プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年10月05日

【書評】山崎亮『まちの幸福論』NHK出版、2012

山崎亮『まちの幸福論~コミュニティデザインから考える』NHK出版、2012

第1章 カタチのないデザイン
第2章 消えてきたまち、消えていくまち
第3章 10年後の被災地の未来を考える―ドキュメント『東北発☆未来塾』
第4章 「つながりの時代」の、新しいモノサシ
第5章 メソッドを組み合わせてつくる
第6章 まちの幸福論


「まちの幸福論」。

このタイトルから思い出すことは2つあると思います。

まず3.11以降に「絆」「つながり」という言葉が見直され、
出版業界でも、相次いで出されることになった、いわゆる

「幸福論(新・幸福論、反・幸福論含む)」

の流れ。

そして、もう一つは著者である山崎氏が関わった島根県海士町の

「島の幸福論」

という総合振興計画の名前です。


事実、山崎氏も本書の「おわりに」でこのことについて

「最後まで書名について悩んだ」(p.200)
「まちの豊かさとは何か、にしようと思った」(p.201)


と言及しています。


しかし、そのような迷いの中でもあえて「幸福論」に決断された背景には、
山崎氏の代名詞である

「コミュニティデザイン」

を強調するよりも、本書の第3章で収録されている

「東北発☆未来塾」

での成果や思いみたいなことを強調したいという、

「教育者としての山崎氏の顔」

があったのではないでしょうか。

「東北の未来を考えることは、東日本大震災で顕在化した日本の課題を超えること」
「阪神淡路大震災を契機として大学生であった僕の未来は変わった」
「自分の未来が変わったからといって、日本の未来が変わるとは限らない」
「しかし、変えようと努力することによって自分の未来がより良いものに変わる可能性は高い」
「僕はやってみようぜと思える人たちと肩を組んでいきたい。それが僕にとっての幸福だから」


という結びの文章からもそのニュアンスを取って感じることができます(p.202~203)。



ところで、今日は、本書の中から私が一番共感したエピソードを3つだけご紹介したいと思います。


【1.まちの空間認識について】

山崎氏は、まちが元気をなくした原因として、以下の2つの歴史を指摘します。

①まちの生活が室内に取り組まれてきた歴史(買い物・演劇・コンサート・会議など)

②自分たちが担ってきたまちでの活動を他者の手に渡してきた歴史(託児・介護・清掃など)


この歴史認識はまさに正鵠を得ていると思います。

そして、氏はこの2つこそが

「人との関係性を切るまちを作った」

とも指摘します。

ここに加えるならば、因果関係はどちらか先が分かりませんが、

「住むところと働くところの分離」

ことが挙げられるでしょう。

いずれにせよ、こうして

「お金で暮らしを支える時代」

の到来こそが今の

・中山間地域の集落:62273
・限界集落(50%以上が65歳以上):7878
・維持困難とされる集落:2917
・これまでに消滅した集落:1300


という数字につながったという認識は私と共通の認識です。


【2.planned happenstance理論について】

本書では、キャリア論では有名な

「planned happenstance理論」

が紹介されています。これは

「計画された偶然」

と訳せる訳ですが、一見矛盾する言葉を組み合わせた言葉です。

しかし、考えてみれば、人生もまちづくりも思い通りにいかないのがむしろ当たり前で、

「世の中は実は、幸運な偶然が重なって、面白い人生となっている」

ことを今までのキャリア論のアンチテーゼとして言ってみただけです。

山崎氏自身も、

・大学進学は、英語とコンピューターとバイオテクノロジーのうち、消去法で選んだ。
・入ったのは農学部農学工学科だったが、バイオテクノロジーはそこで勉強できないことを3年生になる前に気づいた。
・そんな時たまたまガイダンスで「緑地計画学」の存在を知り、進路を変え、デザインの世界に飛び込む。
・そこから勉強を続けるも、1995年に阪神淡路大震災に会い、モノをつくる仕事やデザインに対する疑問が起こる。
・その現場から学んだことが、「モノをつくることよりも、人のつながりをつくること」、すわなちコミュニティ・デザインであった。


