プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年06月26日

「教育実習」訪問記

今日は教職をめざすゼミ生の教育実習の

「研究授業」

に巡回指導で行ってきた。

行き先は

「堀川の奇跡」

で有名な

「京都市立堀川高校」

事前に校長先生にご挨拶ならびに意見交換。

・府大について
・堀川高校について
・京都の公立学校について
・社会人教員について
・SGH(スーパーグローバルハイスクール)について
・ギャップイヤーについて


など15分間という限られた時間であったが、多岐に渡る話をさせて頂けた。


閑話休題、本題本題。

ゼミ生の研究授業だが、本日は

「現代社会」

の授業(42名の生徒)を見学させてもらった。

テーマは

「サブプライムローンとTPP」

(結構トピックな話題を取り扱っていてびっくり)。

結論から言うと、今日は最後から2日目の非常に仕上げの段階に入っていることもあったが、
ひいき目を抜きにして

合格」

具体的には、

①事前の準備(資料づくり・時間配分)
②笑顔(ニヤニヤではなく、ニコニコ)
③声(大きさ・高さ・早さ)
④板書(字の大きさ、丁寧さ、絵など)
⑤学生とのキャッチボール(つかみ、質問型、対話型)
⑥アクティブ・ラーニング(ミニワークショップの組み入れ)
⑦全体への配慮(ついて来れていない学生がいないか、体調の悪い学生はいないかなど)


という独自基準の7項目で採点をしていたのだが、ほぼすべて満点を付けられる出来ばえであった。

そして、何より素晴しかったのが、

「名前で呼ぶということ」。

これは言うはやすく、行うは難く、人数が多くなればなるほど難しくなる。
しかし、

「あなたの存在をちゃんと認識していますよ」

というサインにつながるため、私は教育にとって最も基礎的でかつ大事だと思っている。

そこも見事にクリアしていた。


明日は彼女は涙で終われるだろう。

この涙が出るかどうかが、本気でぶつかったかどうかの証だと思う。

そして、専門家(つまり、先輩)からの評価も大事だが、もっと重要でかつ分かりやすい評価がある。

それは

「最終日に生徒たちから色紙や花束をもらえるかどうか」。

大げさに言えば、ここに

「教育実習の全てが結集する」

といっても良いと思う。


なぜそういえるか、それは私自身が生徒としてそうしてきたし、
教師だった父の背中として見て来たし、自身通って来た道だからである。

またゼミの中でその色紙を見れるが楽しみだ。





平成26年6月27日

杉岡 秀紀 拝
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月16日

はじめることは明るくすること

「紀」

という言葉には

「はじめる」

という意味がある。

今日私の担当科目「NPO論」のゲストスピーカーとして来てくれた

「特定非営利活動法人D×Pの今井共同代表(以下、今井君)」

の名前は

「紀明」。

私の名前は

「秀紀」。

お互い「何かを始める」ためにこの世に生を受けたのだろう。
そのような共通点を感じたのが本日の最大の印象であった。


今井君との出会いは、大阪でのとある学生団体のイベントでお互い講師としてご一緒したしたのがきっかけで、
当時の彼は専門商社の社員でまだNPOを設立する前だった。


「どこかで見たことあるな〜」

これが彼と出会った第一印象。
それもそのはず、彼を最初に認識したのは、実際の出会いではなく、メディアを通じてであった。

「2004年のイラクの人質事件」「自己責任論」

この2ワードで国民の多くの方が10年前の記憶を思い出すのではないだろうか。私もその一人。

今から思えば、メディアの持つ両面の権力をこの事件ほど感じたことはないと思う。
つまり、事実を知れば知るほど、

「メディアは人を活かすこともでき、殺すこともできる媒体である」

という当たり前だが、ある意味恐ろしい現実を突きつけられるのだ。


彼の場合はその後者であった。そして、国民の多くもメディアのつくった世論に同調した。
私自身も何か違和感を感じながらも、流されていた一人ではなかったか。今思えばそんな反省をしたくなる。


