プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年05月19日

「同志社大学ホームカミングデー2013プレ企画」

「同志社大学ホームカミングデー2013プレ企画」

●日時:2013年5月27日(月)18:30~20:30
●場所: 今出川キャンパス 寧静館 会議室
●参加費 無料
●プログラム:以下のとおり
18:30~18:40 ホームカミングデー、今回のイベントの趣旨説明
18:40~19:40 講演者による講演
19:40~20:30 座談会
20:30終了
●講師:杉岡 秀紀 (京都府立大学公共政策学部/同志社大学ホームカミングデー2011実行委員長)
●詳細:https://www.facebook.com/#!/events/145350128984846/
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)講演・講座など

2013年05月18日

ビジネスマナー講座

(株)リンクエッジ「ビジネスマナー研修」

○日時:2013年5月19日(土)10時00分~12時30分
○場所:(株)リンクエッジ
○主催:(株)リンクエッジ
○内容:以下のとおり
      ①はじめに
      ②みだしなみとファッション
      ③あいさつのポイント
      ④笑顔づくりと目線
      ⑤お辞儀 
      ⑥電話
      ⑦敬語
      ⑧名刺
      ⑨メール
      ⑩席次 
      ⑪その他(ビジネス文書ほか)
○講師:杉岡 秀紀(京都府立大学公共政策学部講師)
○その他:本研修は、企業のインターンシップ研修なため、関係者のみの参加となります。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2013年05月15日

経済人クラブ(政経・文化サロン)作家・百田尚樹さんとの対談

経済人クラブ「第12回政経・文化サロン」

●日時:平成25年5月15日(水)18:00受付、18:30開会
●会場:京都ブラントンホテル 慶祥雲の間
●ゲスト:百田 尚樹 氏(作家)
●対談:杉岡秀紀(経済人クラブ事務局長/京都府立大学公共政策学部講師)    
●テーマ:「ゼロからの意味~国難を乗り越えた日本人の魂と絆~」
●その他:詳細はホームページ(http://keizaijinclub.com/)から。   

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2013年05月11日

京都式ソーシャルビジネス育成事業「プレゼン講座」

京都式ソーシャル・ビジネスリーダー育成事業(表現方法・発表練習) 

○日時:2013年5月11日(土)10時30分~16時30分
○場所:成美大学
○主催:一般財団法人地域公共人材開発機構、特定非営利活動法人京都丹波・丹後ネットワーク
○内容:「ソーシャル×共感プレゼン講座」
○講師:杉岡 秀紀(京都府立大学公共政策学部講師)
○その他:本研修は、企業のインターンシップ研修なため、関係者のみの参加となります。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2013年05月06日

プレゼントとプレゼンの共通点

長いようで短い、短いようで長いGW(ゴールデン・ウィーク)が終わりました。

最終日であった5月6日は、杉岡家では、

・いつものお墓参り
・ちょっと遅い子どもの日(5月5日)
・ちょっと早い祖母の誕生日(5月11日)
・ちょっと早い母の日(5月12日)


