこだわり続けていきたい。

これこそがきっと生きた足跡になると信じて。


すぎおか拝



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より