プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年08月11日

「ソーシャル・マネジメント講座」

京都丹波・丹後ネットワーク主催「ソーシャル・マネジメント講座」

日 時:①2012年9月1日(土)10時半~16時半
     ②2012年9月15日(土)10時半~16時半

会 場:京都府福知山市民会館35号室

講 師:杉岡 秀紀(京都府立大学公共政策学部講師)

テーマ:①プレゼン講座
     ②共感戦略講座

主 催:京都丹波・丹後ネットワーク

費 用:無料(ただし、要申込み)

URL :http://kyoto-tantan.net/
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2012年08月10日

学びの不易流行

今日は非常勤で週2回教えに行っている同志社大学の講義

「アカデミックスキル(まちづくりフィールドワーク)」



「政策提言」

の日であった。


この講義のポイントは3つある。

一つは、教員が一方的に教える「座学」スタイルではなく、学生たちの興味・関心に沿って自ら考える「PBL(Project Based Learning)」スタイルであること。

二つは、教室で講義が完結せず、現地・現実・現物に触れながら進める「現場型」であること。

三つは、成果物はレポートだけでなく、毎回の講義後のふりかえりシート、及び講義最終日における実際の地域の関係者の皆さんへの「グループ政策提言」であること(当然、講義ノートなるものはない)。

である。

したがって、成果(アウトカム)についても、学生個人では完結せず、グループとしての成果ということが問われることとなり、
成績評価についても、

・自己評価(学生による評価)
・外部評価(提言先による評価)
・教員評価(教員による評価)


の3つを総合して採点することとなっている。


…と、これだけ見れば、相当しんどそうな印象を受けるかもしれない。

しかし、2009年から4年間受講者は増え続けている。
(とはいえ、当該科目は、少人数教育をうたっているので上限は20名まで)

しかも、この科目は1・2回配当科目なのだが、リピーターが最近は多くなっている。

これは教員として、とても嬉しいことである。


それでは、なぜこのようにハードな講義にも関わらず、リピーターの学生が現れるのだろうか。

今日はこの当たりを少しだけ掘り下げて考えてみたい。


(仮説①)『少人数による参加型、グループ型講義へのニーズの高まり』

大学に入って一番驚く(かつ時々呆れる)のは大人数講義であると思う。

これはマンモス大学になればなるほど致し方ないが、事実私が大学生のころは

「1000人講義」

というのがざらであった。

こうなってくると、教室での教員と学生の一体感というのは生まれにくい。

というのも、学生と直接目を合わせるのも前方の席に座っている学生が主となり、
そもそも教室の後ろ半分はサイレントマジョリティになってしまうきらいがあるからである。
(この場合のサイレントは寝る、内職をする、携帯をいじる等の行為も含む)

ここから導きだされる一つの感情は

「そこに自分がいてもいなくても一緒」

という感覚ではないだろうか。

当然のこと、講義への主体性は自然と薄くなり、時々サボったとしても、
教員も学生も何の弊害もないことになってしまう。


翻って、少人数講義であれば、まずこのハードルは下がり、しかも、グループ活動が主なので、
一人が休むと他の皆に迷惑をかけることになる。

先ほどの表現になぞらえれば、こうした講義スタイル下では、

「自分がここにいるという存在証明」

ができるのである。


したがって、一度でもこうしたスタイルに参加した学生は、自然と

「自分がしっかりしなければ、自分の役割だけはきちんと果たさなければ」

といった講義への主体性、参加意識、責任感が高まり、
むしろ慣れてこればこれがスタンダードに変わるのではないだろうか。

まとめれば、これが入学1・2年目の学生にとっては、大講義のアンチテーゼとして出てくる自然、
かつリピートしたいと思う、心地の良い感覚につながっているのでは、いうのが一つ目の仮説である。



(仮説②)『現場型、対話型講義へのニーズの高まり』


サービス・ラーニングとかアクティブ・ラーニングなど現場型の講義が
最近少しずつ増えつつあるが、圧倒的なマジョリティは

「教室での座学」

である。

決してこれが悪い訳ではない。大学というのはそういうものである。


しかし、一方通行な座学だけであると、

「象牙の塔」

という言葉があるように、まさに

「(地域)社会から独立し過ぎた学び」

となってしまう。

翻って、これは大学の生まれた起源にも関わる話にもつながるが、
人間は、社会と向き合ったときに初めて

「学んだことが社会にどう活きる(活かせる)のか」

という感覚が生まれ、また、こうしたきっかけ後に学べば学ぶほど、
このような思いは強くなるのが自然である。

つまりは、こうした少人数の講義では、学んだことをどう生かせるか、あるいは、
社会からの学びをどう学びへと還元できるか、ということが体現できるチャンスが到来する。


したがって、こうした

「教育のもつ社会力と社会が持つ教育力の交換(交感)」

を引き起こす現場型、あるいは現地の人との対話型の講義を経験した学生は
ある種、その面白さや魅力にはまり、リピーターとなってくれるのでは、とのロジックに至る訳である。

これが2つ目の仮説である。



(仮説③)『ハードであれ、達成感のある講義へのニーズの高まり』

最近の学生は(自分が大学生であったころに比して)良くも悪くも講義への出席率が高い。

良くも悪くも、と書いたのは、要は、あまりにも講義に対してまじめになりすぎるあまりに、相対的に

「講義とは関係のない学び」

が減っているのでは、という懸念をやや感じるからである。

言うまでもなく、ハンドルでもなんでも、

「遊び」

があることで余裕や新しい発想、選択肢が生まれたりする。

つまり、遊びとは、必要善な余白・伸びしろなのである。



とはいえ、先ほどから書いているように、大学での学びのほとんどは

「座学(一方通行な学び)」

である。

したがって、そのゴールはほとんどが試験あるいはレポートでおしまいとなる。

もちろん、大方の講義はこれで良い。


ただし、明確な目標さえ定まれば、大学の後半から始まるゼミがまさしくそうであるように、
選択と集中をしながら、

「1コマ90分、全体で15コマのみ」

という時間に縛られず、準備からふりかえり、みなで集まっての議論や打ち合わせ、
現地に行っての調査やお付き合いなど、いわば

「とことん打ち込む、頑張る」

というものが一つは欲しいと思うのが人間(学生)の性ではないだろうか。

当然のことながら、てこの原理ではないが、

「頑張った分だけ、苦労した分だけ達成感は大きくなる」

つまり、

「単位へのアプローチ(プロセス)をこだわればこだわるほど、単位の質も向上」

する。


したがって、こうした

「頑張れる自分への再現したい」

という欲求を少人数講義で経験した学生は、やはりその成長志向にはまり、
リピートにつながっているのでは、というのが3つ目の仮説である。



以上簡単ではあるが、3つの仮説を整理してみた。

とはいえ、より正確に言えば、これらはそれぞれが単独で成立しているのではなく、
おそらくは、お互いが組み合わさったり、重なり合ったりしているのが、その実像であると思う。


いずれにせよ、このような形で、

「大学で学ぶ」

という行為は同じでも、その中身、すなわち

「学び方」

が時代とともに変わってきている。


もちろん、今後もまた変わりゆくだろう。

その中で、我々教育に携わる者は、常に社会にアンテナを晴らしつつ、

・変えるべきもの(名前を付けて保存)
・変えてはいけないもの(上書き保存)


の取捨選択に迫られているこを忘れてはいけない。

自戒も込めて

「学びの不易流行」


ここに常に敏感でありたいと思うばかりである。

すぎおか拝


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)杉岡日記より