プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月01日

大学における人事(人材)交流の意義

大学における

「人事(人材)交流」

を考えてみると、そこには大きく3つの型が見えてくる。

一つは、「教員」の人事交流であり、自治体や企業から期限付きで招聘するパターンである(NPOもまれにあるかもしれない)。

このパターンでは、「客員●●」「特任●●」という肩書きで招聘するケースが多く、退職後に来られる方が含められば、
膨大な数になる(しかし、この逆はほとんどない…)。

二つ目は、「職員」による人事交流であり、特に国公立の場合は、省庁(文科省や文化庁)や自治体(都道府県、市町村)の
人事異動の一環で招聘(派遣)するケースが多い。こちらは比較的相互交流がある。

三つ目は、「学生」による人事(人材)交流であり、一番多いのは交流協定を結んでいる国内外の大学同士の学生の行き来である。
これも双方通行性があることが多い。また、近年では、職員研修の一環として大学院入学ができるところも多くなった(国家公務員の場合は留学)。

ともあれ、こうした

「外からの風」

が入ることで、組織に新陳代謝がもたらされる。


ところで、わが京都府立大学もこの全ての交流があるが、今日は①について少し掘り下げてみたい。

本学公共政策学部では、開学当初から

「派遣教員」

として、2年間、自治体の最前線で活躍する京都府の公務員の方を招聘している(京都府から見れば派遣)。

今年でちょうど5人目となり、過去には博士号を取得された派遣教員もおられた。

ともあれ、この派遣教員の方の存在は公共政策という学問と親和性が高く、
また公立大学という地域貢献型の大学の魅力をさらに輝かす役割を担って頂いている。

より具体的に言えば、昔の大学は象牙の塔でもやっていけたが、大きく時代が変わる中で
従来の「教育・研究」に加えて、

「地域貢献」

という新たな(3番目の)ミッションが大学に付け加えられた(根拠法は、学校教育法、教育基本法)。

つまり、現在は3つのうちのどのミッションをとっても、地域との関わりは不可欠になった。
(また、公共政策学という学問分野の性質からしても、そもそも自治体とのつながりが必要不可欠)

そうした時代の変化を踏まえ、派遣教員の方が持つ

①専門性(行政全般、また分野別)
②コーディネート力(内外とも)
③事務力


というのは、

「あったらいいな」から「なくてはならない」へ

にレベルが昇華した、というのが私の認識である。

それが証拠に、2003年以降我が国で広がった

「専門職大学院」

では、

「実務家教員」

が義務づけられているが、本学も含め、そうでない大学でも
こうした派遣教員の受け入れというのが国公立大学を中心に広がり、
全国で活躍されている。

本学でも実際、

・教育:新入生ゼミ、実習系科目(インターンシップ)、自治体特殊講義(元知事・客員教授とのコラボ)など
・研究:地域貢献型特別研究(自治体)、協働研究(府)、受託研究(自治体・企業)、ブックレットの執筆、報告書のとりまとめなど
・地域貢献:学内外のコーディネート(相談窓口)、自治体との懇談会、外部資金の獲得業務など


と3分野すべてで八面六臂の活躍を頂いている。


というわけで、こうした派遣教員の意義をまとめるならば、以下の3点に集約できるだろう。

①専任教員の補完
  →先述のとおり、教育・研究・地域貢献それぞれにおける機能を補完する。加えて、新しい風が教員団に入り、思わぬ化学反応も生まれる。

②学生の視野を拡張
 →大学しか知らない教員が多い中で、大学外(しかも、複数回の異動を経験された)の経験をお持ちの方の話は学生の視野を広げる。
   (一種のキャリア教育の側面あり)

③究極の実践型研修の実現

→この派遣期間というのは、派遣元からすれば研修の一環でもある。大学人とのネットワーク、また大学での教育・研究を通じて獲得した知識や情報はその後の仕事にも役立つ。

ここに加えて、

「費用対効果」

という副次効果も意義と言えようか。

というのも、この費用については基本的に派遣元(本学で言えば京都府)が持つため、大学のふところを基本的に痛めない。
また、派遣先も大学院の入学費用や受験費用を出さずに大学派遣をすることができ、お互いにメリットがあるからである。


ただし、当然のことがながら、課題もあり、上記のような意義はあくまで

「人がうまくマッチングした場合」

である。

やはり、人間には向き・不向き、出来・不出来があり、もし合わない方が来た場合は、
これらは全てマイナスに働くことになる。

期間についても、ちょうど経験値的にもネットワーク的にも最高のタイミングで、
派遣元に帰っていくケースが多いため、何年が適正かは難しい問題である。
(派遣元が出せるのも2年くらいが限界だろう)

加えて、専門性が派遣教員ごとに違うため、ある教員が教えていた科目が、
次の派遣教員では教えられなくなる、という継続性の課題もある。


ともあれ、それだけに試されるのは

「送り出す側(人事課)の審美眼」

である。単純な希望性や人事異動の一環でこの人事をされると双方に悲しい結果しかもたらさない。

幸い本学では、今のところ大変ありがたいマッチングを頂いてるが、未来永劫その保証はない。


という訳で、やはり大事なのは、

「人」

であろう。繰り返しになるが、

行政も人、大学も人。

これは業界を超えて共通の真理である。


これからもお互いの

「シナジー効果」

を挙げるためにも、大学における人事交流(派遣教員)のあり方を引き続き検討し続けたい。







追伸

F先生、2年間お疲れさまでした!!



平成26年5月1日

教員には原則異動はないため、ちょっぴり羨ましい 杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より