プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年07月05日

1分間スピーチの7+1の効用

私の講義(大人数講義除く)では、必ず冒頭に

「1分間スピーチ」

という時間を設けている。

クッシュボールというボールを用いるので、

「クッシュボールの時間」

と言ったりもする。


バージョンはいろいろあり、

①学生が全員の前で話した後に、教員がコメント。
②学生が全員の前で話した後に、学生同士でコメント。
③学生同士で話した後に、代表プレゼンをしてもらい、教員がコメント。
④学生同士で話した後に、学生同志でコメント。
⑤その他


などのバージョンを使い分けている。

テーマもいろいろで、

①時事問題そのもの(ワールドカップ、映画など)
②時事問題から抽象化されるキーワード(例えば、スポーツと自分、アートと自分、攻めと守り、泣くなど)
③この一週間の気づきや学び
④その他


と、人数や雰囲気により使い分けている。


企業でも朝礼や終礼で最近このような場を設けているところが多いと聞くが、
その効果は徐々にだが、確実に出て来ていると感じる。

いくつかあるが、大きなものを列挙すると、

①一分という限られた時間でまとめる思考が身に付く【まとめる力】。
②伝える力と伝わる力のギャップを自ら知れる【現状認識力】。
③話すのがうまい人から「真似ぶ=学ぶ」場となる【模倣の場】。
④即興で話す力が身に付く【適応力、臨機応変力】。
⑤一つのテーマでも多様な考え方があることを知れる【多様性の理解】。
⑥話す力は「場数」がものを言うため、その場数を踏むめる【慣れの場・緊張の緩和の機会】。
⑦話す面白さ、難しさを知れ、話す側への敬意を感じることができるようになる【相手の立場の理解】

といったところである。

そして、棚からぼた餅的な発見があったのは

「その人の知らない一面が見れた」

という当事者間の気づきが生まれていること。

おそらく日常のコミュ二ケーションからは引き出せない引き出しを
こういう場がつっつくのでしょう。

確かに人数が多ければ、想像以上に時間を取られたりするのが難点と思う時もある。
(経験上、上限の人数は20人まで。適正人数は10人前後だと思う)

また、スピーチとプレゼンは厳密には違う。

しかし、やはり、こういう一見

「無駄、無理、ムラ」

の中から新たなものが生まれることを私は経験上知っているし、
信じててもいるので、こうした機会の創造を私は大事にしたいと思う。

この世に無駄や偶然などないのだ。

全ては必要で必然である。


平成26年7月5日

杉岡 秀紀 記

 


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より