プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年10月03日

【書評】池上彰『池上彰の政治の学校』朝日新書、2012

≪政治テスト≫
次の中で正しいと思うものに○をし、間違っていると思うものに×をしなさい。

【外国編】
( )アメリカでは、会社員が選挙に出ても、もし選挙に落ちればまた会社に戻れるのが当然。
( )アメリカの大統領選挙は実は直接選挙ではなく、間接選挙である。
( )アメリカが戦争するときは、共和党より民主党の方が多い。
( )アメリカの大統領選挙がいつも11月なのは、アメリカが農業国だからである。
( )アメリカでは、「戦争始める」という戦線布告する権限は大統領ではなく、議会にある。
( )アメリカの予算編成権は、議会が持っている。
( )連邦議会が丘の上にあり、ホワイトハウスが平地にあるのは、連邦議会が国民の代表である印である。
( )大統領と首相では、大統領の方が偉い。
( )デンマークの投票率は80%を切ったことがない。
( )台湾の国家元首を「大統領」と呼ばないのは、中国への配慮である。

【日本編】
( )「55年体制」は「1と2分の1政党制」という別称でも呼ばれる。
( )わが国は三権分立だが、その中でも一番偉いのは国会である。
( )わが国には「予算案は借金しては作ってはいけない」という法律がある。
( )総理大臣には任期がない。
( )国の選挙は、かならず「大安」の日に行われる。
( )国会議員は国会会期中は逮捕されない。
( )国会の中には警察は入れない。
( )総理大臣と首相という言葉は、日本と外国で使い分けている。
( )国会と議会という言葉は、日本と外国で使い分けている。
( )小選挙区制では、政権交代が起こりやすい。








いかがだったでしょうか?

20問中いくつ○が付いたでしょうか?


答えは、、

「すべて○が正解」

です。


意外だったではないでしょうか?

内容はともかく、まじめな日本人が答えると、

「すべて○はないやろなぁ」

とまず疑ってしまう心理が邪魔をして、わざわざ×と思ったものを、
○に変えてしまった人が多かったかもしれませんね。

これを

「まじめに間違う」

と言います(笑)。



それはさておき、この

「知っているようで、意外と知らない」

というのが政治(学)の一つの面白さであり、深さです。

というのも、毎日ニュースや新聞を読んでいるだけでは、意外とこの手の話題はタイムリーには出てきません。

また、教科書的な本や公務員試験の対策書を読んでも、意外とこうしたことは「コラム」レベルの扱いが関の山で、
なかなか表には出てこない話題だったりするからです。


しかし、こうしたことが面白いと思えたら、つまり、政局のニュースやスキャンダルばかりではなく、
こうした仕組みや事実の面白さに触れられると、もっと政治というものが近くに感じられるのかもしれません。


いずれにせよ、こうした面白さを伝えるプロが

「池上彰」

氏です。


「難しいことをやさしく、やさしいことを楽しく」

伝えるのは、ことのほか本質を理解していないとできないことです。

そういう意味では、研究者ではありませんが、素晴らしい勉強家であり、プレゼンターだと思います。



という訳で、上記テストの解説を読みたいと思われた方は、ぜひこの本をお読みください。


池上彰『池上彰の政治の学校』朝日新書、2012

入門書としては、最適だと思います。

この本をきっかけに政治学や行政学、公共政策学を身近に感じてもらえる学生が増えることを祈って。



すぎおか拝






  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