この事件後、彼は海外に実を隠し、その後日本に帰国するも人とうまくコミュニケーションが取れない、
今で言う

「コミュ障」

を抱えつつの大学生活を送ることになる。人生で言えばどん底だ。


しかし、「過不足のない」あるいは無償の愛の家族の支えや、数は少ないかもしれないが、心から彼を信頼する友人たちの存在が
少しずつ彼を人生のどん底から這い上がるはしごとなる。

「経験値は絶対値」
「落ちてからしか見えない世界がある」


私の周りでこの言葉が彼ほど似合う人間はいない。
そして、このどん底経験が私が彼を尊敬し、信頼する理由の一つにもなっている。


そして、歳月が流れ、彼が今取組んでいることは、

「通信制や定時制高校に通う、何かしらの社会的課題を背負う子どもたちの支援」。

すなわち、分野は違えど、あの時の家族や友人たちの役回りを今度は自分がその立場にたってするための「仕事」である。

「当事者性」。

これはボランタリーな活動やNPO活動でもっとも重要なキーワードであることは言うまでもない。


団体の名前は

「D(ドリーム)×P(ポッシブル)」

http://www.dreampossibility.com

という。夢と可能性。一人一人の夢に寄り添うことを「仕事」にしている。

しかも、自分の生まれた北海道でもなく、自分が通った九州でもなく、
ある意味縁が薄い関西に拠点を置いてである。

ある学生が質問した。

「何で縁のない関西で活動しているんですか?」

答えは明快で、

「ご縁があったから。支援すべき学生がそこにいたから」。

そう、答えはいつだってシンプルだ。


さて、最後に、そんな今井君が私の学生たちに贈ってくれたメッセージをいくつか紹介したい。

一つ一つにコメントを加えたいが、それは読者の皆さんが今井君とあった時に感じてほしい部分もあるので、
ここではあえて割愛する。

しかし、この言葉は今井君が自分に言い聞かせている言葉でもあるだろう。

・自分の限界は分からないもの
・自分を諦めない
・失敗をおそれない
・今からチャレンジ
・ひとりひとりの若者が自分の将来に希望を持てる社会へ



冒頭、名前の話を紹介したが、彼の名前の後半は

「明」

という漢字。

そう、彼の今の最大の魅力は、周りに夢を可能性を与える「明るさ」である。

始めることは明るくすることなのだ。





平成26年6月16日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月15日

【書評】『人と街の未来をつくるワークブック』


今川晃 監修『人と街の未来をつくるワークブック〜そろそろこの街の話をしようじゃないか〜』草津市コミュ二ティ事業団、2014




「写真集×小説×漫画×教科書×ワークブック」

まちづくりでこんな本は作れるだろうか?

答えはイエス。

感想は。

「待ってました!」
「やられた!」


の二言。

まちづくりに携わって10数年。こんな本の誕生を待っていた。

そして、こんな本を書きたかった。


内容を少しご紹介しよう。

本書は

①観察する力を養う
②考察する力を養う
③解決する力を養う

の大きく3部構成となっている。より細かく言えば、

①資料の棚卸し:見る・感じる
②資源の分析:知る・考える
③ステークホルダーとの強化:つなぐ
④計画の作成:つくる
⑤計画の実施:やってみる
⑥評価:見直す


という構成で、いわゆる

「まちづくり、コミュニティデザインのサイクル(順番)」

が分かる仕掛けとなっている。

近年は

『コミュニティデザイン』(山崎亮、学芸出版社、2011)
『ソーシャルデザイン実践ガイド』(筧裕介、英知出版、2013)
『ソーシャルデザインの教科書』(村田智明、生産性出版、2014)


