プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年01月07日

舞鶴政策づくり塾(第10回)講演

舞鶴政策づくり塾(第10回)

日 時:2014年1月7日(火) 18:30~20:30
場 所:西駅交流センター ホール
内 容:1.挨 拶
     2.1 分間トーク (年末年始の出来事)
     3.講義 「地域における公共活動 ~基本的な考え方と事例紹介~」
       (講師:杉岡 秀紀副塾長)
     4.地域公共活動報告①「赤れんがを利用したまちづくり」
(報告者:政策づくり塾1期生 森本 隆氏)
       地域公共活動報告②「バイク仲間を集めたイベント」
       (報告者:政策づくり塾1期生 角出 充弘氏)
     5.事例紹介「地域力再生プロジェクトの事例」
       (舞鶴市 企画政策課 企画調整係 山本 仁士 係長)
     6.事務連絡

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2014年01月01日

人馬一体力

新年明けましておめでとうございます。

2014年、平成26年幕開けですね。


一年の計は元旦にあり、と言われる訳ですが、皆さんはどんな抱負を立てられたでしょうか。

せっかくの機会ですので、私も

「馬」

にまつわる言葉を使いながら、今年の志を立てたいと思います。


馬という言葉を使った故事成語・ことわざは本当に多いですよね。

有名なものだけでも

・「馬耳東風」:他人の意見を聞き入れず、心に留めようともしないこと。
・「馬の耳に念仏」:人の意見や忠告に耳を貸そうとせず、少しも効果がないことのたとえ。
・「天高く馬肥ゆる秋」:空は澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる秋。秋の好時節をいう言葉。
・「人間万事塞翁が馬」:人間の吉凶・禍福は変転し、予測できないことのたとえ。
・「竹馬の友」:幼少期の友。


などなど挙げだしたらキリがありません。

そんな中で私が今年の抱負として使いたい言葉は

「人馬一体力」

です。


馬力については言うまでもありませんが、

「馬一頭の持つ力」

ですね。これに対して

「人力」

という言葉があります。
(人力車より馬車の方が持続可能性があることは言うまでもありませんが)


さて、そんな人(力)と馬(力)がくっついた言葉に

「人馬一体」

という言葉があるのをご存知でしょうか。

私が昔乗っていた

「ロードスター」

という車を形容する言葉としても使われていたのですが、要すれば

「騎手と馬の心が一つになったかのように、巧みな連携をすること」

を意味します。

馬だけでも人だけでもこの力は出ず、両者が揃って初めてこの力が出るところがミソだと思います。


私の専門領域の言葉で言えば、まさに

「協働力」

がこの言葉に一番近いでしょうか。


ともあれ、どちらが馬から鹿か、もとい人か、ということはとりあえず横に置くとして

「お互いが持っていない価値を認め、尊重し合い、力を合わせる力」

今年はこの力をより一層意識して仕事に励みたいと思います。


その結果として、良い意味での

『〇〇馬鹿』

と呼ばれるようになったらシメたもんですね(笑)。


というわけで、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。







平成26年1月1日

杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より