プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年06月16日

はじめることは明るくすること

「紀」

という言葉には

「はじめる」

という意味がある。

今日私の担当科目「NPO論」のゲストスピーカーとして来てくれた

「特定非営利活動法人D×Pの今井共同代表(以下、今井君)」

の名前は

「紀明」。

私の名前は

「秀紀」。

お互い「何かを始める」ためにこの世に生を受けたのだろう。
そのような共通点を感じたのが本日の最大の印象であった。


今井君との出会いは、大阪でのとある学生団体のイベントでお互い講師としてご一緒したしたのがきっかけで、
当時の彼は専門商社の社員でまだNPOを設立する前だった。


「どこかで見たことあるな〜」

これが彼と出会った第一印象。
それもそのはず、彼を最初に認識したのは、実際の出会いではなく、メディアを通じてであった。

「2004年のイラクの人質事件」「自己責任論」

この2ワードで国民の多くの方が10年前の記憶を思い出すのではないだろうか。私もその一人。

今から思えば、メディアの持つ両面の権力をこの事件ほど感じたことはないと思う。
つまり、事実を知れば知るほど、

「メディアは人を活かすこともでき、殺すこともできる媒体である」

という当たり前だが、ある意味恐ろしい現実を突きつけられるのだ。


彼の場合はその後者であった。そして、国民の多くもメディアのつくった世論に同調した。
私自身も何か違和感を感じながらも、流されていた一人ではなかったか。今思えばそんな反省をしたくなる。


この事件後、彼は海外に実を隠し、その後日本に帰国するも人とうまくコミュニケーションが取れない、
今で言う

「コミュ障」

を抱えつつの大学生活を送ることになる。人生で言えばどん底だ。


しかし、「過不足のない」あるいは無償の愛の家族の支えや、数は少ないかもしれないが、心から彼を信頼する友人たちの存在が
少しずつ彼を人生のどん底から這い上がるはしごとなる。

「経験値は絶対値」
「落ちてからしか見えない世界がある」


私の周りでこの言葉が彼ほど似合う人間はいない。
そして、このどん底経験が私が彼を尊敬し、信頼する理由の一つにもなっている。


そして、歳月が流れ、彼が今取組んでいることは、

「通信制や定時制高校に通う、何かしらの社会的課題を背負う子どもたちの支援」。

すなわち、分野は違えど、あの時の家族や友人たちの役回りを今度は自分がその立場にたってするための「仕事」である。

「当事者性」。

これはボランタリーな活動やNPO活動でもっとも重要なキーワードであることは言うまでもない。


団体の名前は

「D(ドリーム)×P(ポッシブル)」

http://www.dreampossibility.com

という。夢と可能性。一人一人の夢に寄り添うことを「仕事」にしている。

しかも、自分の生まれた北海道でもなく、自分が通った九州でもなく、
ある意味縁が薄い関西に拠点を置いてである。

ある学生が質問した。

「何で縁のない関西で活動しているんですか?」

答えは明快で、

「ご縁があったから。支援すべき学生がそこにいたから」。

そう、答えはいつだってシンプルだ。


さて、最後に、そんな今井君が私の学生たちに贈ってくれたメッセージをいくつか紹介したい。

一つ一つにコメントを加えたいが、それは読者の皆さんが今井君とあった時に感じてほしい部分もあるので、
ここではあえて割愛する。

しかし、この言葉は今井君が自分に言い聞かせている言葉でもあるだろう。

・自分の限界は分からないもの
・自分を諦めない
・失敗をおそれない
・今からチャレンジ
・ひとりひとりの若者が自分の将来に希望を持てる社会へ



冒頭、名前の話を紹介したが、彼の名前の後半は

「明」

という漢字。

そう、彼の今の最大の魅力は、周りに夢を可能性を与える「明るさ」である。

始めることは明るくすることなのだ。





平成26年6月16日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より