などこの分野の実践本も多く出版されてきたが、ここまでユーザーサイドかつシンプルな本はなかった。

まずタイトル(コピー)がいい。

「そろそろ、この街の話をしようじゃないか」。

寺山修司の『書を捨てよ。町を出よう』やマイケル・サンデルの『これから正義の話をしよう』を彷彿させる、
強烈なインパクトである。

次にページの至るところで登場する詩や映画、本の引用がいい。
通常の学術本であれば、小難しい本ばかりが並びがちだが、ここでは、

『限界集落株式会社』
『県庁おもてなし課』
『星の王子様』
『サザエさん』
『博士の愛した数式』


など身近、イメージが湧きやすい本からのメッセージがうまいことスパイス味となっている。

そして、にくいのが

・付録としての用語集
・各章に出てくる「コピーしてお使いください」のワークシート
・分かりやすい4コマ漫画


の存在。この工夫により、

「難しいことを易しく、易しいことを楽しく」

という思いが倍増している。

入門書として、教科書として、副読本として、ハンドブックとして、活用方法は色々であろう。
教養書という読み方もできるかもしれない。

ただ共通しているのは、この本は

「読むというより、「使う」ことの方が大事」

ということ。

現在の状態では完結せず、まさに

「余白の本」
「伸びしろのある本」


である。

なぜなら、この本の本当の著書あるいは共著者は、この本を手に取った読者だからである。

「まちづくりの主人公は市民、まちづくりの主役は市民」

と言われて久しい。

そろそろこの話を現実感を持って話をしても良い頃である。

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)杉岡日記より

2014年06月09日

「め」珍道記

先週久しぶりに

「目(右目)」

が真っ赤になった。

「見た目」

はすっかりバンパイヤである。

もともとそんなに目が強い訳ではない。しかし、ここまで赤くなったのは初めてで、さすがに
午前の用事を来週に延期してもらい、眼科にかかった。診断結果は

「眼底出血」

充血よりワンランク上らしい。原因はパソコンの見過ぎやコンタクトの長時間の付け過ぎ(酸素の少なすぎ)だとか。

しかし、ありがたいことに傷もなく、菌もないので、「二週間安静に」だけが処方箋。

「目薬」

も必要なければ、コンタクトもして良いという。ありがたいことなのだが、何だか肩すかしな感じ。

ただ、見た目がさすがによろしくないので、眼下の傍にある薬局へ。

「目当て(まさに!)」

は眼帯。しかし、薬局もさすがです。
眼帯だけを買いに行ったのに、気づけば、充血に効く目薬に、ホットアイマスクに、アイボンを購入してた始末笑。

午後から白の

「独眼竜正宗」

で講義に臨む。

しかし、やはり片目コンタクトでは左右の感覚が取りづらく色々と不便なので、
あまり好きではないが、明日からは眼鏡生活を送ろうと心に決めた。

そこで改めて現在の眼鏡を見つめ合った訳だが、購入してだいぶと期間が経っているので、ネジが外れそうだし、
レンズは傷だらけだし、おまけに牛乳瓶のように太い(これは特に劣化ではなく、買ったときに薄くしなかったことが原因)。

と言う訳で、家だけならまだしもさすがに日常的にかけるのはちょっと。。

ということで翌日の夜へ眼鏡屋へ。
そうすると、フレームは安いのだが、今回の原因がパソコンの見過ぎということもあり、
それに対応したレンズにしようとすると、即日は間に合わないとのこと。

