プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年09月29日

「む」の力


今日は「つ」の力の逆にある

「む」の力

を紹介します。



この「む」という響きを聞いて、まず思い浮かべるのは、

「無」

ではないでしょうか。


・無理
・ムダ
・むら


の頭文字を取って、

「3M」

と私は読んでいますが(文房具の3Mとは関係ありません)、どちらかと言えば
ネガティブな印象として語られることが多いものです。

また、むかし大学生に対して

・無気力
・無感動
・無関心


のいわゆる

「三無主義」

が語られた時代もありました。


最近では、政治の世界で、

「無党派」


が主流になって来ていることも何かのメッセージでかもしれません。


いずれにしても、この「む」から始まる言葉には、どちらかと言えば明るいイメージがありません。


また、感情的な言葉として

・むかつく
・ムカムカする
・無視する


という言葉もありますね。


そして、頭文字以外にも、接尾語シリーズとして

・そね「む」
・ねた「む」
・うら「む」


という言葉もあります。


いずれにせよ、この「む」の力は、「つ」の力と違って、

「相手と距離をつくる言葉」


になりがちで、気を付けたい言葉です。


とはいえ、1点だけ「む」にも良いところもあります。

「無限大」

という言葉があるように、この「む」の気づきから立ち直ると、
ある種「つ」の領域に達することがあるのも事実です。


いずれにせよ、その場合でもキーワードは「つ」の力です。

これが言うは易く、行うは難し、つまり、

「むつかしい」

のですが、明るい社会のためには、目指したい一つの方向性ですね。



すぎおか拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)伝える・伝わる研究所

2012年09月28日

立命館大学大学院の応用人間科学研究科「RED」

立命館大学大学院の応用人間科学研究科「RED」

 ※RED:Ritsumeikan Entertainment Design。由来は、TED=Technology Entertainment Design。

日時:2012年9月29日(土)18:00〜20:30(予定)

場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンスルーム

内容:立命館大学大学院の応用人間科学研究科の修士1回生それぞれが10分でこれまで行なってきた対人援助の実践で得たアイディアをプレゼンします。

コメンテーター:杉岡秀紀(京都府立大学 公共政策学部講師<地域連携センター副センター長>)
          乾明紀(立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構研究員) ※敬称略  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2012年09月22日

「つの力」

伝える・伝わる研究所のキーワードは

「つの力」

である。

最近はラジオや委員会など、機会がある度にこの力について発言しているが、
完全に私の造語であるので、以下で少し解説しておきたい。


「つの力」

とは読んでのごとく、

「「つ」から始まる言葉の持つ力」

のことである。

決して、「角力」ではない(笑)。


たとえば、当研究所の名前として用いた

・伝える(つたえる)
・伝わる(つたわる)


がその好例だが、他にも、

・つなぐ(つなげる・つながる)
・つっつく
・つくる
・つづく(つづける)
・つちかう
・つむぐ
・つとめる
・ついてる


など、世の中を切り拓いたり、明るくする言葉には、実に

「「つ」から始まるポジティブ、アクティブな言葉」

が多いことが分かる。

つまり、

「つの力=個人はもとより、組織や社会を明るく元気にする力」

という私なりの仮説に行きついたのである。


もちろん、中には、

・つまづく
・つかれる
・つつしむ


などネガティブ、パッシブな言葉もある。

しかし、これは正の力のために必ず付随する、若干の負の力であり、
私から言わせれば、愛嬌の領域である。
(喩えて言えば、おいしいハンバーガーを食べたときに残る、包み紙のようなもの)


という訳で、当研究所では、この

「つの力をいかに向上させるか、あるいは普及させるか」

をミッションとしたい。

いわば、このことがいかに「つ」たえ、「つ」たわるか、をその試金石とする訳である(笑)。


ところで、この力を定量的に、あるいは正確に測ることは難しい。

しかし、簡単(シンプル)に考えてみれば、意外とに測ることができる方法がある。

やや強引ではあるが、

「つの力という言葉をつかう人の数」

でその力を測ればよいのである(笑)。


こういう時にSNSが便利である。

ツイッターにせよ、フェイスブックにせよ、現在私のフォロワーは1100人くらいなので、
勝手に指標化すれば、

「1,100つの力」

と言えよう。


つまり、これが、2,000となり、5,000となり、10,000となってくれば、必然と

「つの力が広がっている」

と解釈ができるのではないだろうか(いや、勝手にそうする(笑))。



という訳で、これをお読みの皆さん。


もしかの「つの力仮説」を証明するためにも、ぜひ

「つ」かって(使って/漬かって)

みてください(笑)!


