プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月20日

未来も気から

「シナリオ・プランニング」



http://www.amazon.co.jp/シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する-ウッディー・ウェイド/dp/4862761658/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1400591114&sr=8-1&keywords=シナリオプランニング

の著者

「ウッディ・ウェイド」

氏が来日される、ということで、弾丸ツアーであったが、
東京は秋葉原にあるUDXビルのイベントに参加したきた。



http://scenario-planning.peatix.com

このイベントは、ウッディさんだけでなく、経営コンサルタントである

「神田昌典」氏

とイノベーション・ファシリテーターであり、日本にフューチャーセンターを紹介した

「野村恭彦」氏

も登壇されるということで、何とも豪華な顔ぶれであった。



イベントのキーワードは

「未来」

「米国は9.11(空)のテロから予測できない未来を考える必要性に迫られた。
日本は3.11(陸・海)の大震災から予測できない未来を考える必要に迫られた」


これは神田さんが講演の冒頭でおっしゃったことが、何とも正鵠を得ていて、感慨深い。

私の好きな言葉の一つに

「傷つき、気づき、築く」

という言葉があるが、まさに未来志向、シナリオプランニングも

「まずはショック(マイナス)からしか始まらない」

ということだろう。


以下では、印象に残ったお三方の考え方の障りだけ、少し紹介してみたい。

(ウッディ氏)
・未来の変化の仕方は2つある。1つは、とてもゆっくりゆっくり変化していく。一つ一つの変化は小さいが、トータルで考えると大きい。
 他方は、とても早い変化。しかも、この変化は急激に人々の価値観や生活様式、社会を変える。

・多くの人は未来を直線で考える。しかも、右肩あがりで考える。しかし、実際には別のシナリオ(ポジティブ・ネガティブ)がある。

・未来の点を線で考える限り、点は線の上しか動けない。しかし、実際は、線ではなく「コーン」のような面で紘がる。

・全てのものが変わる、常に変わる。なので、何らかの準備が必要である。


ウッディ氏の仰ることは日本でも昔から平家物語よろしく

「無常観」

という文脈で紹介され、実感してきた。

つまり、決して新しい考え方ではないのが、新しく聞こえる辺りが麻痺しているということなのであろう。

(神田氏)
・未来はあなたの現実認識により形になる。

・ストーリーが新しい現実を引き寄せる。ストーリーが新しい自分を創造する。

・希望の未来を確信し行動し続けるのは大人の義務である。


神田氏のお話はいわゆるナポレオン・ヒルが説いた

「思考が現実化する」

という考え方に近い。しかし、それとどこが違うのかというと、やはりそれは震災が起点となった

「主語」

すなわち、個人ではなく、全世界に対して

「我々一人ひとり」

ができることを説いた点にある。

また、空理空論ではなく、携帯(IT)の普及を受けての
現実に動く現在進行形のプロジェクトを想定しての問いかけであった点がポイントと感じた。

「皆さんは2020年に戦争はなくせると思いますか?飢餓や貧困はなくなると思いますか?」

講演の中で神田氏は幾度か言葉を詰まらせながら、問いかけた。

「私はなくせると思います」


そう、この言葉こそが神田氏が言う現実認識である。


(野村氏)

・今まで色んな企業の支援はしてきた。しかし、自分たちの手で未来を作ってこなかったのではないか。

・他人の意見(多様な意見)に耳を傾けると未来は変わる。

・企業と地域と社会の真ん中に位置し、セクターを超える。

・一人が「助けて」と手を上げれば、みんなの居場所と出番が増える。


野村氏の話をお聞きするのは、氷見以来であったが、さまざまな地域での

「フューチャーセンター」

の国内事例を踏まえての現在進行形のお話であっただけに、
参加者も一番イメージがしやすかったかもしれない。


以上である。

お三方ともバックボーンも違えば、フィールドも違う。

しかし、共通点があった。

それは、冒頭ではマイナス(ショック)からしか始まらない、
と書いたが、そこで終わるのではなく、その次に

「未来を諦めないこと」

この1点に尽きる。

止まらない少子高齢化、先行きが見えない年金制度、膨らみ続ける医療負担と借金
いつくるか分からない災害、不安定な政治情勢などなど、挙げだせばキリがないくらい
未来への不安はある。

だからこそ悲観するのではなく、

「課題をみんなで共有し、みんなで解決できる方法を考える」


このやる気、根気、元気が大事である。

まとめれば、

「未来も気から」

となるだろうか。

とにかく

「気」

が大切である。

そんな平凡な感想で恐縮だが、
大事なことはやはりシンプルなのである。


平成26年5月20日

杉岡 秀紀 記
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より