プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月15日

【書評】『ソーシャルデザインの教科書』

【書評】村田智明『ソーシャルデザインの教科書』生産者出版、2014



「天武天皇が見すえたその知恵こそ、日本の国づくりにおけるソーシャルデザインの原形」(p.9)

この一行だけでピンと来た方は相当鋭い方である。

というのも天武天皇の時代には当然ソーシャルデザインという言葉はなかっただろうし、
また天武天皇の輝かしい実績(壬申の乱での勝利、神道と仏教の融合、日本を国号にしたなど)からすれば、

「天武天皇=式年遷宮」

とすぐにつながる人はそう多くないだろうからである。

蛇足だが、昨年は伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮が同じ年に重なったこともあり参拝者が急増。
お陰参り(お伊勢参り)だけで1000万人を超えた、とのニュースが流れたことも記憶に新しい。

オウムの一連のサリン事件以降、宗教アレルギーが続いていた我が国であったので、
ようやく心の安寧を取り戻しつつあるということであろうか。

本題に戻る。

繰り返しになるが、本書の筆者、村田氏は、この式年遷宮こそがソーシャルデザインの原形だという。

なぜか。

それは式年遷宮の周期(20年)と関係がある。

答えを明かせば、この式年遷宮というのは単なる宗教行事として存在するだけでなく、

「技術と文化を継承する人材と雇用を連綿と生み出しいてく仕組み」

になっている。

また、解体された社殿の木材は分社の方でリユースされ、環境面からも見てもソーシャルである。

つまり、言葉としては存在していなかったとしても、この仕組みはまさに

「ソーシャルデザイン」

と呼ぶにふさわしい、という訳である。


それでは、そのソーシャルデザインとは一体何か。村田氏はこう定義する

「単なる利益追求ではなく、社会貢献を前提にしたコトやモノのデザイン」。(p.18)

ただ、これだけではまだよく分からない。

ここで押さえなければいけないのが、

「デザイン」

という言葉を巡る解釈なのである。

なぜなら、デザインとはわが国では、

「図案、意匠」

と、非常に狭い意味で捉えられてきたので、
その狭い定義では、今回の式年遷宮の例は説明できないからである。

村田氏いわく、デザインの本当の意味とは、

「ある対象に生じる問題を解決するために、その対象や周囲との関係性を観察し、それをもとに思考や概念を組み立て、
さまざまな媒体に応じて分かりやすく記号化・可視化すること」(p.21)

だという。

この定義であれば、今回の式年遷宮がなぜソーシャルデザインと呼べるのか、合点がいくだろう。

また、今回の本題ではないが、このソーシャルデザインとはまさに公共政策とも言い換えられそうである。


と言う訳で、詳しい内容は実際に読んでのお楽しみということで、ここでは、

「ソーシャルデザイナーとしての問題解決するための7つのプロセス」

について、少し紹介してみたい。

①俯瞰:ジャンルを超えたあらゆる関係性を俯瞰によって抽出する。
②観察と発見:特定の時空や関係性の中から問題点や可能性を発見する。
③問題の解決:関係性を俯瞰しながら直感的な解決方法を見つけ出す。
④可視化:脳裏にあるソリューションイメージを可視化する。
⑤具現化:可視化したイメージを具現化するために様々なアプローチを行う。
⑥告知化:具現化した情報を伝え、広め、経済的に成り立つしくみを創る。
⑦ベクトル化:事例を多数ベクトル化し、社会にサステイナブルな営みを創る。


以上である。

本書では、「デザイン」という言葉をめぐる整理から我が国におけるデザインの親和性、優位性の話があり、
最後には教科書という名にふさわしく、事例編ということで、32の事例も紹介されている。

どれも見応えがあるので、ぜひ直接ご覧いただきたい。

ただし、ふと思ったのは、

「式年遷宮以上にインパクトやスケール感のあるソーシャルデザインはそう多くない」


という厳然たる事実である。

しかし、先人がつくった仕組みを乗り越え、新しい時代を切り開くのが我々現代人の役目でもある。

ぜひ未来の日本人に

「昭和・平成の時代の人たちってすごかったよね」

と呼ばれるようなソーシャルデザインをこれから仕掛けないと。

これが読後の最初の感想である。


平成26年5月15日

杉岡 秀紀 記


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