プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年09月25日

真庭の里山資本主義から地方創生を考える



昨日は前京都府副知事で、現真庭市長の

「太田 昇氏」

に来学いただき、

「里山資本主義の自治体づくり・まちづくり」

という題目でご講演頂きました。

http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=3218&frmCd=26-2-0-0-0

https://www.facebook.com/maniwalifestyle

以下、簡単なレポートです。

まず市長からは真庭市の概要についてお話がありました。真庭の概要は以下のとおりです。

・2005年に9町村が合併し、現「真庭市」となった。
・面積は828㎢。岡山県下1位であり、実に香川県の約半分の広さ。
・人口は48,895人。国勢調査の度に3,000人(一年で600人)ずつ減少している。
・観光(地域)資源としては、蒜山高原、湯原温泉、ぶどうがある。
・財政は交付税の合併特例措置(10年間は合併前の9町村合算額)があり、約5万人のまちにして300億円を越えている。
( しかし、次年度からは減収)

次に真庭市の代名詞である「バイオマスの利活用」についてお話が続きました。

・1993年頃から民間主導で「真庭塾」が立ち上がり、その後民間(銘建工業)の発電所が基軸になり、バイオマス利活用が進んだ。
・2005年からはNEDOからの公募事業(5.3億円)に採択され、役所内でもボイラやペレットストーブを積極的に導入。
・2006年からは補助金活用により市民にもボイラやペレットストーブ利用が広がる。
・その結果、現在は年間で15,600キロリットルの原油代替(約14億円)ができ、エネルギー自給率が11.6%に。目標は100%のエネルギー自給。
・2014年には、地元の事業主体で「真庭バイオマス発電株式会社」が設立され(事業費41億円)、10,000キロワットの発電を行う。
 (直接雇用15名、間接雇用180名)
・さらに近年はバイオマスからできる「CLT(Cross laminated Timber)」という直交集積版の利用を促進しており、今後市営住宅などにも活用していく。
・バイオマスツアーでは年間2,000〜3,000人が真庭を訪れる。

最後に「まちづくり」全体の取り組みと今後に向けた課題のお話がありました。

・小規模農家と大規模農家、市内消費者と都市部消費者をつなぐ場として「産地直売 真庭市場」を開設。真庭あぐりネットワークができた。
・企業のCSR活動とも連携し、トンボの里プロジェクトも始動。ピオトープや里山保全をしていく。
・小学校の跡地も活用して、制服を来てなつかしの給食を食べたり、結婚式をするプロジェクトも盛り上がりつつある。国会議員も視察にきた。
・湯原温泉については民間下着メーカーと提携し、湯あみ着を来て、温泉に入れる新しい楽しみ方を提案。
・今後の課題は、①人口と産業の偏在是正、②災害や気象などのリスク分散、③少子化対策の3点。
・ともあれ、真庭から質の高い、豊かな、安定した「真庭ライフスタイル」を全国に発信し、地方創生(に貢献)していく。

以上です。どれもこれもまさに里山資本主義の最前線のお話ばかりで目から鱗でした。


以下、司会としてまとめた3点ほど私なりの考察(まとめ)を再掲しておきたいと思います。

1つは

「まちづくり」

視点から特筆性です。

それはつまり、

「ないものではなく、あるものさがし、いや、あるものづくり」

の先進性とも言い換えられます。

「自然しかない」「田舎だから…」

などとややもすれば悲観(思考停止)しがちな地方の現状を、
真庭では、民間と行政でともに

「もしかしたらこれは地域資源になるのでは?」

とレバレッジ(てこ)の発想に転換し、それをまちぐるみの取り組みに昇華させました。

このポイントはまさに地元学に通じる部分が多く、これからの地域創生の最大のヒントとになり得るだろうということです。

付言すれば、真庭の取り組みが始まった1993年はいみじくも地方分権元年とも言われる年であり、
まさに分権の歴史と重なるのも意義深いことです。

また近年は

・森林女子会
・森ガール
・ウッジョブ(映画)
・林業大学校


など、次々にこの分野の新しい風が吹き始めています。

この追い風がさらなる順風となることは言うまでもありません。


次に

「エネルギー問題への対策」

としての先進性です。

3.11以降、日本の原子力親和が崩れ、エネルギーの自給率、すなわち

「エネルギーの地産地消(あるいは自産自消)」

が待ったなしとなりました。

当然のことながら、現在の火力、原子力に変わる安定したエネルギー源をただちに代替するエネルギーはありません。

しかし、現在10%を越えた、真庭のバイオマスにはそのヒントがありますし、ここに地熱発電や小水力発電、
また太陽光なども組み合わせれば、いずれは100%に到達できる確信が持てました。

