プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月04日

【書評】『シナリオ・プランニング』

ウッディ・ウェイド『シナリオ・プランニングー未来を描き、想像するー』英字出版、2013








未来は誰にも分かりません。

しかし、

「だから考えても無駄」

なのではなく、

「だからこそ考える(想像する)」

ことが大事です。この

「現在のトレンドと今後の展開(未来のシナリオ)を組み合わせることにより、ある種の未来をより可能の高いものとして浮かび上がらせること」

を本書では、

「シナリオ・プランニング」


と呼んでいます。

たとえば、やや乱暴な言い方になりますが、これが上手くいった例としては

・アップルによる「i○○」旋風
・本田圭祐による「セリアA」入団


などが挙げらます。

逆に上手くいかなった例(ブラック・スワンと言います)としては、

・1914年から始まる第一次世界大戦
・2001年の9.11アメリカ同時多発テロ
・2008年のリーマンショック
・2011年3.11の東日本対震災


などが挙げられます。

またもう少しミクロレベル、あるいは経済だけで考えたとしても、

・ポラロイドの倒産
・サン・マイクロシステムズの買収
・スイス航空の破綻
・山一証券の倒産
・ビットコインの凋落


など枚挙にいとまがありません。

そして、悲しいかな、先月起こった

「韓国のセウォル号沈没事故」

もこの一例に追加しなければいけなくなりました。

ともあれ、

政治状況
・経済状況
・社会状況
・技術革新の状況


には不確実性があり、常に物事は最高の状態と最低の状態を想像することが大事です。


ところでこれは新しい概念なのでしょうか。

たとえば、行政・政治の世界では

「総合計画」や「想定問答」

というのを作ります。また、企業や大学でも

「中期計画」

を作るところが多い。

これなどはまさに狭い意味ですが、シナリオ・プランニングに入るでしょう。


また、イベントやドラマ、映画などで

「マニュアルや台本」

を作ることも多いですよね。これも一種のシナリオ・プランニングと言えます。

しかし、これらの多くは

「1パターンしか想定(想像)していない」

という意味において、本書におけるそれとは違います。なので、「狭義」あるいは「一種」のシナリオ・プランニングに過ぎない、となるのです。


では、本流のシナリオ・プランニングとはどうすれば良いのでしょうか。著者はこのようなプロセスを踏む事を求めます。

①課題を設定する。
②情報を収集する。
③未来を動かす「原動力(ドライビング・フォース)」を特定する。
④未来を左右する「分かれ道」になるような要因を見つける。
⑤シナリオを考える
⑥骨組みに肉付けをし、ストーリーを描く。
⑦シナリオを検証し、追加の調査項目を特定する。
⑧シナリオの意味を汲み取り、取り得る対応を決める。
⑨目印を探す。
⑩シナリオを観察し、更新する。


特にこの⑤については、最低でも

「4パターン」

を考える必要性が本書では強調されています。


なるほど、ですよね。確かたとえば

・地方分権や道州制のシナリオ・プランニング
・人口減少社会における都市部と限界集落(自治体)のシナリオ・プランニング
・Moocなどオンライン講義の隆盛時代における大学のシナリオ・プランニング


なども決してシナリオは1パタ–ンではあり得ず、最低でも4パターンくらいはすぐに描けそうです。


そして、そうした頭の体操をするがゆえに、リスク分散も考えられるし、また逆にさらなる戦略も考えられる、
という訳です。

その意味においては、この概念は、昔ドラッカーが言っていた、

「すでに起こった未来」

と相通じる部分がありますね。

そして、

「未来学者」

とも言われた

「アルビン・トフラー」

が予測してきた方法論もおそらくこれに近いはず。


いやはや、やはり行き着くところは、同じですね。

本日も勉強になりました。


皆さんもぜひ身近な未来から、遠い未来までぜひシナリオ・プランニングをしてみてください。

(まずは恋愛とか結婚とか、進学、はたまた健康問題、介護とかからスタートするのが最も分かりやすいケーススタディになりそうです)


平成26年5月4日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