プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月06日

氷見視察②:「フューチャーセンター市役所」

「市民のつぶやきを形に」
「市役所を情報やものを積むだけの場所から、問題が集まり、課題解決できる場に」
「行政版の衆知経営をしたい」


昨年4月、15年ぶりの市長選を経て、氷見市長に就任した本川祐治郎氏はこのように語る。

普通パネルディスカッションというのは、司会かファシリテーターあるいはコーディネーターがいて、
市長というのは、冒頭や終わりの挨拶の挨拶役として、あるいはパネラーの一人として出るのが通例である。

しかし、5月6日の開庁記念イベントでは、様子が違った。

「●●さん、このワークショップではどんな議論がありましたか?」
「○○さん、今の意見に対してどう思いますか?」

市長は元プロのファシリテーター。

「ファシリテーターが市長に」

これだけでもニュースになりそうだ。


しかし、それだけでは終わらない。

ファシリテーター市長が行政のトップに就いて「お役所」が変わった。より正確には、

5月6日、元有磯高校の体育館や校舎が、再利用(リノベーション)され、

「日本初のフューチャーセンター市役所」

が誕生した。



人口減少、高齢化社会、産業構造の変化による一次産業の衰退、伝統産業の担い手不足、増える一方の借金など、
地方はどこにいっても、マイナスな話題でいっぱいである。

人口約5万人の氷見市とて例外ではない。現に高校が廃校となった。

そんな中での明るい話題で潰す話であなく、作る(創る)話。

それも20世紀型の公共事業のようないわゆる「ハコモノ」とは違う。

「顔が見える公共(施設)」

こんな形容詞がこのまちには似合う。

もう少し具体的に見てみよう。

たとえば二階はこんな感じ。



ここでは体育館の「天井が高く空調効率が悪い」という問題を解決するために、

「軽量のテナント幕を利用して船底形の天井」

を作り、

「情報発信の船出」

という意味が加えられた。

つまり、これ自体が課題解決の象徴でもあると言える。


また、一階部分にはいわゆる市民に一番身近なテーマのセクションを集め、「コンシェルジュ」も置き、
ワンストップで市民の課題に応える環境設定となっている。


次に真骨頂である「会議室」を見てみる。



ここはフロア全体の中心位置にあるだけでなく、ガラス張りで開放性がある。
また、壁一面がホワイトボードになっており、情報やアイディアが出せる環境が整っている。

もちろん材木部分は国産建材を使用。

こういうスペースをオフィスの一部屋として用意している企業や大学も増えて来ているが、
役所のセンター+ガラス張りとい組み合わせはそうないであろう。

現在は利用料金などがまだ決まっていないが、今後は行政職員だけでなく、市民がどのように利用するのか、
あるいはできるのか。これが問われていくことになる。

なお、市長室もこれと同じコンセプトでガラス張りとなっている。

次に「プレゼンテーションルーム」。



この形を見てピンと来た方は、家電フリーク笑。

そう、これは空調設備。これをホワイトボードで囲みつつ、自由に議論やプレゼンが出来る仕掛けとなっている。

最後は「キャンプ」と呼ばれる自由空間。



もちろんここで実際のキャンプファイヤーはできない笑。だだし、

「議論の火をつける」

ための空間であることは間違いない。そして、この部屋にはコンロや薪代わりに

「ワークショップツールボックス(名称はワークショップワゴン)」



が用意されている。


以上が概要である。もちろん課題がない訳ではない。たとえば、

・津波対策とはいえ、市役所が駅から遠くなった(1.2キロ)物理的な距離が心理的な距離につながるのではないか。
・サービス、サービスと言い過ぎては、逆に市民自治が育たないのではないか。
・カタカナが多くて、お年寄りには伝わらないのではないか。
・市民との対話が進むのは良いが、それがかえって議会軽視につながるのではないか。
・ハードから入ることによるメリットもあるが、逆にソフト(ノウハウや文化)や人がついてきていないのではないか。
・庁内でもこうした動きに全員が賛成している訳ではないのではないか。まずは職員内部のファシリテートが必要ではないか。
・市長が変わったら、また元に戻るのではないか。
・時代の移り変わりが激しい昨今において、この手法そのものが早晩時代遅れになるのではいか。


などなどは、今後想定される一般的な疑問であり、批判ともなろう。

中には単なる勘違いなもの、誤解、杞憂なものもあるが、本質的な問いもある。

しかし、いずれにしても、この問いに対して本川市長はご自分なりの考え方をお持ちであるし、
この問答(応答)一つひとつが

「対話のレッスン(ケース)」

になってくるだろう。


と言う訳で、私なりにまとめると、今回の氷見の事例は、つまるところ

「市役所のフューチャーセンター化」

により、市役所とは何かだけでなく、

・行政とは何か
・公共とは何か
・自治とは何か


という最も根源的な問い(正確には原点回帰)をいま社会に投げかけているところにある。


それはつまり、

・行政とは、上から言われたこと、ルールをただ執行するだけの機関ではない
・公共とは、官(公)だけで担うものではない
・自治とは、役所による団体自治だけではない


ということであり、

「市民こそが主役、主人公であり、市民のためにプロとして、一緒になって汗をかき、問題解決するのが公務員(公共)」

という確認でであろう。

また、

「トップが変われば、役所は変わる、まちは変わる」

ということを最も分かりやすい形で氷見市は示してくれたと思う。

これが今回の

「氷見モデル」

の最大の意義(地方自治への貢献)である。


ともあれ、こうして今までよく言われきた

「市民協働」
「庁内協働」


のための

「対話の装置」

が出来上がった。

その意味では決してゴールでもなく、まだスタート地点に来ただけで、
あとは活かすも殺すも職員、また市民次第である。

そして、ファーストムーバーとして、今後は視察なども受け入れつつ、
全国に水平展開する義務も背負ったことになる。
(個人的には今回のような動きが、自治体の最低限の標準装備になればと思っている)

最後に

「5月6日を氷見のフューチャーセンターの日にしたいね」

これは多彩な参加者によるフューチャーセッションでの本川祐治郎市長のつぶやき。

おそらくこのつぶやきも来年には有言実行されているだろう。


平成26年5月7日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より