つまり、ここでの成功は、まさに日本の未来の良い意味での踏み絵として注目されることになります。

現在の政府方針のように一方でアクセルを踏み、他方でブレーキを踏まざるを得ない状況を解消するためにも、
真庭が背負っているものは相当大きいと思います。

そして、おそくらこのエネルギー自給が達成された次の展開は

「エネルギーの地産他消」

となることでしょう。

この方向性が行財政の安定化にもきっと貢献することになると推察されます。

エネルギー問題とはややもすると、ゼロサム(0か100か)で論じられがちですが、
そうではなく、真庭のように

「前向きに戻る(宮藤久士/京都府立大学生命環境学部准教授)」

取り組みとして再定義(上書き保存)することがやはり重要ですね。



最後に

「太田市長というUターン人材」

への着目です。

これはすなわち

地元(市民)発のよそ者の活用

というヒントです。

何が言いたいのかと言うと、太田市長は確かに真庭生まれでありますが、
10代後半から60代前半まで京都で過ごされました。

つまりは、市民であり、市民ではない(よそ者)である両義性があります。

そして、実はその

「外から見た視点」「経験・ノウハウ」「人脈・ネットワーク」

こそが今の真庭モデル推進の最大のドライビング・フォースになっているのでは、ということです。

まちづくりの現場では、しばしば

「よそ者・わか者・ばか者(変わり者)」

がその成功条件として語られることがあります。

ここでのよそ者とは概ね

「市民ではない人」

を指す場合が多いのですが、真庭の場合は、

「元市民」

と言いますか、

「ふるさと市民」

と言いますか、とかく

「その地域に生まれながらも就業や就職の観点で地域を長らく離れていた人」

の活用(しかもトップリーダーとして)が見事にはまった、ということです。

この際に

「地域愛」「情熱」

が通常のよそ者とは比にならないことは、火を見るより明らかでしょう。



最後の改めて「里山資本主義としてのまちづくり」として真庭の事例を振り返ってみると、
その意味は「森づくり」にヒントがある、ということでまとめに代えたいと思います。

それはすなわち「林づくり」と「森づくり」の違いへの注目です。

これは真庭の視察に行かれた方から教えて頂いたのですが、

・林づくり=もともとの木を林にして、一切に切り出してまた木に戻す
・森づくり=一本の木を大きく成長させていく


という違いがあるそうです。

森と言う漢字の上の木が大きいのも偶然ではない訳ですね。

ともあれ、言いたいことは、里山資本主義というのは、人間を中心に据えるのではなく、

「自然を真ん中に据え、常に共生思想で育て、人間も自然の一部として、育つ」

という考え方、あるいは価値観の転換こそが真庭の取り組みの最大のメッセージであり、
今話題の地方創生のヒントが隠されているのでは、ということです。


一言で言えば、

「森の中の生活(ヘンリー・デイビット・ソロー)」

ですね。


ともあれ、これからの地域創生のヒントは東京(霞ヶ関・永田町)にはありません。
あくまで現地・現場・現実にあります。

ぜひ次年度予算が人口減少バブルとなり、単なるばらまきで終わらないように、
我々大学人だけでなく、国民全体でこうした事例を丁寧かつ謙虚に勉強したいですね。



平成26年9月25日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年09月07日

IS・SL・AL・PBLからWIL、CWILへ



本日は第15回

「日本インターンシップ学会」

に参加し、発表をして参りました。

きっかけは現会長で九州大学教授の

「吉本 圭一」

先生から

「うちの学会でも発表しませんか?」

とのお誘いを受け参加し始め、気づけば2011年から4年連続で発表をしています。


さて、そんな中で最近考えていることを少し書いてみたいと思います。

タイトルにあるとおり、最近の大学教育を巡っては、アルファベットによる教育手法が
たくさん出てきて、まさに百花繚乱の様相を呈しています。

念のために正式名称を付記しますと、

・IS→インターンシップ
・SL→サービス・ラーニング
・AL→アクティブ・ラーニング
・PBL→プロブレム・ベースド・ラーニングorプロジェクト・ベースド・ラーニング


となります。

これらの関係性や組み合わせ(学ぶ順序など)については、色々な議論があり、
これが正しいというものはないのですが、共通しているのは、
今までのただ聞いているだけ、という受動的な学習から