と、過去のプランド・ハップンスタンスを本書で告白しています(p.16~19)。

つまり、

「計画された偶然性」

を自らに対しても、まちに対しても実感されたという訳ですね。

私自身も詳述しませんが、NPOの世界に行ったり、音楽の世界に行ったり、はたまた行政の世界に行ったり、
そして今いる大学の世界に来たり、というのはすべて、この偶然性、偶発性だったと実感しています。

最後は、とどのつまり

「偶然を必然と見なせるかどうか、そして、偶然を呼び込むのは才能か努力か」

みたいなやや精神論や思考法に近い話になってしまいますが、いずれにせよ、
キャリアやまちづくりを考える上では、大事な概念、考え方のひとつだと思っています。


【3.ファシリテーターの重要性について】

山崎氏が本書も含めて、コミュニティデザイン論を展開する中で、必ずセットで語られるのは

「ファシリテーター」

の存在です。

氏はファシリテーターの役割については、このように語っています。

「ファシリテーターは単にその場に出た言葉をまとめるだけではなく、発言者自身も気づいていなかったような思いを引き出したり、出てきた言葉の中に含まれる重要な点を磨きあげたり、夢物語のように聞こえるものを実現するために道筋を示したすべき」(p.145)

「もともと人と話すことが好きな性格だが、ワークショップは僕自身にとって、さまざまなことを学ぶ機会になっている。そして、学んだことはすべてファシリテーションのスキルになる」(p146)

「ファシリテーターは、自らの提案をまちの中まで持ち込める人。さらに言えば、その提案をまちの人たちの意見と統合し、まちの人たちが主体となれる方法論で課題を解決できる人材」(p.154)

「日本の大学は総合政策といった学科はあるものの、ファシリテーターを育成する場はない」(p.154)

「机上の研究だけでなくフィールドワークとして取り組む人材の育成はこれからの大学、というよりも日本の教育がやらなければならないこと」(p.154)


最後から二番目の「ない」という表現は「少ない」というのが事実だと思いますが、それ以外の部分にはほぼ共感できます。

何より山崎氏は年間120本ほど講演し、常時50本ほどのプロジェクトに関わりながら、とにかく現場で仕事をされています。

したがって、その現場から紡ぎだされる言葉は非常に重いものがある訳です。

私自身のフィールドはあくまで京都府にこだわり、京都で完結しているため、山崎氏ほどのウィングはありませんが、
役割としては氏と同じ

「ファシリテーターやコーディネーター(私は周旋家、と命名)」

が多いのが実情です。

その意味において、言葉というよりも感覚として共感する部分も多く、これからは、こうした人材をまずは自身のゼミや講義を通じて、より力を入れていこうと確信した次第です。



最後に、もう一つだけ大事なキーワードと他方で今後のハードルについて、一つずつ付記したいと思います。

まずもう一つの大事なキーワードは

「主体形成」

という言葉。山崎氏自身

「主体形勢ワークショップの手法のほとんどは(中略)先輩たちが教わったことであり、独自に考え出した手法は実は何もない」(p.23)

と吐露されていますが、大事なポイントは方法論ではなく、その考え方です。

あくまで主役は現地に住む人であり、コミュニティデザイナー、ファシリテーターはあくまでも裏方、黒子、縁の下の力持ちである、ということですね。

これが逆転してしまうと、まちづくりは絶対に成功しません。

その意味において、山崎氏が注目される理由はここを絶対はずさないこと、ぶれない哲学があることだと勝手ながら推察しています。


他方で、私自身の反省も含めてですが、コミュニティデザインを取り巻く言葉には

「カタカナがやや多い」


という問題があげられます。

都市型であれば、そこまで問題になりませんが、やはり現地に入っていつも気づくのはこの言葉の壁です。

・コミュニティデザイン
・ファシリテーター
・プレゼンテーション
・ネットワーク
・ランドスケープ
・パークマネジメント
・プラン、プロジェクト
・ヒアリング
・バックキャスティングetc・・・


などなど挙げだしたら、切りがありません。

こうした言葉はもちろん日本語に直しにくいからそのまま使われている訳でして、それ自体が云々ということではありません。

大事なことは、

「これらのカタカナ言葉を使うときは、聞き手が理解しているかどうかを確かめながら使わなくてはいけない」


という配慮、心遣いです。

この場をお借りして、自らの自戒も含めた警鐘を記録としてとどめておきたいと思います。



すぎおか拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