プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年04月03日

新入生へ贈るメッセージ

新入生の皆さんへ

ご入学おめでとうございます。

ようこそ我が京都府立大学(KPU)の門をくぐっていただきました。


KPUは校舎こそ古いですが、120年弱の歴史とともに、横に鴨川が流れ、
ご近所さんとして、京都コンサートホール、植物園、総合資料館がある、
京都の中でも有数の

「文化・学術・環境」

の香り髙い立地にあります。

また、規模としても、全学部併せても

「約2,000人」

にしかいない中規模総合大学なので、非常に

「顔の見える」

大学です。
(教員一人あたり10人の学生の数)

これがマンモス大学にはない一番のウリだと思います。
(私の母校は、教員一人あたり40人の学生を見なければいけない状況でした)


さて、そんな新入生に教員の一人として贈りたいメッセージは、3つ。

結論から言うと、

①きっかけはどうあれ、府大との縁を楽しもう。

②公立大(パブリック)の学生である自覚を持とう。

③正解は一つではない。


というものです。


①については、KPUに来た理由には

・積極的理由(第一志望(群)で来た)
・中立的理由(何となく受けたら受かった)
・消極的理由(滑り止めで来た)


という3タイプがあると思いますが、いずれにせよ

「縁があった」

ということは共通で、それ以上でも、それ以下でもありません。

逆に言うと、きっかけや動機は入学後には関係ありません。


キャリア論に

「プランド・ハップンタンス理論(クランボルツ)」

というのがありますが、まさに

「計画された偶然」

というやつですね。

したがって、きっかけはどうあれ、せっかくご縁があったのですから、
前向きに、プラス思考に捉えてみましょう。

その方が圧倒的に人生得をします。

そして、それこそが人生の節目に必要な知恵でもあります。



②については、まさに

「パブリック」

という意味を考えてもらいたいと思います。

つまり、国立でもなく、私立にもない、公立ならではの特徴ですね。

詳しくは講義の中で解説しますが(笑)、重要なことは

「パブリック=みんなに開かれている」


であるということです。

つまり、パブリックであるがゆえに、皆さんが学ぶために、公的なお金が本学に入っていますし、
皆さんが学ぶ過程においても、パブリック(公共)の皆さんが協力や支援もしてくれています。

したがって、一言でいうと、

「KPUの門をくぐったの学生さんの学びや成果というものは、最終的には、
パブリック(みんな)に恩返しをしなければならない使命を持っている」


ということです。

逆に言えば、言葉はややきついですが、

「自分だけの学びや成長」

で完結するだけでは済まない、ということです。

このことは究極的には、

「何のために学ぶのか、誰のために学ぶのか」

という問いにまで行き着くと思いますが、ぜひ4年間かけて、考え続けてもらえればと思います。



③については、今の政治がまさにそうであるように、

「世の中には、正解も間違いもない」

ものです。

もちろん、実際には、正義は存在しますし、悪玉も存在します。

しかし、これも正義は必ずしも全員の正義になっていませんし、
悪玉もみ全員の悪玉にはなっていないものです。

つまりは

「事実は1つですが、解釈は2つ以上」

あり得るということです。

ですので、今までのテストや勉強では常に正解や間違いがあったと思いますが、
世の中のことを勉強する大学の学びには決して

「正解や間違いがない」

ものと心得ましょう。

教員に答えを求めても、答えを必ずしも持っている訳ではありません。

また、持っていたとしてもそれだけ唯一無二の答えではありません。

それは、あくまでの

「先人も含めて自分と他人の知恵、解釈の蓄積」


ですから。


これが高校までの勉強との一番の違いでしょう。

したがって、今までの正解を求める、暗記する頭から、

「とことん考える頭、考え抜く思考」

が求められます。しかし、これが何よりの

「大学の、知の醍醐味」

だとも思います。



そして、これはやや示唆めいた発言になりますが、この

「一つ一つの点がつながるのは未来」

であったりするので、焦らないことも重要です。


いずれにせよ、入学を機会にぜひこの

「コペルニクス的思考の転換」

をしてもらえれば、と思います。


以上です。


最後に、その3つを達成するために、明日からできるコツを1つだけお教えます。

それは、

「良い友、良い師、良い本と出会うこと」

単純ですが、これに尽きます。

もちろん、この友は学内だけに限りません。

もちろん、この師は大学教員や年上に限りません。

もちろん、この本は難しい教科書だけに限りません。


この3つの良い出会いが果たせれば、上で書いたッセージの意味がどんとんと見えてくると思います。


長くなりました。

それでは、今後4年間が素晴しいキャンパスライフになりますように。



平成25年4月3日

杉岡 秀紀


追伸

以前入学のための歌を書いたことがあります。

これは皆さんへも通じるものがありますので、参考までにリンクしておきます。


http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=free+world
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:00Comments(0)杉岡日記より