プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年08月13日

キララ商店街の田原理事長から学ぶ

昨日は2回生ゼミ生を中心に展開している

「京都丹波・写ガール隊」

の写真研修をガレリア亀岡で行いました。


講師は私のまちづくりの原点である

「京田辺」

でカメラマンとして、カメラ屋の店主として、またキララ商店街の理事長として、
ゆるキャラや事務用椅子耐久レースなど様々なまちづくり活動を展開する

「田原剛さん」

です。


カメラの技術だけであれば、丹波地域で有名な人を探せばよかったのですが、
あくまで写真は目的でなく手段ですので、

「写真技術はもとより、写真をまちづくりに応用する視点でお話頂ける方」

を探していたことから、はるばる山城から田原さんにお願いしました。


さて、そんな田原さんの講座は実に有意義なものでした。

内容は

①理論編
②実践編
③ふりかえり


という構成だったのですが、

露出・構図といった写真の基礎知識から始まり、スマホの特徴を活かした撮り方、
編集ソフトの使い方、うまい写真の取るポイントまで短い時間にこれでもか、
というくらい詰め込んで頂きました。

そして、座学のあとは会場周辺で実際撮影。

この日は取材(京都新聞)も入っていたので、記者さんが良い写真を撮れるよう配慮まで頂きました。

そんな研修から私が一番心に残った言葉を以下に記しておきたいと思います。

①写真は写心。心を写そう。
②先を読むこと、タイトルをつけるが大事。
③はっきり、すっきり、ドッキリ。
④タイトルをつける



①については、良い写真とは、テクニックではなく、

「撮る側と撮られる側の心をどれだけ縮められるかで決まる」

という意味です。

これは会話でも、プロジェクトでも、恋愛でも何でもそうですよね。



②とは、天気はもとより、人間の心や、子どもの行動など、良い写真のためには前提として

「あらゆるものの先を読む力が大事」

ということです。


そのためには、知識や情報も必要ですし、とかく先読み思考のクセ付けが大事ですよね。



③は、半分は言葉遊びですが、本質です。

ぶれてる写真、意味の分からない写真、ありきたりな写真に人の心は動きませんから。

当然このような写真を取るためには、

「守破離」

の守がまず大事であるわけですが、常に人とはちょっと違う視点でものごとを見る訓練がこれには貢献しそうです。



④は、そのままですが、意外とデジカメ時代になって、

「一枚一枚に込める思い(真剣さ)」

は下がっていることは否めません。

その意味からも、自分なりの問題意識やポリシーを持ち

「一期一会を大事にすること」

が大事というです。


ともあれ、上記4つは、実は写真技術だけでなく、

「まちづくりにも通じるポイント」

であるんですよね。

この裏メッセージが真骨頂でもあります。


そして、最後に田原さんから写ガール隊へのメッセージ(宿題?)も頂きました。

「活性化とは、自ら考え、自ら行動を起こせる人を増やすこと。写ガール隊の皆さんの活性化に期待しています」

いやはや、本当に勉強になりました。

この研修を経て、京都丹波写ガール隊はもう一段

「バージョンアップ」

してこの夏からさらなる活性化を目指します!



>田原理事長

本日は貴重なレクチャー、ありがとうございました!








平成25年8月13日

杉岡 秀紀  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2013年08月10日

「農×脳 ビジネスの可能性 地域交流会」

京都式ソーシャル・ビジネスリーダー育成事業「農×脳 ビジネスの可能性 地域交流会」

日 時:平成25年8月10日(土曜日)18:00~21:00
      18:00-20:00 杉岡ゼミ×鎌田氏対談
      20:00-21:00 参加者と創る次世代農脳ビジネス
場 所:三和地域公民館
     (京都府福知山市三和町千束383)
参加費:無料
申込み:不要
主 催:NPO法人 京都丹波・丹後ネットワーク
問合先:電話0773-45-3507(担当 森田)

【鎌田 佳秋(かまた よしあき)氏プロフィール】
農業生産法人 株式会社ダイアスポラ代表取締役。
JGAP指導員・日本園芸協会「美味野菜栽培士」・ジュニア野菜ソムリエ・日本塩ソムリエ協会「マスターディプロマ」・日本茶アドバイザー・株式会社Rijing Arts 顧問・Something Great株式会社 社外取締役なども務める。

【杉岡 秀紀(すぎおか ひでのり)プロフィール】
京都府立大学公共政策学部講師(地域連携センター副センター長)
京都府北中部では、京都府北部地域・大学連携機構幹事(府大)、舞鶴市政策づくり塾副塾長や宮津市北前船まちづくり委員会委員、京都丹波写ガール隊顧問などを務める。ゼミ・講義では福知山市や綾部市でフィールドワークを展開。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など