プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年03月25日

近著『地域貢献としての大学発シンクタンク』発売

『地域貢献としての「大学発」シンクタンク-京都政策研究センター(KPI)の挑戦-』

企 画:京都府立大学 京都政策研究センター
編 著:青山公三、小沢修司、杉岡秀紀、藤沢実
出版社:公人の友社
出版日:2013年3月25日
ISBNコード:9784875556190
参 考:http://boox.jp/index.php?t=%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E8%B2%A2%E7%8C%AE%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%99%BA%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%80%8D&module=ecitemdtl&action=pdetail&it=BK&cd=4875556195



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:59Comments(0)著書・論文・エッセイなど

2013年03月15日

祝「全国大学まちづくり政策フォーラムin京田辺」優秀賞受賞!

去る3月5日に

「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」

というイベントが京田辺で開催され、私のゼミ(3回生 7名)からも出場させて頂きました。


「全国」という冠がついているだけあり、京都だけでなく、

・東京
・愛知
・大阪


などの大学からも参加があったのですが、本ゼミは、なんと、初出場にも関わらず、

「優秀賞(最優秀賞に次ぐ賞)」

を頂くことができました!

いやはや、ゼミ生たちよく頑張ってくれました。


なお、発表テーマは

「全国ボウズプロジェクトin京田辺」

というちょっとフックがかかった提言ですが、京田辺市における広報政策による観光の活性化提案でした。

具体的には、京田辺市の観光資源である

「一休さん」

をそのままではなく、少しひねりを加え、一休さんから連想する

「ボウズ」

をキーワードにした観光イベントの企画立案になります。


詳細な内容はともかく、ここでは、私なりの意義なりポイントなりについて
少し考えてみたいと思います。


【1】成長の見える化


私のゼミでは

「アクティブ・ラーニング」



「PBL(Project Based Learnig)」

をキーワードに地域社会と常につながりながら、様々な活動をしています。

今年度だけでも、

・京都新聞の2面使った府大のPR記事執筆(@キャンパス)
・京都中小企業家同友会との共催イベント@ハートピア京都
・学園祭における宇治田原町との共催イベント@流木祭
・夏合宿@近江舞子
・近隣大学(佛教大学)との合同講義@京都府立大学
・NPO研修フォーラムの見学@東山いきいきセンター
・自治体特別企画セミナーの見学@京都政策研究センター
・同窓会との意見交換@京都府立大学
・コミュニティFMを使った大学PR番組づくり(月1本) 
・財界セミナーでのfacebookを使った経営者との対話@国際会館


と、次々と機会があれば、外部とつながり、生きた勉強をし、
こちらが企画できるものは、学生主体で企画立案から実行までを行ってきました。

とはいえ、こうした活動で得た力は実感としてはあっても、一体社会から見たときに、
あるいは他大学生と比べてみたときに、果たしてどの程度のものか、その尺度がありませんでした。   

そのような中で、今回のような場で今までの力をぶつけ賞をいただけたことは、まさにゼミとしての

「成長した証」

あるいは

「お墨付き」

となりました。

そして、この証、お墨付きは彼ら彼女ら個人にとっても

「大きな自信」

になったと思います。

過信はもちろんNGですが、本学の学生は自信がない学生がやや多いので、
本当に良い結果を出してくれたと思います。

いずれにせよ、

「頑張ったら頑張った分だけ成長できる」

ということをゼミ生自らが

「見える化」

してくれたことが最大の成果です。


【2】思考は現実化する~準備が9割~


このフォーラムは実は2泊3日の3日間だけなのですが、実はうちのゼミでは

「フォーラム担当」

を決め、4ヶ月前くらいから準備を開始していました。

準備内容は

・過去の政策案の分析
・京田辺の分析


から始まり、直前には自主ゼミを重ね、政策アイディアを温めてきました。

「準備が9割」

という言葉がありますが、まさにその準備をしてきたことになります。


また、夏の合宿の際に

「出るからにはてっぺん(賞)を取りに行こう」

とゼミ生自ら目標設定をし、気持ちが一丸となっていたことも大きかったと思います。


蛇足ながら、夜の露天風呂で男4人で星と琵琶湖を見ながら、

「裸の付き合い」


をしたり、ゼミ生全員で

「キャンプファイヤー」

をしたりと、こうした

「大学を飛び出してのつながり」

も当日のチームワーク醸成に寄与したかもしれません。


【3】ライバルという鏡の重要性

実は、今回のフォーラムでは、私の1回生担当科目

「環境共生教育演習」

からも2名の学生も出場していました。


つまり、当日私ははしごをしながら、3回生と1回生のチームの引率をしていたことになります。

そして、この1回生チームがかなり優秀で、本番もかなりよい提言をしてくれました。

今から思えばこの1回生という存在が、学年こそ違えど、ゼミ生にとっては、

「ライバル(仮想の好敵手)」

になっていたと思います。

同じ宿舎にも泊まっていますから、表上は当然仲良くやっているわけですが、

「1回生にだけは負けられない」

ときっと陰では思っていたはずです。


ともあれ、こうした気持ちが全て結集して、当日はほぼ

「完徹」

でしたが(笑)、よいプレゼン資料を仕上げてくれました。


以上が私の総括です。

なお、余談ですが、フォーラム後は、打ち上げの代わりに近くのカフェで、
ゼミ生の誕生日パーティも兼ねて、

「祝勝カフェパーティ」

を開催しました。

もちろん1回生も一緒にです(笑)。


厳しさも大事ですが、最後は

「褒める」


とことが大事ですから。



ともあれ、一期生の頑張りにより、私自身も一年

「アクセル全開」

で走ってきたことが間違いでなかったことも実感できましたし、

「ゼミとしての方向」

がよい方向であったことも証明してくれました。

何より

「杉岡ゼミ」


の魅力や価値をあげてくれたことにも感謝ですね。


この場をお借りして、ともに感謝し合いたいと思います(笑)


ありがとう、ゼミ生たち。



平成25年3月15日

杉岡 秀紀







  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:28Comments(0)杉岡日記より

2013年03月14日

京都府立大学「大学間連携共同教育推進事業」成果報告会

文科省大学間連携共同教育推進事業「産学公連携によるグローカル人材の育成と地域資格制度の開発」
京都府立大学 平成24年度 成果報告会

○日時:2013年3月14日(木)14時30分~16時30分
○場所:京都府立大学公共政策学部会議室
○内容:以下のとおり

  第1部:基調講演(第3回FD講演会)(14時30分~15時30分・質疑応答含む)  
      「Think global, Act local!」
       榊田 隆之 様(京都信用金庫 専務理事)

  第2部:事例紹介(15時30分~16時・質疑応答含む)
      「グローカル人材論特殊講義とグローカル人材開発センターの事例紹介・展望」
       中谷 真憲 様(京都産業大学法学部 教授)

  第3部:事業報告(16時~16時30分・質疑応答含む)
      「京都府立大学における平成24年度の取り組みについて」
      杉岡 秀紀(本学公共政策学部 講師)

○その他:本成果報告会は公開型のため、どなたでも参加いただけます。




  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など