の4つ行事のために、(元)家族全員が揃いました。

二人の兄家族はもとより、祖母から甥まで4代に渡る縦の家族団らんは正月以来になります。

当たり前だけど、実は当たり前じゃないこの瞬間だけでも実はありがたいものですが、
今日は「プレゼント」に話題を絞って書いてみたいと思います。


今日は私たち夫婦からはこんなプレゼントを渡しました。

・対祖母→夏でも涼しい洋服
・対母→よく眠れるピローカバーと足痛に利くクリーム等
・対甥→赤外線のリモコンで動くおもちゃの車


そして、これだけでもよかったのですが、やはり女性がもらって嬉しいのは

「お花」

であろう、ということで

「もう一つのプレゼント」

を考え、祖母と母に気持ちばかりのお花も準備。

小さい花束ではありましたが、日頃の感謝の思いも込めて贈呈しました。

結果はオーライ、喜んでもらえて何よりでした。


さて、本題ですが、ここでプレゼントとプレゼンの共通点を考えみます。

それは、

「人はおまけがあると嬉しい」

ということです。

これは私などは

「ジョブズ方式」

と勝手に命名していますが、終わったな、と思った時に

「もう一つあります」

と言われたら、人間はすごく嬉しくなるものです。

そして、これは見事にプレゼントでもプレゼンでも一緒なんですね。


ちなみに、今日はさらに応用編を実践((笑)。

「自分がして欲しくて嬉しいことは、他人にもしよう」

ということで、今日はさらにお土産のパン(最近ハマってる米粉パン)も持参し、

「トリプルプレゼン(ト)」

を試みてみた次第です。

結果は見事に成功。


1点誤解ないように言っておきますが、これは

「お金をかけろ」

という意味ではありません。


お金も確かに関わってきますが、その多寡が重要なのではなく、

「相手の立場で、どれだけ考えられるか」

という想像力が重要なのです。

何度もここで書いていますが、

「プレゼン(ト)の主役はお客さん(相手)」

ですから。



という訳で、是非皆さんもプレゼン、あるいはプレゼントの時には、

「another one」

をイメージしてみてくださいね。


きっとその「伝える」がもう一歩深く「伝わる」に貢献してくれると思います。


平成25年5月6日 

杉岡 秀紀 拝


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:15Comments(0)伝える・伝わる研究所

2013年05月05日

努力の才能、記憶の記録化


本日(5月5日)、子どもの日に併せ、読売ジャイアンツの長島茂雄氏と松井元選手が

「国民栄誉賞」

を受賞されました。

この決定が発表されて以降、

「長島監督は記録としては何も残していないのでは?」
「松井は早すぎるのでは?」


との声もありましたが、今日のセレモニーを拝見し、改めて、
今回の名誉賞は大変意義深いもので、授与する価値の高いものであったと感じました。


確かに「記録」ということについては、確かに世界のHR記録を更新した王貞治さんや、
世界の連続出場記録を塗り替えた「鉄人」衣笠祥雄さんのような、

「紅一点これ」

という記録は二人にはありません。

しかし、

・「天覧試合でのサヨナラホームラン」
・「我が読売巨人軍は永遠に不滅です」との名言
・「甲子園における5試合連続敬遠」
・「日米通じてのMVP獲得」


などはどれも多くの日本人の


「記録」


に残っているものであり、我々国民に勇気や希望を与えてくれるものではないでしょうか。

つまり、今回の栄誉賞は記録(だけ)でなく、唯一無二の

「記憶に対する国民栄誉賞」

だと思うのです。

研究の分野でも定量調査と定性調査というのがありますが、すべてを数字で科学的に証明することはできません。

その意味で定性的アプローチが重要視されるように、今回の賞というのはまさにそうした

「目に見えない大事な気づきや気持ち」

を表した賞であると感じた次第です。



次に「松井氏は早すぎる」という批判に対してですが、私は

「長島監督が元気な今だからこそ、より正確には二人が揃っているからこそ意味があった」

と感じました。

というのも、先程「記録(だけ)でなく記憶」という表現を使いましたが、今回の栄誉賞は

「長嶋茂雄さん」と「松井秀喜さん」

というお一人ずつに対するものではなく、

「長島監督と松井元選手の師弟関係と努力に対する栄誉」

に対して、贈られたものではないか、と感じざるを得ないからです。


情報化社会、成熟社会に入り、「個の時代」などと呼ばれ、働き方も多様化してきましたが、
当然のことながら、人は独りでは生きていけません。

どんなに時代が変わろうとも、やはり、重要なことことは、親から子へ、師匠から弟子へ、
現在から未来へ、と直接バトンを渡さなければなりません。

言うまでもなく、その伝承のためには、情熱とともに、

「やってみて 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」
「継続は力なり」

を合言葉とした血がにじむような努力が必要です。
(京都の伝統工芸や伝統技術などはまさにその典型ですね)

そして、その重要性がある種相対的に減退しつつある今、
この二人の背中というのはまさに、その存在そのものであり

「努力できることが才能である」

象徴でもある、と政府として判断したのではないでしょうか。

ですからそれは「どちらか」ではなく、「どちらとも」、
あるいは「セットで」考える必要があったという訳です。


以上が私が感じた、いや、受け取ったお二人からの学びです。

勉強になりました。


最後にその他、今回の栄誉賞特集を見て響いた言葉を記録に残して本稿を締めたいと思います。

・「男が惚れる男」(星稜高校・山下監督)
・「素振りをせずに寝たことを見たことがない」(松井秀喜氏の父)
・「5打席連続敬遠されたバッターにふさわしい人間にならないと」(松井秀喜氏)