「能動的な学習」

に大学教育の王道が変わってきているということです。

そして、大学だけで学びを完結させず学外と連携した

「産学協働教育」

こそが次の大学教育の一つの潮流になりつつあるということです。

世界30数か国から産官学のリーダーが集まる

「wace」

http://www.kyoto-su.ac.jp/path/wace/pre/index.html

の存在などはまさにその象徴と言えますね。

こうした動きを踏まえ、このインターンシップ学会も、学会名称の英語訳を昨年の総会で変更し、

「The Japan Society of Internship and Work Integrated Learning」

となりました。


この中で注目すべきは、

「Work Integrated Learning(WIL/「職業統合型学習)」

という概念です。

また、先ほどのwaceでは

「CWIE(Cooperative and Work-integrated Education/)」

(次世代の人材育成という共通の目標のもとで、産業界と高等教育機関が協働して実施する、
学修と仕事を統合したコーオプ教育、インターンシップ、国際コーオプ交換留学、サービス・ラーニング等を含む経験教育の総称)

という概念を提唱しています。

つまり、色々な新しい教育手法及び学外連携の概念がありますが、それはすべて
このWILやCWILという概念で統合できるのではないか、との野心的な挑戦ですね。

最近のタブレットを使った学習やインターネットによる

「反転学習」

という言葉も出てきていますが、これら反転授業やタブレット学習の多くは、
個人で完結することが多いので、部分的には入るかもですが、完全には重なりません。

ともあれ、学問はややもすると細分化し過ぎて、横の学問や分野とのつながりが
薄れ気味になりがちなので、このような

「統合化」「総合化」「学際化」「横断化」

という動きは非常に大切だと感じています。


とはいえ、ここからは苦言なのですが、これらの挑戦はいずれも、

「アルファベットからアルファベットへ」

という流れなので、いわゆる一般的な視点から言えば、
分かりにくさは払拭されていません。

その意味では、今後は

「海外での概念をいかに分かりやすい表現に翻訳するか(日本語にするも含めて)」


がますます問われそうです。


ちなみに、本日の私の学会発表テーマは、

「京都におけるギャップイヤーの実際と課題」

でした。

ギャップイヤーについては以前、

「寄り道」

と言い当てた方がおられましたが、まさに言い得て妙ですね。

うまい!。

はい、言いたいのはそういうことです。



平成26年9月7日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 11:48杉岡日記より

2014年09月02日

【書評】樋渡啓祐『反省しない』









樋渡啓祐『反省しないーすぐやる、攻める、そして組むー』中経出版、2014 読了。

5日前に出た本書。樋渡市長の4冊目の著書になります。
もちろん全て読んでいますが、今回も笑いながら読ませてもらいました。

個人的には、3冊目の『沸騰、図書館』に重なる内容もありましたが、

・武雄市の面白い職員さんを実名で紹介している点
・最終章のご自身の経験を元にした20、30代の若手社会人に対する「仕事論(メッセージ)」


がとても印象に残りました。

ちなみに、上記の面白い職員さんは昨年武雄に行かせて頂いた時に応対頂いた職員さんだったので、イメージもよく湧きました。

こころに残った言葉だけ抜粋してみます。


・「スピードは最大の付加価値」
・「人は形になったものでなければ判断ができないし、納得しない」
・「過去の成功体験は死体。完成力より修正力」
・「失敗は変革の必要経費」
・「組織を動かすには、できない組織を嘆くより、まず自分が動かなければならない」
・「あまりホウレンソウを徹底し過ぎるとダメな組織になる。信頼して任せること。ただし、都合の悪いホウレンソウは徹底すり」
・「コトバと翻訳というのは、チームを動かす土台となり、潤滑油となる」
・「横並びにこだわると、それは無個性となって面白くない。まして、個性を出すべきところで横並びにこだわり無個性となると全く意味がない」
・「足で稼ぐ民主主義」
・「怒られる若手は得をする」
・「批判、怒りを記号に置き換える」
・「嫌いだった仕事が後で生きる」
・「コツコツ仕事をしながら、心に教養、ムダという水をためていくと、それが糧になる」


加えて、今回はDVDも付いているので、まだ楽しみが続きます。
(こういう時にmacよりもwindowsが懐かしく思います。一瞬ですが笑)

ともあれ、ここまで来ると、公共政策分野のアーティストですね笑。

武雄市の良いところはどんどんと広がってほしいですね。

TTTP(武雄の良いところは徹底的にパクる!)


平成28年9月2日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