プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月08日

教養は大切なり。

今月の

「クーリエ・ジャポン(6月号)」



の特集テーマは

「楽しく学ぶ教養入門」

であった。

教養の重要性は言うまでもないが、ここで紹介されている先人の言葉が一言で言い当てている。

アリストテレス「全ての人間は生まれながらにして知ることを欲す」
ゲーテ「一つのことを正しく知りかつ実行することは、百通りのことを半端にやるより高い教養を与えるものである」
デカルト「良き書物を読むことは過去の最も優れた人々と語り合うようなものである」
アインシュタイン「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく。気づけば気づくほど、また学びたくなる」
孔子「学べば則ち固ならず」
ガンジー「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ」
ドラッカー「マネジメントとは、まさに伝統的な意味におけるリベラルアート、すなわち、一般教養でなければならない」
太宰治「教養の無いところに幸福なし」


ところで、教養は「なぜ」学ぶべきなのであろうか。
またそのメリット(効用)とは一体なんであろうか。

シンプル(ポジティブ)に考えれば、それは

「人生を豊かにしてくれるから」

ではないだろうか。

私の母校に

「Learn to live, Live to learn」

という言葉が残っているが、まさに、である。


ただ、最近はもう一つの側面からも注目されていると思う。それは、

「複雑・多様化・高度化する社会課題に応えるためには専門知識・専門家だけではもはや不十分な時代に突入している」

ということである。

つまり、単独のアクターやセクター、専門家だけ解決できるほど単純な課題はなくなり、
まさに多くのアクター、セクターを巻き込んで、全知(教養)を投入せざるを得なくなったという時代認識である。

最近急速に広がっている

「新しい公共論/マルチセクター論」
「フューチャーセンター(フューチャーセッション)論」
「ダイアログ論」


などの動きもまさにこの象徴である。


それでは、教養とは「いつ」あるいある「いつまで」学ぶべきなのであろうか。

前者の答えは簡単である。それは

「死ぬまでずっと」

である。

かの相田みつを氏は

「一生勉強、一生青春」

という言葉を残し、宮本武蔵は

「我以外皆師匠也」

という言葉を残した。

このように死ぬまでずっと、そして自分以外の人を皆師匠と思い、
愚直に学び続けることが大事である。


さて、ここで一つ我が国の教養教育をめぐり気になることが2点ある。

それは

①「現在の大学では教養教育が必ずしも重視されていない」
②「生涯教育=老後のカルチャースクールと理解されている」


という事実である。

①についての責任ははっきり申し上げて、文科省の政策変更にあると思う。

具体的には1991年の

「大学設置基準の大綱化」

である。

この政策変更により、大学教育の中では、教養教育よりも専門教育を重視する方向に大きく景色が変わった。

つまり、1991年以降、各大学では、教養学部はなくなり、教養教育のための教員も各学部(専門教育)に散らばった。
結果として、多くの大学では

「教養=パンキョ–=語学・体育・パソコン・その他関心はないが卒業に必要な自学部以外の科目」

という位置づけに成り下がってしまったのである。

最近こそ

「国際教養大学」
「国際基督教大学の教養学部」


の活躍で再び「教養教育」が脚光を浴びている面もあるが、全体としてはこの地位(重要性)はまだ回復していないだろう。


②については、我が国において実体的にも空気的にも

「学歴社会=学校歴社会」

となっていることが大きな原因であると考える。

目を海外(たとえば英国)に転じると

「生涯学習(Life Long Leraning)=人生のいつからでも学び直しができ、職業にもつなげられる」

という理解、また社会構造があり、一部のエリート大学は別にしても、

「学歴=学習歴」

と成り得ている。しかし、これが日本になると、とたんに

「生涯学習=老後のカルチャースクール」

となってしまう。

何とももったいない話である。


そこで、やや手前味噌になるが、今日は京都の取組みを二つご紹介したい。

一つは、①に対する取組みとして、本学(京都府立大学)では今年度から

「教養教育の共同化」

http://kyoto3univ.jp

という取組みがはじまった。具体的には

京都府立大学、京都府立医科大学、京都工芸繊維大学で教養科目を持ち寄り、共同化し、
自大学以外の大学の教養科目も取れるようになった。

これは全国でも初めての取組みである。

もちろん、3大学で全ての教養が身に付く訳がないし、このような制度があっても利用は自由なので、
活用するかどうかは、学生次第である。

ただ少なくとも大学の教養教育は思い(意気込み)は学生たちに伝わると思われるし、
また、選択肢が増える(多い)ということは、学生にとってはプラスにつながるはずである。

あえて課題を挙げるならば、こうした仕組みを一つの社会貢献(地域貢献)として、
社会人にも門戸を開けるかどうかであろうが、これはキャパの問題もあり、すぐには対応が難しいものの、
最近のオンライン講義等の仕組みも取り入れれば決して不可能でない。


次に②については、

「地域公共政策士」


http://colpu.org

という地域公共人材のための地域資格を産学公NPOで開発し、そのための組織(財団)も作り、
実際に運用している。

資格取得者自体こそまだ「12名」だけだが、資格のためのプログラムの履修者はすでに「200名」を越えた。

ここで挑戦しているのが、まさに

「能力の見える化(学習歴)」

であり、この向かうべき方向が

「生涯学習社会」

である。

確かにまだ京都中心の動きであり、今後はどれだけ他地域に広がるかが課題であるが、少なくとも
「学校歴社会一辺倒」「生涯学習=カルチャースクール」という固定された構図に一石と投じられたと思う。

なお、この資格については、よりインパクトのある資格になるよう、現在フレームワークの見直しを行っている。

現行の資格みについては、拙著(共著)

『地域公共人材をつくる』



をご参照いただければ幸いである(笑)。


というわけで、今日は教養教育をめぐる言説をひもときながら、今日の教養教育の置かれている現況を概観し、
その中の課題解決に向けた京都の取組みをちらっとご紹介した。

これらの挑戦はいずれもまだ道半ばである、まだ検証できるタイミングではないが、
こうした教養の重要性を説く動きの追い風も受けながら、ぜひ

「教養は大切なり」

ということを発信し、取組みを続けたいと思う。
(なお、言うまでもないが、専門教育も教養教育と同じくらい大事である。念のため)


最後に、歴史上の人物ではなく、現在進行形で活躍する経営者の教養に対するメッセージで
本日の投稿を締めくくりたい。

「つまるところ人はそれまでの人生で選択したことの総体である(In the end, We are our choices)」
(ジェフ・ベゾス/アマゾン創業者)


平成26年5月8日

杉岡 秀紀 記
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より