プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年06月26日

「教育実習」訪問記

今日は教職をめざすゼミ生の教育実習の

「研究授業」

に巡回指導で行ってきた。

行き先は

「堀川の奇跡」

で有名な

「京都市立堀川高校」

事前に校長先生にご挨拶ならびに意見交換。

・府大について
・堀川高校について
・京都の公立学校について
・社会人教員について
・SGH(スーパーグローバルハイスクール)について
・ギャップイヤーについて


など15分間という限られた時間であったが、多岐に渡る話をさせて頂けた。


閑話休題、本題本題。

ゼミ生の研究授業だが、本日は

「現代社会」

の授業(42名の生徒)を見学させてもらった。

テーマは

「サブプライムローンとTPP」

(結構トピックな話題を取り扱っていてびっくり)。

結論から言うと、今日は最後から2日目の非常に仕上げの段階に入っていることもあったが、
ひいき目を抜きにして

合格」

具体的には、

①事前の準備(資料づくり・時間配分)
②笑顔(ニヤニヤではなく、ニコニコ)
③声(大きさ・高さ・早さ)
④板書(字の大きさ、丁寧さ、絵など)
⑤学生とのキャッチボール(つかみ、質問型、対話型)
⑥アクティブ・ラーニング(ミニワークショップの組み入れ)
⑦全体への配慮(ついて来れていない学生がいないか、体調の悪い学生はいないかなど)


という独自基準の7項目で採点をしていたのだが、ほぼすべて満点を付けられる出来ばえであった。

そして、何より素晴しかったのが、

「名前で呼ぶということ」。

これは言うはやすく、行うは難く、人数が多くなればなるほど難しくなる。
しかし、

「あなたの存在をちゃんと認識していますよ」

というサインにつながるため、私は教育にとって最も基礎的でかつ大事だと思っている。

そこも見事にクリアしていた。


明日は彼女は涙で終われるだろう。

この涙が出るかどうかが、本気でぶつかったかどうかの証だと思う。

そして、専門家(つまり、先輩)からの評価も大事だが、もっと重要でかつ分かりやすい評価がある。

それは

「最終日に生徒たちから色紙や花束をもらえるかどうか」。

大げさに言えば、ここに

「教育実習の全てが結集する」

といっても良いと思う。


なぜそういえるか、それは私自身が生徒としてそうしてきたし、
教師だった父の背中として見て来たし、自身通って来た道だからである。

またゼミの中でその色紙を見れるが楽しみだ。





平成26年6月27日

杉岡 秀紀 拝
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より