プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年10月21日

プレゼンのビタミン


「アートは心のビタミン」


と言ったのは、假屋崎省吾さんだったでしょうか。


つまり、

「あってもなくても構わないが、あることで豊かになるもの」

これがアートであり、ビタミンである、ということですね。
(もちろん、実際には無くなったら困りますが…)


さて、それでは

「プレゼンテーションにおけるビタミン」

は何でしょうか?


私はそれは

「GTS」

であると思います。

順に解説しましょう


まず「G」。

これは

「具体的にしゃべる」「具体例を示す」


ということです。

たとえば「私は野球が好きです」ではなく、

「私は関西生まれなので、物心ついたときから、阪神、特に金本選手が好きです」

とプレゼンする。

そうすれば、相手も「なるほど、これは本当に好きなんだな」と思ってもらえる訳です。

あと、ここでは詳述しませんが、

「グラフィック(絵・写真・動画)を入れる」

というGも大事ですね。



次に「T」。

これは

「喩話を入れる」

です。

たとえば、

「私はよく歩く事務所と言われます。というのも、カバンの中にいつもホッチキスからノリまで揃っているからです」

と言った感じで、何かに喩えて表現してみる。

「人生というマラソン」
「就活は恋愛だ」
「協働とは国際結婚のようなもの」


というのもその類ですね。

ともあれ、こうすることで、

「難しいことを易しく、易しいことを楽しく」

伝えることができる訳です。

また、この喩えの表現力、想像力が豊かであればあるほど、
ユーモア力を増幅させることができます。

クスっとでも

「笑い」

が取れれば、合格ですね。


なお、「T」に関しては、

・「時間(Time)を守る」
・「立つ」
・「タイミングを考える」


というバリエーションもあります。

解説不要かと思いますが、ぜひこれも大事にしてください。



最後は「S」。これは

「数字」


です。

たとえば、

×「日本は自殺が多い国です」
〇「日本の年間の自殺者は約3万人。これは交通事故による死者の3倍に当たり、一日約100人の人が亡くなっています」


という具合。

こう伝えることで、聞く側に、多いか少ないかの相場を考える素材を提供でき、当然プレゼンは深まります。


そして、Sには

「シンプル&スマイル」

という大事な要素もあります。

この解説も不要でしょう。



いかがだったでしょうか?

以上が、私の

「伝えるを伝わるに変えるために心掛けているビタミン」

になります。



最後にこの覚え方をお伝えします。それは

「GTSは「グレート・ティーチャー・スギオカ」の3ワードで覚える」

です(笑)。

はい、もちろん、

具体的で、喩えもあり、数字も入ってますね(笑)。



すぎおか拝





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)伝える・伝わる研究所