あ、「つ」っこみはなしで(笑)。


すぎおか拝
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)伝える・伝わる研究所

2012年09月01日

「伝える・伝わる」研究所 設立趣意


「男もすなる、日記といふものを、女もしてみむとて、するなり」


これは紀貫之が書いた

「土佐日記」

の冒頭の書き出しである。

これをモジれば、

「塩見直紀氏もすなる、一人一研究所といふものを、私もしてみむとて、するなり」

となるだろうか。

塩見氏、また彼が提唱する

「半農半X」

については大変共感するところがあるのだが、ここでは敢えて省略させてもらう。

下記のサイトあるいは、氏の本を参考にされたい。

http://www.towanoe.jp/xseed/


ところで、この研究所を作った動機は上記で触れた

「一人一研究所構想」

を自分なりに

・すべきか
・できるか
・したいか


という3つの観点から考えたときに、直観でこの言葉が出てきたからである。


つまり、名は体を表す、ということも鑑みれば、

「伝える」



「伝わる」


この2つの似て非なる言葉の距離、すなわち、この二者間にはあまり距離がないことが望ましいが、
実際は距離が生じることが多い、この

「ギャップ」


というものに私の果たせる役割を感じたのである。


このギャップは、グローバル化や国際化時代に求められることは当然のことながら、
何より、ネット社会、とりわけtwitterやfacebook時代の到来による

「国民総発信時代」

において、特にその実態が複雑化・高度化、多様化し、それゆえニーズも顕著化したと私は考えている。


そこで、今日のところはその中で、日本人がなぜこのギャップを埋めにくいか、
ということについて、1点だけ私見(仮説)を述べておきたい。

結論を先取れば、それは

「喋らないコミュニケーションが美徳とされた文化がもたらした功罪」

ということである。


たとえば、このような言葉を耳にしたことはないだろうか。

・以心伝心 
・阿吽の呼吸(ツーカー)
・察しの文化 
・沈黙は金
・男は黙ってサッポロビール
・一を聞いて十を知る
・行間を読む
・空気を読む・読まない(KY)


これら全てが日本人独特のコミュニケーションで、
これこそが美徳とされてきたことから生まれた言葉であろう。

誤解しないで頂きたいが、私はこれ自体を否定するつもりはない。

むしろこうした中でうまれたものが、耽美であり、わびさびかもしれないと思うと、
これは日本が世界に誇るべき文化の領域まで達するルーツであると理解している。


しかし、経済もグローバル化し、インターネットで国際社会へも簡単にアクセスできるようになった今、
日本人が日本人だけとコミュニケーションする時代ではない。

また、そのIT時代においては、今までの情報の受信者という顔だけでなく、

「情報の発信者としての顔」

も持つようになった。

しかも、最近では、

「産官学連携やマルチセクター」

という言葉も生まれ、業界や産業も越えた、仕事の在り方がスタンダードになりつつある。

したがって、

「伝えるだけでは、伝わらない瞬間が絶対量としても、また相対的にも増え」


その結果として、好むと好まざるに関わらず、どうしても対応しなければならない時代に突入した、
と言える。


ところが、他方で、こうした時代の変化の中で、ふと

「他者に伝わるような伝える技術を学ぶ機会(プレゼン学習)」

を振り返ると、学校教育の中では、ほとんど機会提供されていない現実に気が付く。


これこそが一番の問題意識であり、これすなわち本研究所構想の設立背景であり、趣意である。

もちろん大学教育の中でもそれを教える機会はないことはないが、
それだけでは到底足りない、済まない。


そこで、本研究所では、

「伝える<伝わる」

をミッションに、調査・研究、教育・研修、コンサル、出版などの事業を随時展開して参りたいと思う。


すぎおか拝


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)伝える・伝わる研究所