プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年11月11日

「『ただいま』と言えば『おかえり』と言ってくれるこの場所で」

「『ただいま』と言えば『おかえり』と言ってくれるこの場所で」

作詞:同志社大学ホームカミングデー音楽祭・後夜祭実行委員会
特別協力:杉岡 秀紀


田辺坂で毎日汗を流し 今出川のレンガに思いをはせる
覚えられないカレッジソング 実は書けない校舎の名前

ハーディーになってしまった学館
作られては消えて行く立て看板

あの日を彩るいくつものモラトリアム

「ただいま」と言えば「おかえり」と言ってくれるこの場所で
それぞれの景色と心をつなぐ過去と未来と現在(いま)を さあ 共に歌おう


田辺返しに怯えながら 今出川デビューを夢見て
ボックスに入り浸っては 新町で独自の世界を築いた

もう食べられないいもねぎ
踏ん張り続けるほんやら洞

あの日を彩るいくつものモラトリアム

「ただいま」と言えば「おかえり」と言ってくれるこの場所で
それぞれの景色と心をつなぐ過去と未来と現在(いま)を さあ 共に歌おう




※本企画は、Twitter企画「#同志社あるある」で募集した単語をもとに実行委員会で編集し完成させました。
あるある企画に参加して下さったみなさん、ありがとうございました。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)歌詞集

2012年11月03日

京都府大広報vol.170

『京都府大広報vol.170』に掲載されました。




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)掲載記事など

2012年11月01日

NLPがプレゼン力を上げる!

「NLP」

と聞いて、

「神経言語プログラミング」

と出てきた方は、そっちの世界(自己啓発や心理学系)の“通(つう)”な方です。

ちなみに、これは、

「コミュニケーション技法・自己啓発技法・心理療法技法を中心とした人の主観的な体験の構造を探求する学問」

と説明されたりもしますが、今回はこの話とはしません(いや、正確には、できません(笑))。

それでは、

「NLPとは一体何なのか」

それは、

・Non
・Look
・Presentation


の略です(私の造語)。


つまり、

「原稿は作っても良いけれども、本番は見ずにプレゼンしよう」

ということですね。


まずはこの問題意識を深めるために、2つ質問をしたいと思います。

①なぜイベントにおける市長の挨拶や、学校行事における校長先生の挨拶は印象に残っていないのでしょう?

②なぜ議会の質疑は幼稚園のお遊戯以下なんて揶揄されることが起きるのでしょう?


答えは簡単ですね。もちろん中には素晴らしい挨拶をする人もいますが、その多くが

「伝えてはいるが、伝わってない」

からです。


そして、その多くが、

・棒読みである
・原稿読んでいるだけになっている
・自分で原稿を作っていない


ことに原因があると私は見ています。



私ごとですが、私は昔クラシック音楽の世界(オーケストラ)にいました。

その時には、コンサートやコンクールの度に、何曲何枚にも渡る

「楽譜(譜面)集」

を作り、本番はそれをめくるのも一つの大仕事でした。

また、オーケストラの場合、視線の半分くらいは

「指揮者」

か楽譜を見ており、お客さんを見るのは曲と曲の間くらいだったもんです。

まぁ当然と言えば当然ですね。

これは決して悪いことではありません。


ところが、ジャンルをクラシックからポップス、ロックに変え、
楽器をヴァイオリン・ヴィオラからギターに変えてからは、
ライブ本番で楽譜を見たことはほとんどなくなりました。

そう、全て

「暗譜」

するのです。

それは、2時間のライブであっても、20曲であってもです。

また、視線も指揮者なんていませんから、当然終始

「お客さん」

の方を向いて演奏します。


…以上の2つの音楽経験を通じて、私はプレゼンの極意を学んだ気がします。

結論を先んじれば、ここに

「伝える」を「伝わる」に変えるヒント

があったのです。

つまり、それは、

・本番伝えなければならないことを頭に入れているからこそ、心に余裕できる。
・顔を挙げて、お客さんと目を併せて伝えるからこそ、伝わるものがある。
・全てを作りこむのではなく、余白(即興性)を残すからこそ、ライブ感がでる(トラブルなどにも対応できる)


ということ。


もちろん、これは

「準備もせずにぶっつけ本番」

とは訳が違います。


用意周到に準備をし、練習をし、その上で

「何も見ずにプレゼンをする(NLP)」

ということが大事ということですね。



蛇足ですが、このことはテレビのニュースにも当てはまりまね。

「なぜ昔のニュースステーションがふつうのニュース番組より人気があったのか」

を考えて頂ければ、一目瞭然だと思います。
(この久米さんの遺伝子は今の古館さんにも継承されていますね)



という訳で皆さん。

今日のまとめは

「プレゼン力を上げるには、本番は原稿を見ずにプレゼンしよう(NLP)」

ということでした。


Let's NLP!!


すぎおか拝




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)伝える・伝わる研究所