プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年05月05日

努力の才能、記憶の記録化


本日(5月5日)、子どもの日に併せ、読売ジャイアンツの長島茂雄氏と松井元選手が

「国民栄誉賞」

を受賞されました。

この決定が発表されて以降、

「長島監督は記録としては何も残していないのでは?」
「松井は早すぎるのでは?」


との声もありましたが、今日のセレモニーを拝見し、改めて、
今回の名誉賞は大変意義深いもので、授与する価値の高いものであったと感じました。


確かに「記録」ということについては、確かに世界のHR記録を更新した王貞治さんや、
世界の連続出場記録を塗り替えた「鉄人」衣笠祥雄さんのような、

「紅一点これ」

という記録は二人にはありません。

しかし、

・「天覧試合でのサヨナラホームラン」
・「我が読売巨人軍は永遠に不滅です」との名言
・「甲子園における5試合連続敬遠」
・「日米通じてのMVP獲得」


などはどれも多くの日本人の


「記録」


に残っているものであり、我々国民に勇気や希望を与えてくれるものではないでしょうか。

つまり、今回の栄誉賞は記録(だけ)でなく、唯一無二の

「記憶に対する国民栄誉賞」

だと思うのです。

研究の分野でも定量調査と定性調査というのがありますが、すべてを数字で科学的に証明することはできません。

その意味で定性的アプローチが重要視されるように、今回の賞というのはまさにそうした

「目に見えない大事な気づきや気持ち」

を表した賞であると感じた次第です。



次に「松井氏は早すぎる」という批判に対してですが、私は

「長島監督が元気な今だからこそ、より正確には二人が揃っているからこそ意味があった」

と感じました。

というのも、先程「記録(だけ)でなく記憶」という表現を使いましたが、今回の栄誉賞は

「長嶋茂雄さん」と「松井秀喜さん」

というお一人ずつに対するものではなく、

「長島監督と松井元選手の師弟関係と努力に対する栄誉」

に対して、贈られたものではないか、と感じざるを得ないからです。


情報化社会、成熟社会に入り、「個の時代」などと呼ばれ、働き方も多様化してきましたが、
当然のことながら、人は独りでは生きていけません。

どんなに時代が変わろうとも、やはり、重要なことことは、親から子へ、師匠から弟子へ、
現在から未来へ、と直接バトンを渡さなければなりません。

言うまでもなく、その伝承のためには、情熱とともに、

「やってみて 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」
「継続は力なり」

を合言葉とした血がにじむような努力が必要です。
(京都の伝統工芸や伝統技術などはまさにその典型ですね)

そして、その重要性がある種相対的に減退しつつある今、
この二人の背中というのはまさに、その存在そのものであり

「努力できることが才能である」

象徴でもある、と政府として判断したのではないでしょうか。

ですからそれは「どちらか」ではなく、「どちらとも」、
あるいは「セットで」考える必要があったという訳です。


以上が私が感じた、いや、受け取ったお二人からの学びです。

勉強になりました。


最後にその他、今回の栄誉賞特集を見て響いた言葉を記録に残して本稿を締めたいと思います。

・「男が惚れる男」(星稜高校・山下監督)
・「素振りをせずに寝たことを見たことがない」(松井秀喜氏の父)
・「5打席連続敬遠されたバッターにふさわしい人間にならないと」(松井秀喜氏)



平成25年5月5日

杉岡 秀紀 拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:05Comments(0)杉岡日記より