プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月12日

祖母という先生から学ぶ

昨日は

「母の日と祖母の誕生日のダブルハッピーデイ」

ということで、地元に帰り、母方の親戚が久々に勢揃いし、お祝いに食事会を開催しました。



祖母がいなければ、母がいなく、母がいなければ、私は当然いない訳で、
杉岡家ではとかく、こういう誕生日行事を大事にする文化があります。

祖母は昭和7年生まれで今年で82歳になりました。

同級生としては元東京都知事で現衆議院議員の石原慎太郎さんや作家の五木寛之さんがいたりして、
まだまだ若いイメージがあるかもしれませんが、いつの時からか祖母はアルツハイマーになり、
時々私の名前すら忘れるようになりました。

でも、そんな祖母がみんな大好きです。

なぜか。

それは、今の祖母から学ぶべき点が沢山あるからです。

せっかくの機会ですから少し列挙してみたいと思います。


①地域を愛する気持ちが大きい。

祖母は大分生まれの大分育ちですが、ここ30年は奈良にいます。

ただ、いつも出てくる話題は大分の話ばかり。

ここまで大分の話をする理由は一つ。

郷土を愛しているからでしょう。

この郷土愛、地域愛は地域を研究するものとしては、頭が下がると同時に誇りに思います。


②悪口を言わない、言われない。

私は祖母と出会ってまもなく34年。記憶があるだけで30年強の歳月が立ちましたが、
今まで一度たりとも祖母が人の悪口を言っているところを聞いたことがありません。

また逆に、祖母の兄弟や親戚などから祖母のことを悪くいう声も聞いたことがありません。

これは想像以上に言うは易く行うは難いですよね。

まさに他人は自分の鏡、自分は他人の鏡です。


③とにかく働く

昔はホテルで清掃の仕事をしており、学校帰りに祖母が働く姿を見たことがあります。

それから約20年経ち、たまたまそのホテルが廃業する直前に
ホテルの支配人と祖母の仕事ぶりについて聞く機会がありました。

その時にその支配人から出て来た言葉は

「西村さん(祖母)はとにかくまじめに働く人でしたよ。今でも覚えています」

という言葉。

もうやめて四半世紀以上経つと思いますが、この言葉を聞いたときに自分自身も
兜の緒をいま一度締めたことを思い出します。

つまり、評価というのはその時だけでなく、

「未来の評価」

もあるということ。

評価のためにがんばるんは本末転倒ですが、未来にまで評価されることは少なくとも意識しないと、
と改めて考えさせられた瞬間でした。


④自慢をせず、常に人のことを優先する。

祖母は小学校しか出ていません。

また決して由緒ある家系や裕福な家系に生まれた訳でもありません。

戦争も経験し、ものがない時代も経験しています。

なので、自慢できるものの絶対量が少ないという見方もあるかもしれません。

しかし、もしそういう自慢できるものがあったとしても、祖母は全く自慢するようなことはしないと思います。

謙虚という言葉でもなく、何といいいますか、とかく常に自分よりも相手を考え、優先する人なんです。

これがなかなか頭では理解できますが、難しい。

頭が下がります。


⑤とかく毎日笑顔と感謝。

日本も長寿社会に入りました。

その意味では、いろんな長寿の秘訣といこともまた多く語られるようになりました。

たとえば、多品種の食がいいとか、肉がいいとか、新聞を読むのがいいとか、
仕事をし続けるのがいいとか、運動がいいとか、恋愛がいいとか云々。

しかし、一番重要なことは

「笑顔と感謝」

これに尽きるのではないでしょうか。

祖母は本当によく笑います。

アルツハイマーになってもギャクも言いますし、
面白いものを見れば笑います。

医学的は分かりませんが、お笑い学会というのもできたくらいですから、
少しは科学的な側面もあるのでしょう。

ともあれ、これがアルツハイマーの進行を遅らせるだけでなく、
我々の家族、親族の

「コミュニケーションの潤滑油」

にもなっています。

「幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せになる」

という言葉がありますが、まさにこの言葉は祖母にピッタリの言葉です。

そして、感謝の気持ち。

意外と近い人に「ありがとう」を言うは照れくさいものです。

ただ、私が一緒に住んでいた時も祖母はいつも

「今日も一日元気でおいしいご飯食べられてありがたいなぁ」
「今日も一日ありがとう」

感謝の言葉を口にしていました。

私が毎日

「希望に起き、努力に生き、感謝に眠る(希望・努力・感謝)」


と題目のようにつぶやくようになったのも決して偶然ではなく、
祖母の影響もあるのでしょう。

ともあれ、そんな祖母だから、皆がスケジュールを空け、心から祝いたいと思うのです。


祖母は昨日のことは昨日のうちに忘れます。

普通であれば、どうせ忘れるならこのような場は意味がないと思うかもしれません。

しかし、杉岡家はそうは思いません。

写真を見れば、かすかな記憶として思い出すことがありますし、何よりも
家族がそれを理解し、

「今(瞬間)」

だけを切り取れば、アルツハイマーは関係ないのです。

だから、その笑顔のために、息子・娘・孫たちはいつも祖母のために次に何を出来るかを考え続けるのです。


これからも祖母が元気な限り祖母に恩返しを続けたいと思いますし、
また、同時に祖母という人生の先生から色々学び続けたいと思います。

先生とはまさに

「先に生まれる」

と書きますから。


人生我以外皆師匠。



平成26年5月12日

杉岡 秀紀 記
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より