結局、緊急性の眼鏡1本とOA対応の眼鏡を一本買うことになった。トホホ。

以上が充血から2日間のできごと。

本来ではあれば、自然治癒(無償)で治ったのに、気づけば、

「眼下2500円、薬局2000円、眼鏡20000円=24,500円」

の消費(投資?)。

いやはや、今月は引越しなどで出費が激しく、金欠の月だけに、二重で

「痛い目」

に会った。

皆さん、くれぐめも目はお大事に。


平成26年6月9日

杉岡 秀紀 拝





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月08日

スーパーグローバル人材とスーパーグローカル人材

『WEDGE』。

あまり読まない雑誌だが、大学関係の記事がある時だけ「つまみ読み」する。

今月号である6月号では、「補助金で留学生急増の落とし穴」の記事が印象に残った。

具体的には、

「スーパーグローバルユニバーシティ」

という文科省が今年度127億円予算化した事業。

しかし、このままでは記事にあるとおり、

「アームチェア(肘掛け椅子)留学生」

ばかりが増えそうな予感。

ギャップイヤーが騒がれた時に注目した

・かわいい子には旅をさせよ
・情けは人のためならず
・他人の釜で飯を食う

といったタフさの議論はどこにいったのだろう。

またグローバル人材も大事だが、せっかく身に付けて国際性を実践する現場が大事である。

その点はどのように考えているのだろうか。すなわち、「グローバル」ではなく、「グローカル」という視点。

ともあれ、国が音頭をとって大成功した政策はこの20年見られない。これは単なる国に批判ではなく、それだけ時代は多様化し、複雑化し、高度化、不確実性化しているということ。

求められているのは、長期的、総合的、本質的視座から、自らの頭で考え、公共マインドを持ちながら、他者と協力しながら自らアクションを起こせる人材ではないか。

敢えて文科省的なネーミングに乗っかれば

「スーパーグローカル人材」(笑)

呼称はともかくとして、少なくともまずは隗より始めよで信念を忘れないようにしたい。

平成26年6月8日
杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月07日

参加から参与・参画へ

座学形式(一方通行)で終わる研修ほど、話す側・聴く側にとって実りの少ないものはありません。

これは研修に限らず講義や会議でも同じです。

では、どうすれば良いか。

「反転」

させれば良いのです。たとえば、

「ケーススタディ→ワークショップ→レクチャー」

という形式。

最近は

「ダイアログ(対話)」

の形式も増えています。

ポイントは

「一人ひとりが能動的、主体的、自覚的、積極的、当事的に参加する」


ということです。

これを

「参加」

ではなく、

「参与」あるいは「参画」

という言葉を使ったりしますが、
常に問う、常識を疑うことが大事ですね。

めざせ、

「反転研修」「反転講義」「反転会議」!

平成26年6月7日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月05日

面白きなき世を面白くすみなすものは「若者」なりけり

今朝は若者投票率向上のために活動を展開している

「ivote関西」

http://www.i-vote.jp/関西支部始動/

の代表の学生さんと意見交換しました。

・議員との居酒屋での交流
・議員×女子会
・自分の思いに近い議員とのマッチングサイト

など未来志向でいて、現実的な活動を頑張っておられますね。

府大生がメンバーにいないのが残念ですが、
良い活動ですので、応援したいと思います。

まずは

・講義でのPR時間の提供
・知事の和ぃ和ぃミーティングでのコラボ
・ゼミ発キャリアイベントでのコラボ
・ラジオ(下鴨007)への出演


などをメニューとして考えています。

面白きなき世を面白くすみなすものは「若者」なりけり。

平成26年6月5日
杉岡 秀紀 記


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年06月04日

祝ウルフルズ復活

昨日6月1日の情熱大陸を観ました。

ゲストはウルフルズ。

関西の先輩バンドです。

ご縁があり、リーダーであり、ギタリストのウルフルケイスケさんとは懇意にさせて頂いており、ライブに呼んでもらったり、東京や京都・大阪で飲んだり、はたまたトークイベントをしたり、一緒に曲を作ったり、一緒にライブをしたり、と活動休止中にたくさん交流させてもらいました。

そういえば結婚式の時にビデオレターも頂きましたね(感謝!)。

そんな中のウルフルズ復活。これは嬉しいニュースでした。

復活のドキュメンタリーを見てて、やっぱり音楽ってええやん!と改めて思いました。

という訳で遅ればせながら、朝から復活の祝福メール。

いやはや、少しジャンルは違いますが、いつかウルフルズとシカプーのライブも見たいですね〜

案を温めおくとします。

平成26年6月5日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(2)杉岡日記より