平成25年5月5日

杉岡 秀紀 拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:05Comments(0)杉岡日記より

2013年05月03日

共育の交換日記

「ふりかえりシート」

というA4一枚の紙を使って、学生と対話を続けています。

内容は、

①学部名・学籍番号・名前
②今日の目標
③学んだこと・気づいたこと・感じたこと
④自己評価・質問・感想


の4項目で、役割としては

1つは、

「代返不可能な出席票機能」

2つは、

「授業評価(どこまで教員が伝えようとしたことが伝わったか)機能」

3つは

「学生との対話機能」

という機能を果たしてくれています。

このシートは2009年以降ずっと続けており、少人数講義・ゼミでは、次の講義時に返却し、
大教室の講義では、次の講義の冒頭で、いくつか共有すべきものを取り上げ紹介しています。

では、具体的にはどのような効用があったか。ここでは3点ほど紹介したいと思います。

1点目は

「名前と顔を覚えやすくなった」

ということです。

私は自分の教育ポリシーとして、大学においても

「なるべく名前を覚える、名前で呼ぶように」

意識していますが、高校までと違って大学では人数が多いため、教員は原則として、
ゼミや関わった学生以外の名前を覚えることが少ないのが現実です。

しかし、やはり、

「名前で呼ばれると人間は嬉しい」

もの。

言うまでもなく、それは存在そのものをお互いに確認し、肯定する行為であるからでしょう。

これは自分の経験からしてもそう思います。

とはいえ、やはり人数が多いとどうしても時間がかかるのも事実。。。

そこで、このシートがものすごく貢献してくれる、という訳ですね。
(たとえで言うと、顧客カードのようなものかもしれません)


2点目は、

「学びの双方通行性が高まった」

ということです。

やはり、座学の講義というのは基本的に一方的になりがちなんですね。

他方、講義中に「質問がある人?」と聞いても、学生の多くはその場では手を挙げてくれません。

感想や意見、質問があるにも関わらずです。

しかし、いざ「書く」モードになると、結構しっかりと書いてきます。

よく考えると、これは当たり前で、「書く」という行為はノートを取る経験も含めて、
彼ら彼女らにとっては、講義との親和性が高いのですね。

なので、このようなツールがあれば、彼ら彼女らの声なき声を引き出し、次の機会に、
直接あるいは間接的にフィードバックできる、という訳です。

そして、何よりこれを続けることで、また書こうというモチベーションにもつながり、
徐々に双方向性が高まっていくが教育的にミソです。
(イメージとしては一度読んでもらったら、まただそうと思うラジオのリクエストに近いでしょうか)


そして、3点目は、

「自己改善に役立った(役立っている)」

ということです。

やはり、講義は

「ライブ(生もの)」

であるため、どれだけプロ意識を持っていても、また、教材や話す内容が同じでも、
その日の調子や気分によって、良くも悪くも、多少のムラが出てしまうものです。

当然のこと、これは聴く側からすれば、分かりやすい場合もあれば、
分かりにくい場合も出てきます。

したがって、このライブの感想をダイレクトに受け取ることは、
次への改善に役立つし、なによりも刺激になるのですね。
(たとえで言うと、リトマス紙や体重計のイメージに近いかも)

以上が、私が活用している「ふりかえりシート」になります。


・・・と、ここまで書いてきて、これは一言で言えば、

「共育の交換日記」

となっていることに気づきました。

やはり、

「書く(正確には、打つですが)」

という行為は大事ですね(笑)。


最後に蛇足ですが、フェイスブックやツイッター、LINEなどソーシャルメディア隆盛の今だからこそ、この

「アナログ」


の仕掛けの価値が相対的に増して来ているなぁと感じている今日このごろです。



平成25年5月3日

杉岡 秀紀 拝

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:28Comments(2)杉岡日記より